プログラミングのPCはMacがいい?必要なスペックや選ぶ基準を解説!

プログラミングのPCはMacがいい?必要なスペックや選ぶ基準を解説!

プログラミングのPCを購入しようと考えているけど、いざ購入となると

  • Macが良いって聞くけど本当?
  • PCに必要なスペックは?
  • できるだけ安くPCを買いたい!

など、様々な考えが出てくるのではないでしょうか。

僕は、実務でMacもWindowsも使用したことがありますしPCも何度か乗り換えているため、どのPCを購入するのが良いか?ということがわかります。

今回は、プログラミングをする上でのPCの選び方と安くMacを購入する方法まで解説していきます。また、今回は、デスクトップではなくノートPCについて解説を進めていきます。

目次

プログラミングのパソコンを選ぶ4つの基準

プログラミングのPCを選ぶ基準は以下の4つです。

  • プログラミングの目的
  • スペック
  • 価格
  • 画面サイズ

プログラミングの目的でWindowsかMacかが決まる

まず、この記事をご覧になっている方が最も気になっているのは、「PCをMacにすべきかWindowsにすべきか」ということではないでしょうか。

僕は基本的にはMacをおすすめしますが、WindowsかMacのどちらを選ぶかはプログラミングの目的次第で変わる可能性があります。

自分がやりたかった学習ができない!といったことを防ぐためにも、プログラミングで何をしたいのかは要チェックなのです。

PCゲームを作るならWindows

もし、プログラミングを学習する目的がPCゲームの作成ならWindowsのPCを購入すべきです。

なぜなら、単純にPCゲームを作るなら

  • Windowsの方が豊富なライブラリを使うことができる
  • Windows環境で動くゲームが多いため、プログラミングの情報量も多い

ためです。

MacでもUnityを使ってゲームを作ることができないわけではありませんが、あえて茨の道を選ぶ理由もないので、PCゲームを作るならWindowsにしておく方が賢明な判断と言えるでしょう。

iOSアプリを作るならMac

もし、iOSアプリの開発を進めたいと感じているのであればMacを選ぶのが良いでしょう。

こちらも上記とほとんど同じ理由ですが、WindowsでiOSのアプリを作ろうと考えるとコーディングはできますが、実際にApple Storeで公開することができません。

アプリを作りたくてPCを購入するのに、コーディングしかできないのはあまり意味がありませんよね。iOSアプリを作りたいならMacを購入するようにしましょう。

スペック

プログラミングをするにあたってPCのスペックは最重要視すべきポイントです。

もし、プログラミングの目的に対して十分なスペックでなければ、PCが重くて開発なんてできない!という悩みにも繋がりかねません。スペックを選ぶ上でも自分が何を学習したいのか?を考えておく必要があるでしょう。

CPU

CPUとは、パソコンの動作速度に大きく関わりを持つ部分です。

したがって、どれくらいのCPUを選ぶべきか?という話も「プログラミングでどれくらい負荷をかけるか」によって、要求されるスペックも変わります。

ざっくりではありますが、下記の一覧を参考にするといいでしょう。

  • HTML+CSS+JavaScriptなどのコーディングが中心・・・Core i3
  • Ruby on RailsやPHPなどサーバーサイド開発も行う・・・Core i5
  • ディープラーニング、機械学習を行う・・・Core i5
  • アプリ開発が中心でAndroidも開発を行う・・・Core i7(Core i5でも可)

画像編集をするかなどによっても多少変わりますが、およそCore i5のPCを購入するのが無難な選択肢と言えそうです。

メモリ

こちらもCPUと同様、パソコンの動作速度に大きく関わりを持ちます。

よく、CPUは処理速度にあたるため「人間の脳」と言われ、メモリは一時的な記憶領域にあたるため「作業スペース」と例えられます。

したがって、CPUとメモリの掛け合わせによってPCの処理速度が決まります。

こちらも、およその目安を作ってみると下記のようになります。

  • HTML+CSS+JavaScriptなどのコーディングが中心・・・4GB
  • Ruby on RailsやPHPなどサーバーサイド開発も行う・・・8GB
  • ディープラーニング、機械学習を行う・・・32GB(16GBでも可?)
  • アプリ開発が中心でAndroidも開発を行う・・・16GB(8GBでも可)

こちらも1つの目安としては、メモリの容量が8GBといったところでしょうか。

ストレージ

続いてストレージですが、こちらは一言で言うとパソコンの保存容量のことです。ストレージが大きければ大きいほど、PCに多くの画像やファイルを保存することができます。

ストレージの種類には、高速に動作するが価格が高いSSD若干低速ですが価格が安いHDDがあります。

こちらは、機械学習以外の開発を考えるのであればSSDの256GBがおすすめです。128GBでは、結構残りの容量を気にすることになりますからね。

ただし、機械学習などを学習で大量に画像を保存しなければならないケースでは、価格との兼ね合いでHDDを選択するのはありかと思います。

GPU

webの開発をしたい方は、この節は読み飛ばしていただいて構いません。

しかし、機械学習を学びたいのであればGPUのスペックも非常に重要な判断軸になります。というのも機械学習をする上ではCPUのみでは処理速度が十分でなく、まともに学習することができないためです。

趣味の範囲でも最低6GB程度のGPUを搭載したPCを選ぶべきでしょう。具体的には、このあたりのPCなどが要件を満たしているPCになります。

価格は同スペックならWindowsが安い

PCを選ぶ上で価格も気になるポイントの1つです。

よくWindowsとMacで同じスペックであればWindowsの方が安いと言われますが、どれくらい価格に違いが出るのでしょうか。

例として予算を10万円としてどれくらいスペックに差が出るのか見てみましょう。

Windows 14インチMacBook Air 13インチ
価格90,893円98,800円
CPUCore i7/1.8GHz/4コアCore i5/1.8GHz/2コア
メモリ8GB8GB
ストレージ1TB(SSDとHDD総合)SSD 128GB
画像
出典: Apple公式サイト
画像
出典: Lenovo公式サイト

並べてみると、Windowsの圧勝ということがわかりますね。

およそMacはWindowsの1.5倍くらいの価格がするので、購入にあたっては検討の余地がありそうですね。

持ち運ぶなら13インチだが15インチもおすすめ

ノートPCを購入することを考えているなら、13インチ〜15インチを購入するのがいいでしょう。

持ち運びが多いことを考えるなら13インチはどのかばんにも入りやすく、最もスタンダードなサイズと言えます。

僕はどちらのPCも使ったことがありますが、それぞれを比較しても、13インチでも不満を感じることは正直全くありませんでした。しかし、やはり画面サイズが大きいため15インチの方が作業は快適に感じます。

持ち歩いたときのサイズ感としては、僕はぎりぎり15インチが入るバッグを持っていますが、やはり容量がかなり圧迫されてしまいます。パソコンを頻繁に持ち歩くなら13インチの方がいいかもしれません。

プログラミングのPCはスペックの高いMacがおすすめ

ここまで様々なパソコンを選ぶポイントを紹介してきましたが、もし金銭的な余裕があるならMacをおすすめします。

その理由としては、下記の3つです。

  • web系企業はMacが多い
  • 開発環境が作りやすい
  • OSがLinuxに似ている

web系企業はMacが多い

もしあなたが自社開発のweb系企業に就職したいと考えているのであれば、その会社で使用されているPCはMacである可能性が高いでしょう。

一方で、SE企業のほとんどはWindowsを使用しているケースが多いので、まずはSEで力をつけることを考えている方はWindowsを購入するのもアリな選択肢と言えます。

入社してからそのパソコンに慣れるよりも、できれば入社前から慣れておくほうがいいのは言うまでもありません。OSが変わってしまうとプログラミングの環境構築する際に戸惑うことになるでしょう。(実際、僕は戸惑いました)

もし、金銭面が許すのであればMacの購入は全然ありと言えるでしょう。

開発環境が作りやすい

MacはWindowsと比較して開発環境が作りやすいです。

その最大の理由としては、Macにはデフォルトでターミナルというアプリが入っているためです。

画像
ターミナル

ターミナルを通して環境構築に便利なツールのインストールが簡単に行えるため、結果、簡単に開発の環境も作ることができます。

Windowsにはデフォルトでコマンドプロンプトが入っていますが、慣れていないのもありますが正直使いにくいです。その他にもMacにはデフォルトでrubyが入っていたりと開発周りがWindowsよりも充実している印象ですね。

OSがLinuxに似ている

MacのOSはUnixベースであり、業務の中でよく使用されているLinuxというOSとよく似ています。

つまり、Macの開発環境などをすることによって、自然とLinuxに近い学習もしていることになります。そのため、Windowsであれば学習しなければいけないポイントを1つショートカットできるのです。

これを言うとWindowsにもLinuxは入れられるという発言が出てきそうですが、デフォルトでLinuxが入っているわけではないので、何も設定をしなくてもいいMacの方がおすすめできると言えるでしょう。

Macを安く購入する方法

とは言え、Macを購入しようとしても、やはりその価格が最大のネックですよね。

実は、Macも最新の型でなければ安く購入する方法があります。

公式サイトから購入するならMac整備済み製品

まずは、きちんと公式サイトから手に入れたいと考える方はMacの整備済み製品を購入する方法があります。

整備済み製品とは、一度購入されたものの返品などの理由でAppleが受け取った商品を再度整備して販売している商品のことです。

つまり、わずかな期間誰かの手に渡ったものの、ほぼ新品の商品を低価格で購入できるのです。

全ての種類の製品が揃っているわけではありませんが、一度除いてみると、もしかしたら同じ機種の商品が割引価格で購入できるかもしれません。

Apple(日本)
Mac整備済製品
Mac整備済製品すべてのApple製パソコンには、製品購入後1年間の保証がついています。AppleCare Protection Planに加入することにより、保証期間を3年間に延長できます。5,000円(税込)...

非公式サイトから購入するなら価格.com

公式サイトからの購入にこだわらないなら、価格.comでの購入が最も安く購入できます。

同じ商品であっても、Amazonと比較すると1万円以上安く購入できる商品もあるほどです。

公式の保証がないのが気になると思われるかもしれませんが、民間の保証会社と契約しておくと月々わずか1000円程度で故障料金の保証が効きます。

実際に、非公式サイトでも問題なく購入できましたし保証もついたので、特に公式サイトか非公式サイトかを気にする必要もないのかなと思います。

まとめ

ここまでの記事のポイントをまとめます。

  • プログラミングのPCは目的、スペック、価格、画面サイズの4つから決める
  • web系エンジニアを目指すならMacがおすすめ
  • Macを購入するなら整備済み製品 or 価格.comが安い

いざ、プログラミングをしようと考えても特別なPCが必要なわけではありません。

しかし、購入してから「もう少しスペックが高ければ」「MacだとPCゲームが作りにくい」などと思うのは、やはり精神的にきついものがあるかと思います。

したがって、この記事を参考にPCを選んでもらえたらと思います。

本ブログでは、プログラミング初心者向けに学習の記事なども公開しているので、よろしければ下記記事も合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
プログラミング学習の始め方講座!初心者でも挫折知らずの学習方法とは
プログラミング学習の始め方講座!初心者でも挫折知らずの学習方法とはGoogleで「プログラミング 始め方」と検索すると数多くの学習方法がヒットします。しかし、どの学習方法も抽象的な内容が多く「結局何から始めていいのか具体的な手順が...

関連記事

コメント

コメントする

目次