MENU

フルスタックエンジニアになるには?学習手順とおすすめ言語も紹介

2020 6/17
フルスタックエンジニアになるには?学習手順とおすすめ言語も紹介

1人で全てのアプリケーション開発を行うフルスタックエンジニアに憧れる人も多いでしょう。

  • オリジナルのアプリケーションを作りたい
  • 起業して一発当てたい
  • スタートアップでやりがいのある仕事をしたい

など、考えることは様々でしょう。

実際、1人でアプリケーション開発をこなせるフルスタックエンジニアの需要は、これからも伸びる傾向にあると言われています。企業にとっても、アプリケーション開発からインフラ構築までできるエンジニアは使い勝手が良いため、重宝されますからね。

しかし、フルスタックエンジニアになるにはどうしたらいいのか?と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

今回は、現役エンジニアで1人でオリジナルアプリケーションを開発した経験もある僕が、フルスタックエンジニアになる方法についてお話していきます。

目次

フルスタックエンジニアとは

フルスタックエンジニアとは、アプリケーションを公開するにあたって必要な作業を全て1人でこなせるエンジニアのことです。

会社によって異なりますが、通常アプリケーション開発をするにあたって

  • フロントエンドエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • インフラエンジニア

といったように、それぞれの役割に分割してアプリケーション開発を行います。

しかし、フルスタックエンジニアは専門分野を持ちつつも、これらの技術を全て使うことができるエンジニアというわけなのです。

フルスタックエンジニアが起業に向いている理由

よく言われることとしてフルスタックエンジニアは起業するのに向いています。

なぜなら、起業の特に初期段階では細かい設定よりも、まずは世の中に早くアプリケーションを出して顧客の反応を見ることが求められるためです。

FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグもFacebookのモットーの一つとして「Done is better than perfect」を掲げています。

出典: Done is better than perfect. 完璧を目指すよりまず終わらせろ

スピード感が求められる環境の中では、1人で全ての作業をした方が効率がいいです。したがって、フルスタックエンジニアは起業に向いていると言われているのです。

フルスタックエンジニアになるために必要な技術

フルスタックエンジニアに必要な技術は、1人で開発を全てできる技術と言われても、あまり想像できないかもしれません。

それでもなんとなく、1人で開発を全てできるということは、必要な技術を学習する時間は多くかかりそうだとイメージできるのではないでしょうか。

しかし、最近はサーバーレスアーキテクチャの登場によって、フルスタックエンジニアになるための敷居も下がってきています。

フルスタックエンジニアになるまでの期間は3年?

フルスタックエンジニアになるために必要な技術である

  • フロントエンド
  • サーバーサイド
  • インフラ

について仮にそれぞれ1年ずつ学習したとすると、トータルで3年は学習期間が必要になる計算です。

しかし、フルスタックエンジニアになるためには、開発スキルだけは最低限つけておく必要があるため、実際は開発スキルの向上に時間をかける必要があります。

例えば、

  • 決済情報を扱うアプリケーション開発のセキュリティ
  • 速度を落とさない無駄のない実装
  • ユーザーが不正な動作をしたときのバリデーション

など、様々なことを考慮してアプリケーション開発ができるスキルが必須というわけなのです。

フルスタックエンジニアに必須のサーバーレスアーキテクチャ

フルスタックエンジニアになるには、インフラの知識も必要という話をしましたが、その学習コストを下げてくれるサーバーレスアーキテクチャという概念があります。

細かいことは省略しますが、代表的なサービスにAWSやFirebaseなどがあります。

これらのサービスでは、今までアプリケーション開発で必要だった開発面・インフラ面の負担を大きく軽減してくれます。

例えば、Firebaseというサービスを使うと、プログラミング経験3ヶ月程度の学習者でも簡単に

  • Googleログイン
  • Facebookログイン
  • Twitterログイン

といったソーシャルログインを実現することができます。

よくわからないかもしれませんが、フルスタックエンジニアになるためには、サーバーレスアーキテクチャが便利だということは覚えておいて損はないでしょう。

フルスタックエンジニアにおすすめの言語

下記記事でも書いたように個人的には、初学者のうちに学ぶ言語を限定してしまうのは、あまり意味がないのでどの言語でも構わないと思っています。

しかし、フルスタックエンジニアを目指すのであれば、先程お話したサーバーレスアーキテクチャの相性も大事になってきます。

2019年8月現在において

  • プログラミングの難易度
  • サーバーレスアーキテクチャとの相性
  • フロントエンドもサーバーサイドもできる

を考えると最もおすすめの言語は、JavaScriptです。JavaScriptは上記の条件に全て合致しており、学習コストとアプリケーション開発に必要な知識を考えると最もコスパの高い言語と言えます。

JavaScriptには、有名なフレームワークとしては

  • Vue.js
  • React.js
  • AngularJS

が挙げられますが、初学者はVue.jsから始めるのがいいかと思います。

フルスタックエンジニアになるための学習手順

では、具体的なフルスタックエンジニアになるための学習手順についてお話していきます。

先程もお話しましたが、フルスタックエンジニアはとにかく高い開発スキルが求められます。

したがって、開発スキルを上げる方法、そしてその後にサーバーレスアーキテクチャを使う学習方法を見ていくことにしましょう。

開発スキルをつける

開発スキルを上げる最高の方法は、仕事レベルのアプリケーション開発をすることです。

つまり、「自分が作れるから」という基準で作るのではなく、「ユーザー体験を良くするため」の機能開発をすることです。そうした機能開発を重ねていくことで、開発スキルはどんどん伸びていきます。

しかし、まだエンジニアとして働いていない方にとって、仕事レベルの開発をする環境がないという方も多いでしょう。

そうした方は、Udemyなどの動画学習をするのがいいでしょう。Udemyでは、現役のエンジニアが実務レベルのアプリケーションを作る方法について解説してくれるため、オリジナルのアプリケーション開発をするために学びになることは非常に多いです。

初心者の方でも、以下のコースなどはかなりコスパも高く学べそうですね。

わずか4,200円で実務レベルのアプリケーション学習ができるなら、それほど悪くないのではないでしょうか。

サーバーレスアーキテクチャの学習方法

続いてサーバーレスアーキテクチャの学習方法についてですが、Firebaseをおすすめします。

なぜなら、AWSはサービスの数が豊富なため、初学者はどれから学習を進めていいかがわからないためです。

Firebaseは日本語のドキュメントも豊富にあるため、公式ページから学習してもいいと思いますが、学習方法がいまいちわからない方は、こちらもUdemyをおすすめします。

僕も最初にFirebaseを触ったことがないときは、以下の講座で学習をしていきました。

出典: Udemy

とはいえ、日本語で学習を進めたいという方も多いかと思いますので、下記のレッスンなども良さそうですね。

出典: Udemy

とにかく学習するには手を動かして学ぶことが一番です。初学者であればVue+Firebaseの構成は、最も高速にオリジナルアプリケーションを開発できるかと思います。

価格もプログラミングスクールなどと比較すると圧倒的に安いので、後回しせずに学習をスタートさせるのがいいのではないでしょうか。

まとめ

ここまでの記事のポイントをまとめます。

  • フルスタックエンジニアは1人でアプリケーションを開発するスキルが必要
  • サーバーレスアーキテクチャの知識は必須
  • 学習方法はUdemyで手を動かすのが吉

今回は「フルスタックエンジニアになるには」というテーマでお話してきました。フルスタックエンジニアは、幅広い知見と高い開発スキルが求められるため学習を続けることは必須です。

とはいえお話したようにサーバーレスアーキテクチャの登場によって、そのハードルが下がっていることもまた事実です。

スキルを身につけるためには、自分の手を動かすことが一番手っ取り早い方法です。今回ご紹介した講座をまとめておくので、ぜひ参考にしてみてください。

Udemy

  • Vue JS 2入門 完全パック – もう他の教材は買わなくてOK!(Vue Router, Vuex含む)
  • React Native – The Practical Guide
  • Vue.js + Firebaseで作るシングルページアプリケーション

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる