MENU

【未経験】20代後半から優良企業にエンジニアに転職して年収アップを狙う方法

2019 11/20
【未経験】20代後半から優良企業にエンジニアに転職して年収アップを狙う方法

最近、20代後半からエンジニア未経験で転職する人が増えています。

未経験からエンジニアになるなんて無謀じゃないの?と思われるかもしれませんが、最近は全く事情が変わってきています。

僕も現役エンジニアとして働いていますが、最近は多くの企業が実務未経験の20代を中途採用するケースが増えているのです。

とはいえ、未経験からエンジニアになる人が全て転職に成功しているわけではありません。エンジニア転職した人の中にも「やっぱり自分には合わなかった」と辞めていく人もいます。

文系学生から新卒でエンジニアになって2年8ヶ月で辞めた話をします

そこで今回は、20代から未経験エンジニアとして転職する際に失敗しないための情報をまとめました。

目次

20代なら未経験でもエンジニア転職できる理由

そもそも20代だからといってエンジニア転職できるのか?と疑問に感じる人も少なくないですよね。

  • 本当に未経験からエンジニアになれるのか
  • 学歴や職歴も大したことないけど大丈夫か
  • 30近くになるけどエンジニアになれるのか

など疑問は尽きないかと思います。

結論からお話すると、20代であればこれまでの経歴などは関係なくエンジニア転職を実現することができます。

20代の未経験エンジニアにこれまでの経歴は関係ない

20代エンジニアにはこれまでの経歴は関係ありません。

なぜなら、エンジニアを評価する上では、これまでの実績や学歴よりも、今後企業に価値をもたらしてくれる人材であるか?の方が重要なためです。

つまり、

  • 技術力を上げて会社のに利益をもたらしてくれる
  • これまでの経験から、会社に不足している仕組みなどを作ってくれる
  • 会社の方向性を理解した上で正しい意見を発言できる

などといった人材が重宝されます。良くも悪くも実力主義という企業が多いのがIT企業の特徴と言えるでしょう。

自分には大した経験もないから無理!と思われるかもしれませんが、未経験からいきなり出来もしないプロジェクトに入れられるということもないので大丈夫です。

以下で学歴とIT企業でのキャリア形成について解説しているので、ぜひご覧ください。

20代で経験年数が浅いため転職には抵抗があるという方へ

また、20代の中には、まだ社会人になったばかりで「今の仕事経験で転職するのは難しそう・・・」と考える方もいるでしょう。

しかし、エンジニアに限っていうと、前職で経験年数を積むことよりもエンジニアとして早くキャリアをスタートさせることを重視されます。

なぜなら、エンジニアは20代と30代では明確な転職のハードルが存在し、20代でも若ければ若いほどエンジニア経験が積めるため受け入れやすいといった理由があるためです。

したがって、もし今の企業を将来的に辞めてエンジニア転職を考えているのであれば、生活できる範囲で早く辞めるべきと言えるでしょう。(もちろんプログラミングに少しでも触れた上でですが)

実際に僕も新卒で1年働いた会社を辞めましたが、意外と転職は簡単にできました。20代であれば、それほど転職にハードルを感じる必要もないのではないでしょうか。

20代未経験から市場価値の高いエンジニアになるには

20代未経験であれば、エンジニアとしては後発組です。

20代前半でもスキルが高い人は少なくないですし、そうした人たちの中で、いかに価値の高いエンジニアになるか?は重要な課題と言えます。

ここでは、一般的に20代未経験の平均年収と今後、さらに年収を伸ばしていけるような価値の高いエンジニアになる方法について解説します。

エンジニア3年目の平均年収は400~500万円

サポーターズという人材会社に「エンジニアの平均年収はいくらか?」という質問をしたところ、3年目のエンジニアが平均年収400〜500万円という回答でした。

国税庁の調査によると、日本人の平均年収が42.6歳で467万円だそうです。

上記を考えると、エンジニアの経験を3年間しっかり積むと20代後半〜30代前半でも日本人の平均年収を得ることは十分可能と言えるでしょう。

ただし、エンジニアの仕事は東京に9割集中するとも言われ、それ以外の地域では年収が50万円ほど下がる傾向にあります。

出典: Tech総研

あまり期待しすぎることはできないものの、未経験からエンジニアになっても数年経験を積めば十分な年収を獲得できると考えていいのではないでしょうか。

エンジニアとしての市場価値を上げるには

エンジニアの需要は今も伸び続けていますが、一方で実際に足りないのは「しっかりとした技術力のあるエンジニア不足」という声が上がっているのも事実です。

本当の問題は量よりも質…IT人材白書「エンジニア不足」の真相

したがって、エンジニアとして今後市場価値を高めていくためには、単純に経験年数を積むだけではなく市場価値が高くなるポジションを狙うのが大事になります。

ポジションといっても難しい話ではなく、「こんな風に働くのがいいのかな」と方向性がわかればOKです

今後、市場価値が高くなると予想できるエンジニアは以下の3パターンです。

  • ビジネスの観点を持てる
  • エンジニアとして幅広い知見がある人
  • RPAやAIなど最先端技術を使える人

異業種からの転職であれば、これまでの社会人経験を生かしてビジネスの観点を持ちながらエンジニアとして活躍しやすいのかなと思います。

詳しくは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

未経験エンジニアが転職に失敗しないための注意ポイント

未経験エンジニアが転職する際には、いくつか注意するポイントが存在します。

例えば、以下のような点は気になる方も多いのではないでしょうか。

  • エンジニアとして転職するために必要なスキルレベルは?
  • 未経験からエンジニア転職する際にどんな企業に行くべきか

これらのことを解説していきます。

エンジニア未経験者が身につけておきたいスキルレベル

最近は、未経験エンジニアが転職をする際にあたって、事前にプログラミングの学習をするのが当たり前になっています。

なぜなら、最近は未経験からエンジニアになりたい人の増加に伴って、エンジニアとしての適正が本当にあるのか?をきちんとチェックする必要があると感じる企業が増えてきたためです。

新卒採用は、しっかりとした研修がある企業も多いですが、中途採用は未経験でもある程度スキルが求められるように感じます。

では、どれくらいのスキルが必要か?という話になりますが、Twitterのような簡単なwebアプリケーションが作れるレベル感くらいですね。

以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

以下のポイントなども押さえながらコードが書けるようになると、より面接の際に評価ポイントをアップすることもできるかと思います。

20代未経験エンジニアにおすすめの企業

未経験からエンジニアになる際には、今後、市場価値を上げられる企業に転職することが重要になります。

なぜなら、エンジニアで転職したとしても企業によっては、

上司が作ったシステムのテスト
エクセル管理をするだけ
その他プロジェクトの雑用周り

など、市場価値を上げるのが難しい誰にでもできる作業ばかりをさせられる企業も存在します。

したがって、可能であれば、エンジニア数が10人以上いる自社開発ベンチャー企業をおすすめします。

未経験から自社開発企業となると少しハードルが高いのも事実ですが、以下の記事で採用率アップのコツなども解説しているので合わせてご覧ください。

まとめ

ここまでの記事のポイントをまとめます。

  • 20代なら未経験でもエンジニア転職は十分可能
  • 未経験から市場価値の高いエンジニアになるポイントは3つ
    • ビジネスの観点を持てる
    • エンジニアとして幅広い知見がある人
    • RPAやAIなど最先端技術を使える人
  • エンジニア転職を狙うなら事前学習は必須
  • 未経験でもまずは自社開発ベンチャー企業を狙おう

20代のエンジニア転職について可能と考える理由から市場価値の高いエンジニアになれる企業に転職する方法までまとめました。

エンジニアは年齢を重ねるほどに転職することが難しくなっていきます。

したがって、エンジニアになろうかな?と考えるのであれば、まずは手軽にプログラミングの学習をスタートするところから始めるのが良いでしょう。

以下に、プログラミングの学習を完全未経験で0から始める方法について解説しているので、合わせてご覧ください。

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる