次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

SESからフリーランスになる!「普通の若手」こそ独立するべき理由と手順

SESから抜け出すことを考えたときに、今よりも収入を上げたい人はフリーランスも1つの選択肢になります。

フリーランスエンジニアの最大の魅力は収入アップです。

サラリーマンエンジニアの平均年収は540万円(※1)に対し、フリーランスエンジニアは860万円(※2)を超えます。

※1: IT関連企業の給与制度、給与決定にあたって重視している要素等の把握
※2: レバテックフリーランス

たかひろ

税金や保険の処理も増えますが、収入アップは大きな魅力です

しかし、フリーランスエンジニアとして独立するにあたって、不安が多いことも事実。

今回は、SESからフリーランスになるにあたってメリットやデメリット、具体的にするべきことを解説します。

目次

SESからフリーランスになるべきなのは「ごく普通のスキルを持った人」

SESからフリーランスになる際に、最大の不安が「本当にフリーランスとしてやっていけるのか」ということ。

個人的な意見としては、「会社でリーダーとして活躍するイメージが湧かない人ほどフリーランスをおすすめ」します。

フリーランスの業務はサラリーマンと何も変わらない

フリーランスと聞くと

  • 1人で全て解決しなければならない
  • よりハイレベルな業務を求められる

と身構える人がいますが、業務内容はSESで実施している内容とそれほど変わりません。

むしろ、ハイレベルな業務を求められたら、契約更新時に単価アップの交渉をすることも十分可能です。

たかひろ

客先に聞いてみると会社員時代でも70~80万円支払っていることも全然あります。

「フリーランス = 誰も教えてくれない」は当てはまらない

よくある誤解の1つですが、フリーランスとして入っても普通に聞けば教えてくれます。

たかひろ

仕事が進まないと社員の人も困りますしね…

基礎的な内容を度々聞くと、いい顔はされないかもしれませんが客先次第です。

スキルを身に着けていく必要はありますが、客先変更もできます。エージェントを利用することで、スキルアンマッチを避けるのも有効な手段になるでしょう。

「フリーランスだとスキルアップできない」は間違い

勘違いしている人も多いですが、フリーランスでスキルアップできないことはありません。

例えば、先日フリーランスエージェントにいくつか案件を紹介していただきましたが、

使用言語:

  • PHP: 1年半(Laravel 9ヶ月)
  • JavaScript: 2年(Vue 10ヶ月、jQuery 1年)
  • Python: 4ヶ月(Flask 3ヶ月)
  • Go: 2ヶ月

という経験の中で

紹介してもらった案件

  • Instagram分析ツール:PHP/TypeScript
  • 企業評価スコアリングツール:Python

このような業務経験が浅いフリーランスとしては今後単価を上げられる案件を紹介してもらえました。

↓フリーランスエージェントの事業部長にフリーランス事情を語ってもらった記事はこちら

たかひろ

スキルアップできるかは自分次第ですね

SESからフリーランスになるメリット

フリーランスになることを考えるなら、メリット・デメリットについて知っておいた方がいいです。

まずはメリットを解説します。

  • 年収が上がる
  • 技術の幅を広げやすい
  • 生活スタイルに合わせて案件が探せる

年収が上がる

フリーランスになる最大のメリットは、技術レベルが普通でも一定水準まで年収が上がります。

以下の記事でも解説していますが、SESの年収はプレイヤーである限り本人の能力に関わらず500万円程度で止まります。

客先常駐(SES)の市場価値・将来性は?若手エンジニアの成長戦略

簡単に解説すると、SESのビジネスモデルは人月単価で稼ぐモデルです。

  • 1人あたりの単価を上げる
  • 1人あたりの労働時間を長くする

以外に売上を上げるしかありませんが、前者は相場の壁、後者は物理的な時間の制約によって上限が決まるためです。

フリーランスもビジネスモデルは同じですが、会社が保険や税務処理を行う分の収入が全て手元に入るため、結果的に収入は上がるのは大きな魅力です。

大体、700~800万円前後までは普通にしていれば上がります

技術の幅を広げやすい

SESとして働いていると、エンジニアよりも営業の力が強いことは実感として感じることも多いはず。

しかし、エージェント利用を考えると自分がお客さんの立場になるため、融通が効くシーンも会社員より増えます。

最近はフリーランスエージェントも増えてきたため競争が激しくなっています。

その結果、各エージェントもエンジニアを確保するため、満足度を上げることに必死になっています。その結果、多少の無理は聞いてくれることも多いです。

一例としては、「希望の技術案件にアサインしてくれる」「単価を交渉してくれる」などです。

たかひろ

客先からの評価が上がれば柔軟な対応をしてくれます

生活スタイルに合わせて案件が探せる

「週休3日」「フルリモート案件」といった条件を希望も、数は少ないですが実現できる可能性があります。

たかひろ

知り合いの例であれば、週4日働いて残りの1日を個人サービス開発の開発に充てている人もいます

このような働き方ができるのは、フリーランスのエンジニアだからこそです。

1年ほど実績をしっかりと積み上げることができれば、交渉も難しくありません。自分の望む働き方を事前に考えておけるといいですね。

SESからフリーランスになる最大のリスクは「案件が途切れるリスク」

詳細な解説は以下の記事に書いていますが、最も大きなリスクは「仕事が途切れるリスク」です。

フリーランスエンジニアの後悔は当たり前!正しくメリット・デメリットを知ろう

具体的に例を上げます。案件と案件の間に1ヶ月ほどの期間が開いてしまったと考えてみます。

  • 1~3月:案件A
  • 4月:仕事がなく無報酬
  • 5~6月:案件B
  • 7月:仕事がなく無報酬

上記の例だと、単月60万円の報酬が合ったとしても平均すると1ヶ月あたりの収入は50万円になります。

たかひろ

仕事がない期間は焦りもあるため精神的負荷もかかります

↓その他のフリーランスになるデメリットは以下の記事で詳しく解説しています

フリーランスエンジニアの後悔は当たり前!正しくメリット・デメリットを知ろう

安定して案件を獲得するためには、フリーランスエージェントの利用がおすすめです。以下で、SESからフリーランスエンジニアになる手順を解説します。

SESからフリーランスになるまでの具体的手順

次の4ステップでフリーランスになることをおすすめします。

  • クレジットカード限度額を上げる
  • 客先に入れるか検討する
  • エージェントに登録する

クレジットカード限度額を上げる

フリーランスの社会的信用度は皆無と言っても過言ではありません。

  • 住宅ローン
  • クレジットカードの申し込み
  • 賃貸の入居審査

これらの難易度が会社員時代と比較してグッと上がります。

全てを解決することはできませんが、とりあえずクレジットカードの限度額だけは上限いっぱいまで上げておきましょう。

たかひろ

上げておくと思わぬ出費が必要になったときに金利の高い消費者金融に行かずに済みます

客先に入れるか検討する

関係性が良ければ現在SESでアサインされている客先で、フリーランスとして契約できないか検討してみましょう。

今の職場と結んでいる契約によりますが、

  • エージェントの中抜きが発生しない
  • 仕事の進め方がわかっている
  • 技術的な不安要素も少ない

などメリットが多いです。客先の方に「退職してフリーランスになろうと思ってますけど雇ってもらえたりしないですかねw」と冗談っぽく伝えると意外とOKをもらえたりします。

たかひろ

場合によっては向こうからオファーが来ることもあります

ただし、現職とのトラブルにも繋がりやすいので、難しいと判断した場合は早めに手を引くのがおすすめです。

フリーランスエージェントを活用する

安定して仕事を獲得するためには、営業を代行してもらうことがおすすめです。

たかひろ

自分でしてもいいですが本業をしながら契約の話を進めるのは結構大変です(経験談)

最近は様々な営業代行サービスもありますが、フリーランスエージェントは

  • 案件の営業
  • 税務処理や保険などの雑務
  • 開業サポート
  • 会社員のような福利厚生

など、様々な面でサポートを受けられます。

Midworksなどであれば、給与保証制度という案件がない期間でも単価の80%が保証される制度を提供しているサービスもあります。

たかひろ

案件が途切れるリスク回避に効果的な制度です

Midworksに限りませんが、安定して仕事を取るならフリーランスエージェントは上手く活用したいです。

まずは、「どんな案件があるのか」「自分でも給与保証制度は対象なのか」を確認する意味で、見てみることをおすすめします。

\ CHECK NOW /

Midworksの公式サイト

本当にSESからフリーランスになって大丈夫か?という不安を和らげる方法

SESからフリーランスになる際には、本当に大丈夫だろうか…?という不安を拭えないものです。

その不安はフリーランスエンジニアとして活動して「特に問題ないな。。」と自分が感じるまでは、感じ続けることになります。

たかひろ

どれだけ頭で理解しても実感するまでは不安なはず

ただし、フリーランスエンジニアとしての働き方の知識を増やすことによって、不安を和らげることは可能です。

知識を増やすためには経験のある人に聞くことが一番です。エージェントは様々なフリーランスエンジニアを見ているため、その知識は折り紙付きです。

一度、迷っているのであれば、まずは思い切って事情を聞いてみて再度考え直すのがいいかと思います。

\ CHECK NOW /

Midworksの公式サイト

まとめ:SESからフリーランスになるのは難しくない!リスクを知って行動しよう!

ここまでSESからフリーランスになるにあたって、よくある勘違いとメリット・デメリット、そして具体的な手順を説明しました。

フリーランスエンジニアと聞くと急に身構える人も多いですが、仕事内容は今と大きく変わりません。フリーランスになるメリットは以下の3つ。

  • 年収が上がる
  • 技術の幅を広げやすい
  • 生活スタイルに合わせて案件が探せる

ただし、以下の記事にもあるようにフリーランスは案件が途切れることが最大のリスクとしてあります。

フリーランスエンジニアの後悔は当たり前!正しくメリット・デメリットを知ろう

Midworksには、単価の80%を保証する給与補償制度があるため、このリスクを回避できます。

フリーランスを迷っているなら、一度知識のある人から話を聞いてからでも遅くないでしょう。以下のリンクから登録して話を聞いてみましょう。

\ CHECK NOW /

Midworksの公式サイト

別の記事で経験2~5年向けにフリーランスで仕事を探す方法とサイトを紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

【初めてのフリーランス】仕事探しのおすすめサイト5選と選び方を解説

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる