MENU

【無料あり】30代未経験からプログラミングスクール経由で転職する方法

2020 5/23
【無料あり】30代未経験からプログラミングスクール経由で転職する方法

30代でプログラマーに転職しようと考えると、「今の年齢でも本当に転職できるのか?」と不安になりますよね。

特に30代となると家庭がある方も多く、非常に勇気のいる選択になります。「転職に失敗したくない」と思うのは当然と言えます。

そこで今回は、現役のエンジニアであり、未経験のプログラマー採用にも携わることの多い僕が

  • 30代未経験から低リスクで転職する現実的な方法
  • 【無料あり】30代未経験者におすすめプログラミングスクール
  • 30代未経験者がプログラマー転職を目指すリスクとその対策

について解説していきます。

たかひろのアイコン画像たかひろ

企業の採用観点からもわかりやすく解説するよ!

最近のコロナ事情でエンジニア転職への学習を始めるか迷っている方もいるかと思います。

以下の記事で、コロナがエンジニア転職に与える影響と今後の市場について考えてみたので、ぜひ合わせてお読みください。

目次

30代未経験でプログラマー転職するのは難しいのか

結論からお話すると30代未経験からプログラマーへ転職することは簡単ではありません。

これは、採用に携わっているからこそ言えることですが、未経験からのプログラマー転職には30歳の足切りラインが存在します。

未経験プログラマーの転職には30歳のラインが存在する

30代からの異業種転職は、プログラマーに限らず難易度は高いですが、特にプログラマーは30歳のラインが強く存在します。

いくつか理由はありますが、以下はその代表的な理由と言えます。

30歳で採用のラインが存在しやすい理由
  • 業界の変化が速く若い人が好まれるため
  • 20代と比べて柔軟性に欠けると判断されやすいため
  • 30代は経験値の必要なマネジメント業務が求められるため

実際、転職保証があるプログラミングスクールも対象年齢が20代のケースが多く、30代は年齢で足切りされます。

出典: DMM WEBCAMP
出典: GEEK JOB

普通に考えると年齢制限を設けない方が、プログラミングスクールとしても稼げます。

それでも年齢制限を設けるのは、年齢による転職の壁が存在することをわかっているためなのです。

たかひろのアイコン画像たかひろ

30代で転職保証のあるスクールは今回紹介する2つしかないよ!

求められるプログラミングスキルが20代よりも高いため

未経験からプログラマー転職を目指すとしても、事前のプログラミング学習は必須です。

しかし、転職で必要なプログラミングのスキルレベルは意外と曖昧なことが多いです。

ただし、1つだけ言えることとしては、30代は求められるプログラミングスキルが20代よりも高い傾向にあります。

なぜなら、企業としては未経験者を受け入れるまでに様々な不安を抱えます。

そして、年齢が高いほどこれらの不安は大きくなります。

まあ、当たり前ですよね。20代であれば給料は安く済みますし、技術力もこれから成長すれば十分投資する価値はあります。

一方、30代は20代と比べると成長を待てる期間が短くなります。したがって、30代が独学で転職に必要なスキルレベルになるのは大変と考えておくのがいいでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

厳しいけど30代の転職レベルを知っておくことが大事!

低リスクで転職するならスクールで「スキル」と「客観性」を手に入れよう

ここまで、30代が未経験からプログラマー転職を目指すのは簡単ではないという話をしました。

では、「どうすればいいんだ!」という声が聞こえてきそうですが、転職をするための戦略を立てることが重要です。

具体的に言うと、プログラミングスクールを活用して「スキル」と「客観性」を手に入れるべきと言えます。

30代こそプログラミングスクールで手に入れるもの
  • 最速で必要最低限のスキル
  • 客観的に自分のレベルを見るメンター

プログラミングスクールは最速で必要最低限のスキルが手に入る

プログラミングスクールでは、転職に必要最低限のスキルを最速で身につけることができます。

およそですが、独学とスクールの学習期間の差は以下になります。

  • スクールに通う人・・・3ヶ月〜半年
  • 独学の人・・・半年〜1年

30代は特に言えることですが、1歳でも若くプログラマーに転職することが非常に重要です。

したがって、独学で「次に何を学習すればいいの?」「難しくて心折れた…」など迷ったり挫折する時間がもったいないです。

これは宣伝なしで言いますが、スクールに通った方が早く転職できる傾向があるのは本当です。

30代は20代と比較して、しっかり学習する必要がありますが、それ以上に学習スピードも忘れないようにしましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

独学は時間がかかる上に挫折する人も多いよ…

客観的に自分のレベルを見るメンターがいる

また、多くのプログラミングスクールには、メンターと呼ばれる学習やキャリアなどの相談ができる人がいます。

一般的に語られるメンターのメリットとしては、

  • 学習に詰まったときに相談できる
  • 転職の戦略を一緒に考えられる

といった点がありますが、30代に限って言うと「客観的に転職できるレベルまで何が足りないか教えてくれる」ことは、大きなメリットです。

基本的に転職の面接ではなぜ不採用になったのか理由を教えてくれることはありません。

  • もっと技術力が必要なのか
  • 面接のアピール方法が間違っているのか
  • 実力は十分だが企業とマッチしなかったのか

自分に何が不足しているのか、客観的に見てくれるメンターがいたほうが転職対策もスムーズにできます。

注意点として、プログラミングスクールによっては、メンターはそのスクールの卒業生ということがあります。

このようなメンターは現場感覚がわからず、正しいアドバイスができないため「メンターが現役エンジニア」のスクールを選ぶようにしましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

今回紹介するスクールは全てメンターが現役のエンジニアなので安心してね!

【実質無料あり】30代未経験から通えるおすすめプログラミングスクール3つ

では、これまでのことを考えて30代未経験におすすめのプログラミングスクールを紹介します。

今回、紹介するプログラミングスクールは以下の3つです。

30代におすすめのプログラミングスクール

実質無料で自社開発企業へ転職支援あり「ポテパンキャンプ」

年齢制限なし
受講期間3~4ヶ月(コースによる)
受講体系オンライン
場所どこでも可能
言語Ruby
コロナへの対応

ポテパンキャンプは無料カウンセリングを含め完全オンラインでの対応になります。
外出不要で講義も受講可能なのでご安心ください。

ポテパンキャンプの特徴は、なんといってもスクールのレベルが高いことが挙げられます。

以下のように、エンジニア界隈や雇う経営者にもそのレベルの高さはお墨付きです。

レベルが高いとついていくのも大変ですが、その分、短期間で大きなスキルアップが見込めます。

さらにポテパンキャンプは、ポテパン経由での転職をすることにより受講費が全額キャッシュバックされるというメリットもあります。

通常、「転職で全額返金」というケースでは、SESや受託開発企業への紹介が多いですが、ポテパンキャンプは自社開発企業のみを紹介しています。

これもポテパンキャンプのレベルが高いゆえにできることと言えます。

のアイコン画像

ポテパンキャンプのレベルの高さは数あるスクールでもトップクラス!

ポテパンキャンプのカリキュラム

ポテパンキャンプのカリキュラムは他のスクールと違い、かなり実務寄りの内容になっています。

一般的なプログラミングスクールでは、「オリジナルアプリの開発」をゴールに設定しています。

出典: TECH::CAMP

一方、ポテパンキャンプはSolidusというECサイトのパッケージを利用して、機能追加の実装をするというスタイルです。

実務では、機能追加をすることが多く、以下の理由からよりレベルの高さが求められます。

機能追加により高いレベルが求められる理由
  • 既存のコードを把握する必要があるため
  • 追加した機能により他のバグを生み出す可能性があるため

ポテパンキャンプでは、新規開発のみでは身につかない、より実践的な力をつけられるというわけなのです。

ポテパンキャンプの評判

ポテパンキャンプの評判を見ると、レベルの高さはもちろんですが、メンターのレベルも高いと受講生からも評判です。

一方で、悪い評判としては選考の難易度の高さにあるようですね。

Updated. ポテパンキャンプから選考がなくなり、プログラミングテストの事前課題のみになりました。

当然、事前課題の内容については公表されていませんが、以前よりも対策は立てやすくなったと言えます。

他にも悪い評判を探してみましたが、(既になくなった)選考が難しすぎる以外の悪い評判がほとんど見つからなかったです。

もし見つかれば追記していきますが、それほど心配する必要はないのかなと思います。

ポテパンキャンプの解説まとめ

一度、ポテパンキャンプの解説をまとめます。

ポテパンキャンプのおすすめポイント
  • 他スクールと比較してもレベルが高い
  • より実務に近い内容の学習ができる
  • 実質無料で受講できる
  • 人材紹介もしており転職支援も充実
ポテパンキャンプのおすすめできないポイント
  • 選考の難易度が高い
  • キャッシュバックを受けるためにポテパン経由で転職が必須

おすすめできないポイントとして「ポテパン経由での転職が必須」とありますが、ポテパンで紹介されるのは自社開発企業のみになります。

そのため、優良な自社開発企業に行きたい!という人は、むしろ転職先を一緒に探してもらえるためメリットになりえます。

またポテパンキャンプは、通うことを検討している人向けに無料相談を実施しているので、以下のリンクからぜひ相談してみましょう。

32歳以下なら転職保証あり「TechAcademy Pro」

年齢~32歳
受講期間12週間
受講体系オンライン
料金298,000円
言語Java
コロナへの対応

TechAcademyは無料カウンセリングを含め完全オンラインでの対応になります。
外出不要で講義も受講可能なのでご安心ください。

TechAcademy Proは転職できなかった場合には、全額返金のある転職保証ありのプログラミングスクールです。

32歳までと少し制限は厳しいですが、転職保証付きで30万円を切る価格設定は驚くほど安いです。

以下の記事でスクール13社を調査したところ平均は3ヶ月で35万円でした

最近、新設されたコースのようですが、元々TechAcademyはプログラミングスクールとして実績のあるスクールです。

その実績があるスクールが満を持して転職保証付きのコースを新設したと考えれば、その質の高さは言うまでもないでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

TechAcademyはいち早く最新技術のコースを開設する実績あるスクールだよ!

TechAcademy Proのカリキュラム

TechAcademy Proは大きく「基礎編」と「応用編」の2つのコースに分かれています。

注目するべきなのは、そのサポートの手厚さですね。

チャットサポートは他のスクールでもよく見かけますが、この価格でマンツーマンメンタリングが週2回あるスクールは多くありません。

特にプログラミング初心者は、学習がわからず挫折しやすいことを考えると嬉しいサポートと言えます。

未経験で誰よりも高いスキルを求めるならポテパンキャンプがいいですが、学習に不安を感じる方はTechAcademy Proが向いていると言えるでしょう。

TechAcademy Proの評判

TechAcademy Proはまだ新設されたばかりのコースのため、口コミはそれほど多くありません。

代わりにTechAcademyの評判を見ているとメンターの方がしっかりしている!というコメントを多く見かけます。

↓中の人のこんな意見もありました

一方、悪い評判としてはカリキュラムの説明が微妙という意見がちらほらありました。

TechAcademyは新しいコースをどんどん新設するため、カリキュラムのアップデートが追いついていないことも考えられますね。

プログラミングスクールでカリキュラムの説明が不足しているのは致命的ですが、サポートの手厚いので乗り切れるという印象です。

TechAcademy Proの解説まとめ

では、TechAcademy Proについてまとめます。

TechAcademy Proのおすすめポイント
  • 転職保証がある
  • 価格が安い
  • 学習のサポートが手厚い
TechAcademy Proのおすすめできないポイント
  • 32歳までしか申し込めない
  • カリキュラムの説明が不足している

レベルの高いカリキュラムのポテパンキャンプと比較して、手厚いサポートで挫折しにくいTechAcademy Proという位置づけですね。

月額12,000円から通えるスクールで転職保証があるのは見逃せないポイントと言えますね。

こちらも無料相談を実施しているので、ぜひチェックしてみてください。

30代で転職保証付きのプログラミングスクール「TECH CAMPエンジニア転職」

年齢制限なし
受講期間10週間
受講体系オンライン&教室
料金648,000円
言語Ruby
コロナへの対応

テックキャンプエンジニア転職では、無料カウンセリングを含め完全オンラインで受講可能です。
外出不要で講義も受講可能なのでご安心ください。

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)は、受講者の30%が30代にも関わらず転職成功率が99%と圧倒的な数字を残しているプログラミングスクールです。

TechAcademy Proと同じく転職保証がありますが、32歳以降でも転職保証があるのがTECH CAMPエンジニア転職の強みといえます。

ただし料金は、648,000円とサポートが手厚いことを考えても正直かなり高い印象を受けます。

一括で支払うのは、あまり現実的でないため、分割払いで月々3.5万円払いながら通うのが現実的といえます。

料金はかなり高いものの、数十年に渡って人生を変える可能性があることを考えると、考える価値があるかも?くらいの感覚です。

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)のカリキュラム

TECH CAMPエンジニア転職のカリキュラムは、HTML+CSS+jQuery+Rubyといったサイト制作からAWSまで一通り必要な技術を学習します。

TECH CAMPエンジニア転職のカリキュラムは、一通りエンジニア転職に必要なスキルは網羅されている印象があります。

特筆するべき点としては学習内容よりも、学習期間の最後にあるメルカリのコピーサイトをチームで開発することです。

現場では、基本的に1人で開発をすることはありません。スクールでチーム開発を経験できることは、仕事でも役立つでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

チーム内のコミュニケーションに困る未経験者は多いので一歩リードできるよ!

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の評判

TECH CAMPエンジニア転職の評判は「クオリティーはいいけど価格が高い」の一言に尽きるようです。

とはいえ、TECH CAMPエンジニア転職は企業からの評判も高く、採用後の年収も交渉が効きやすい面はあります。

上記のように、TECH CAMPエンジニア転職を通して年収を100万円以上上げた卒業生もいるみたいですね。

価格は高いですがカリキュラムの質やメンターのサポートが充実したスクールといえるかと思います。

たかひろのアイコン画像たかひろ

とはいえ、これだけの年収アップさせた人は全体のごく一部であることは注意しよう!

TECH CAMPエンジニア転職(旧TECH::EXPERT)の解説まとめ

では、TECH CAMPエンジニア転職についてまとめます。

TECH CAMPエンジニア転職のおすすめポイント
  • 30代でも転職保証がある
  • 学習のサポートが手厚い
  • チーム開発が経験できる
TECH CAMPエンジニア転職のおすすめできないポイント
  • 料金が高い

TECH CAMPエンジニア転職をまとめると「総合力が高く申し分ないが価格は高い」という結論になります。

個人的には、ここまで価格が高いのはちょっと…と思いますが、それでも33歳以上でプログラマー転職を目指す人は考える余地があります。

評価は高いので、話だけでも聞きたいという人は以下から無料カウンセリングに申し込んでみましょう。

 30代未経験からプログラマー転職を目指す戦略と避けるべきリスク

30代が未経験からプログラマー転職を目指すにあたって、「学習に時間やお金を使って転職できないこと」は最悪のパターンです。

数十万円を払って3ヶ月勉強したのに、残ったのはスクールの教材とMacのローンだけ…という状況は、あまりにも笑えないです。

そのような失敗をおかさないためにも、以下の2つの項目を意識するようにしましょう。

  • 学習や転職方法に迷う時間を限りなく減らす
  • メンターを使って「ウケの良い」アピールを学ぶ

学習や転職方法に迷う時間を限りなく減らす

30代なら家庭がある方も多いですし、異業種への転職も実質最後のチャンスになります。

いろいろ考えることはありますが、「やっぱり独学で進めようかな…」「もう少し安いスクールで…」という考えはやめた方がいいです。

なぜなら、30代にとっては、

  • 中途半端なスクールに通ってお金を失うこと
  • 独学で挫折して時間を浪費すること

のどちらも、プログラマー転職を目指す上では避けるべきだからです。

今回紹介したTechAcademyは数あるスクールの中でも格安ですし、ポテパンキャンプに至っては実質無料で通えます。

あとは、どのスクールが自分に取って最もいいか考えることに時間を使うのがいいのではないでしょうか。

\ CHECK NOW /

=> ポテパンキャンプの公式サイト
たかひろのアイコン画像たかひろ

今回紹介した3つのスクールはほぼ間違いなく30代にはベストだよ!

メンターを使って「ウケの良い」アピールを学ぶ

プログラミングスクールでスキルを得ることは重要ですが、それだけでは十分にスクールを活用できているとは言えません。

それだけでなく、メンターと「これまでの仕事経験がどうプログラマーに生きるか?」という相談もしていきましょう。

例えば、一般的に以下のようなスキルはプログラマーとしても活用できる場面は数多くあります。

  • 顧客折衝のスキル
  • 営業スキル
  • リーダー経験

他にも、今までの経験の中で、プログラマーとしても活きる経験やスキルは必ずあります。

なので、メンターを活用して、あなたの隠れたスキルや魅力について聞いてみましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

スクールに通うならメンターは使い倒さないと損だよ!

30代未経験者が選ぶべきプログラミングスクールの優先順位

ここまで、30代が通えるおすすめプログラミングスクールについてお話してきました。

現役エンジニアの僕が、もし自分が30代でどのスクールに通うか優先順位を考えると以下のようになります。

ポテパンキャンプ推しすぎてて怪しいですね(笑)

ただ実際のところ、ポテパンキャンプは、未経験からエンジニアになりたい人にとっては非常に良い選択といえます。

なぜなら、未経験でも企業側からすると技術力が高いに越したことはないためです。

未経験エンジニアを採用する際に企業側は様々な不安を抱えます。

しかし、最低限の技術力があれば、それらの不安を軽減することができるため、企業にとってはハードルの採用もぐっと下げられるでしょう。

30代という年齢と価格のバランスを考えると、やはりポテパンキャンプが一番いい選択になると言えるかなと思います。

仮に、ポテパン経由で転職しなくても20~30万円前後の出費と他のプログラミングスクールと比較しても価格が安いことも良いポイントですね。

\ CHECK NOW /

=> ポテパンキャンプの公式サイト

プログラミングスクールに通うか迷うなら相談してみよう

ここまで読んで「どのプログラミングスクールも悪くなさそうだけど迷う…」という人も多いかと思います。

しかし、今回紹介したプログラミングスクールは、悩んでいる方のために無料カウンセリングを実施しています。

出典: ポテパンキャンプ
出典: TechAcademy
出典: TECH CAMPエンジニア転職

無料で相談できるのであれば、心理的なハードルもグッと下がるのではないでしょうか。

正直、迷っているのであれば、情報集めのために一度無料相談に行くべきかと思います。

ネットだけでは、どうしても得られる情報が限られます。一度話を聞いて「自分に必要か?」を判断するのがいいでしょう。

のアイコン画像

結果的に通わない選択をしても納得感が大きく変わるよ!

無料相談を申し込むためのリンクを以下に貼るので、ぜひカウンセリングに参加してみましょう。

まとめ:30代こそプログラミングスクールを活用しよう!

ここまでの記事のポイントをまとめると

  • 現役エンジニアの僕が選ぶならポテパンキャンプ
  • 32歳までならTechAcademy Pro
  • 唯一転職保証付きのTECH CAMPエンジニア転職

をそれぞれおすすめします。

30代からのエンジニア転職は簡単ではありませんが、スクールを活用することで効率よく転職を実現しやすくなるでしょう。

もし、プログラミングスクールに通うか迷うなら、まずは無料相談で不安点を解消していきましょう!

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる