30代未経験からプログラマーに転職する方法【転職後のキャリアも解説】

30代未経験からプログラマーに転職する方法【転職後のキャリアも解説】

プログラマーの人気が高まるにつれて「30代でもプログラマ転職をしたい!」という人が増えています。

しかし、「30代未経験だと年齢的にも限界ではないか…」と気にされる方も多いでしょう。

結論を言うと30代未経験でもプログラマーになれます。知り合いで34歳という年齢からプログラマーになった人も存在します。

今回は、現役のエンジニアであり、30歳前後の未経験プログラマーの教育も担当する僕が

  • 30代未経験からでもプログラマーになれる理由
  • 30代からプログラマーになった人のキャリア例
  • 未経験からプログラマーに転職するステップ

について解説していきます。

目次

30代未経験からプログラマーに転職できる理由

30代未経験からでもプログラマーに転職できるか心配される方も多いですよね。

事実、30代の方は年齢で足切りされることもあり、ほとんどの企業で20代よりも採用の基準が厳しいです。

ただし、最近30代からのプログラマーも増えています。30代未経験からプログラマー転職できる理由は以下の通りです。

30代未経験からプログラマー転職できる理由
  • プログラマーの数が圧倒的に不足しているため
  • プログラマーとして基礎的な技術は2年程度で習得可能なため
  • 新しい技術は昔からプログラマーをしている人に勝てる

プログラマーの数が圧倒的に不足している

画像
出典: 経済産業省

経済産業省が出したデータによると、2015年時点でIT人材は17万人の不足2030年には59万人の不足が予測されています。

今後も経験のあるプログラマーはどんどん不足していき、その価値が高くなることは確実です。

したがって、企業としても非常に人材確保が難しいため、最近は未経験のプログラマーを育てる方針を立てる企業も増えています。

基本的に未経験は20代が採用されやすいですが、思考力や社会人経験のある30代を欲しがる企業も十分にあるのです。

画像

数年後経験を積んで自分の市場価値を高くするなら今がベストな時期だよ!

プログラマーとして基礎的な技術は2年程度で習得可能

プログラマーとしての基礎知識は2年程度の実務経験で学べるため、30代からでも活躍の幅は広いという理由もあります。

実際に僕は実務経験1年半程度ですが、今では顧客とのやり取りも含め、仕事の大部分を1人で任されています。

他の方の意見を見ても実務経験が2〜3年あれば、ある程度1人前のプログラマーという意見が多いですね。

したがって、年齢が少し高くても2〜3年の経験を積めば、周りのプログラマーと大きく能力差は変わりません。

経験を積めば技術的な貢献もありますが、それ以上に

  • 新人プログラマへの教育
  • お客さんとの関係作り
  • 社内勉強会などのイベント企画

といった社会人経験が強みになることも増えてくるため、今は30代未経験でも数年後は十分活躍できるというわけなのです。

新しい技術は昔からプログラマーをしている人に勝てる

プログラマーは休日も常に新しい技術を学習しているイメージを持つ方も多いですが、休日に学習する人はごく一部です。

実際、1週間で業務以外に10時間以上の勉強をしている人は3割しかいないというデータがあります。

あわせて読みたい
「エンジニアは休日も勉強する」は本当?実態調査と学習すべき内容とは
「エンジニアは休日も勉強する」は本当?実態調査と学習すべき内容とは「エンジニアって休日も勉強するって聞いたけど実際どうなの?」「プライベートな時間はちゃんと確保したいけど周りと差ができないか心配」このように思う方も多いので...

つまり、これからプログラマーになるあなたが最新技術をどんどん学習すれば、昔からプログラマをしている人より市場価値を上げることも可能です。

実際、知り合いに34歳からエンジニアになり今は他のエンジニアを抜いてマネージャーになった人もいます

今や新しい技術に積極的になる姿勢を持てば、プログラマーとしての限界年齢もどんどん伸びていく状態なのです。

画像

僕が2年で開発リーダーになれたのもReactが使えたことが大きいよ!

同年齢の人と比べると経験不足のためプライベートの学習は必須

ここまで読むと「意外と30代からプログラマーになれるかも?」と思われるでしょうが、経験面では他の30代のプログラマーには勝てません。

経験で勝つことができないため、

  • 新しい技術や知識
  • 開発フローやツールの知識
  • OSなどの根本的技術の知識

といった、知識面で優位性を持つしかありません。そのためには、業務時間外における学習はほぼ必須になります。

そうすれば、30代未経験からプログラマーとして転職しても十分に活躍が見込めます。

画像

実際、30代未経験で入社して毎年100万円ペースで年収が上がっている人もいるよ!

30代未経験からプログラマーから転職する具体的な方法

では、続いて30代未経験からプログラマーに転職する方法について解説していきます。

転職までにしておきたいステップは以下の通りです。

30代未経験からプログラマーに転職するステップ
  • 独学でプログラミングを体験する
  • 最速で学習を終わらせる

独学でプログラミングを体験する

まず最初に、HTML+CSSを独学で学んで「自分がプログラミングに向いているか?」を確かめましょう。

あくまでも目的は、「言語の習得」を追求するのではなく「自分の適正」を確かめるために学習するといいですね。

具体的な学習はProgateの「HTML」「CSS」のコースを学習します。

画像
出典: Progate

以下のコースを全て学習するためには月額980円かかりますが、まずはお試しと思って実施してみてください。

Progateには他にも多くのコースがありますが、あくまでも目的はプログラミングの向き・不向きを確かめるだけです。

Progateをどれだけやっても実務レベルのスキルは身につかないので、できるだけ早く終わらせて次のステップに進みましょう。

最速で学習を終わらせる

30代未経験でプログラマー転職をする際にリスクになるのが、「勉強を終えたのにプログラマーに転職できないリスク」です。

プログラマー転職をするなら、30代の中でも若い方が転職はしやすいため、独学で長期間学習するのは賢い選択ではありません。

最も効率よくプログラマーになる方法は以下の2つです。

最速でプログラマーになる勉強法
  • メンターをつける
  • プログラミングスクールに通う

メンターをつける

当たり外れはありますが、スクールに通うよりも価格は抑えて学習したい方におすすめの方法です。

イメージで言うと塾講師のようなもので、自分がつまずいている疑問に対して適切なサポートをしてくれます。

メンターによって提供するサービスが違いますが、以下のサービスを提供している人が多いです。

メンターが提供するサービス
  • 学習手順の設定
  • エラー解決など技術的課題の補助

メンターを探すためには、MENTAというサービスが最も有名ですね。

プログラミングスクールのような充実したサポートはありませんが、現役エンジニアに気軽に相談ができるのは魅力的ですよね。

具体的なメンターの探し方については以下の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
失敗しないプログラミングのメンターの探し方【注意すべき4つのポイント】
失敗しないプログラミングのメンターの探し方【注意すべき4つのポイント】プログラミングの学習をしていると様々な不安が出てくるかと思います。自分の学習方法はこれで合っているのだろうか自分のスキルは着実にアップしているのだろうかなど...

プログラミングスクールに通う

また、プログラミングスクールに通うという方法もあります。

プログラミングスクールでは、以下のように初心者が効率よくプログラミングを学ぶ環境が整っています。

プログラミングスクールに通うメリット
  • ゴールが見える体系的なカリキュラムがある
  • エラーで詰まったときにいつでも聞けるメンターがいる
  • 一緒に未経験からプログラミングを学習する仲間がいる

したがって、最速でスキルを身につけるなら、最良の選択肢と言えます。

当サイトでは、30代におすすめのプログラミングスクールとしてポテパンキャンプをおすすめしています。

画像

ポテパン経由で転職するとキャッシュバックで受講料も実質無料になるため、検討する価値はあるかと思います。

ポテパンキャンプの紹介先も自社開発企業のみのため悪い会社に転職する可能性は低いです

30代が無料で利用できるプログラミングスクールを以下で紹介しているので、合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
「30代未経験」から通える無料プログラミングスクール2つ!転職も十分可能です
「30代未経験」から通える無料プログラミングスクール2つ!転職も十分可能ですプログラミングスクールの多くは、30万円〜60万円前後の受講料がかかるなど非常に高額です。しかし、無料のプログラミングスクールとなると参加条件が「20代」のスクー...

30代未経験からプログラマーに転職した後のキャリアと将来性

30代からプログラマーに転職しても、その後のキャリアが上手くイメージできないと不安に思われる方も多いですよね。

そこで、今回は30代未経験からプログラマーに転職した後にどんなキャリアイメージを持てばいいのか?という疑問にお答えします。

人によって差はあるものの、以下のようなイメージが参考になるでしょう。

30代未経験からプログラマー転職した後のキャリアと仕事内容
  • 転職後1~2年:プログラマーとしての基礎を固める
  • 転職後3~5年:小規模~中規模のリーダーになる
  • 転職後5年以上:自分の好きなキャリアを選択できる

転職後1~2年:プログラマーとしての基礎を固める

まず、転職後はできるだけ早く1人前のプログラマーとして仕事ができるようになる必要があります。

なぜなら、一般的な30代中盤のプログラマーは、既にプロジェクトのリーダーをする年齢になります。

したがって、誰かの手を必要とする状況を早く終え、プロジェクトの全体を見れる立場にならなければならないのです。

画像

ずっと年下に指示をされ続ける立場になると精神的に辛いよ…

さらに、一歩他のプログラマーより早くキャリア形成を考えるなら学習期間からあらゆることに積極性を見せることも重要です。

一例を挙げると以下のようなことです。

学習期間から実施できること
  • 社内・社外のエンジニア向け勉強会を開催する
  • 今までの会社で良かった文化を持ち込む
  • 新しい技術について知識を広げる

プログラミングだけでは、経験豊富なエンジニアや優秀な若手に勝つことは難しいです。

したがって、30代未経験からプログラマーになる人は、技術以外の社会人経験で価値を出すという考えが重要になるのです。

転職後3~5年:小規模~中規模のリーダーになる

実務で2年間まじめに勉強を続けていれば、プロジェクトを回す上で十分な技術力が身につけられます。

そうなると、一般的には小規模〜中規模のプロジェクトリーダーになるでしょう。

プロジェクトリーダーになれば、コードを書くだけでなく以下のような仕事もこなす必要が出てきます。

  • 顧客や企画チームとのやり取り
  • プロジェクト全体のスケジュール管理
  • メンバーの技術的補助

マネジメントは社会人経験の長い30代が有利なので、少しでも早くこのポジションを勝ち取ることが重要です。

この役割を上手くこなせることができれば、一般的に見ても市場価値が低くない状態なので、年収も期待できるようになるでしょう。

画像

小規模でも仕事のリーダー経験があれば活躍しやすいよ!

転職後5年以上:自分の好きなキャリアを選択できる

リーダーの経験も長くなれば、裁量も大きくなり自分の好きなキャリアを選択できるようになります。

一例を挙げてみると、

経験5年以上のキャリア例
  • さらにリーダー経験を積んでプロジェクトマネージャーになる
  • スタートアップのCTOとして経営の領域に入っていく
  • 技術がわかる〇〇として他領域に仕事の幅を広げる

など、技術経験があれば、その価値を利用して様々な道を選択することができます。

もちろん会社の規模感にもよるので一概には言えませんが、ここまで経験があればどんな道でも選択できるようになります。

30代未経験でプログラマー転職した具体例と活躍する人の特徴

30代未経験からのプログラマーのキャリアについてお話しましたが、実例を知りたい人も多いですよね。

ここでは、僕の身の回りに実際にいる30代からエンジニアになった人の具体例と活躍する人の特徴についてお話します。

30代で技術者のキャリアをスタートしたフルスタックエンジニア

前職:営業
プログラマーになった年齢:34歳
現在の役職:マネージャー

まずは、34歳からエンジニアとしてのキャリアを始め、今ではフルスタックエンジニアとして活躍している人がいます。

エンジニアになってから技術の勉強は続けつつ、持ち前の積極性から

  • 今までなかった開発合宿の企画
  • JavaScript+AWSを用いたフルスタックエンジニアとしての活動
  • 社内ビジネスコンテストで新規事業創出
  • 年間社内MVP候補

など、新しいことを積み上げて今ではマネージャーをしてます。30代未経験エンジニアの成功例と言えるかと思います。

30代未経験からキャリアアップするなら「社会人経験」×「プログラマー」

30代未経験からプログラマーとしてキャリアを伸ばすなら、今までの社会人経験を活かすことが重要です。

イメージしにくいかと思うので、いくつか例を挙げてみます。

社会人経験×プログラマーの参考例
  • 営業・・・外部との顧客折衝やコミュニケーション
  • デザイナー・・・簡単なデザインの提案
  • 事務職・・・プログラマーの働く環境改善

このように今までの経験がプログラマーとして活躍するための材料となるのです。

したがって、プログラマーになる前に、「自分の経験はプログラマーとしてどう生かすか?」という棚卸しはしておきましょう。

画像

棚卸しができていると自信を持って面接でも話せるよ!

備考:キャリアを伸ばすなら自社開発の方がいい?

ここからは個人的な見解も多く入るので、参考程度に聞いてみてください。

僕は、前職で自社開発、現職で受託開発企業で働いていますが、異業種から転職するなら自社開発企業の方が活躍の幅は広いと感じます。

なぜなら、自社開発企業は受託開発企業以上に業務の幅が広く、採用や広報、企画に近い立場で仕事を行います。

社内ビジコンのような、プログラマー以外の経験を積んだ人が強いイベントにも積極的に参加できます

あくまでも個人的な感覚なので、そうした意見もあるのか程度に聞いてもらえればと思います。

まとめ:30代未経験からでもプログラマー転職で活躍できる!

ここまでの記事のポイントをまとめます。

  • 30代になってもプログラマーになれる
  • 休日の学習は必須
  • プログラマーになるための学習はまずは独学で始める
  • HTML+CSSを終えたら最速で転職する方法を考える
  • キャリアを伸ばしたいなら今までの経験を棚卸ししよう

ここまで、30代未経験者がプログラマーとして活躍できる理由や活躍するための方法についてお話ししました。

30代からプログラマーになることは難しいと言われますが、実際は「プログラマーとして活躍することは難しい」が正しい意見だと思います。

しかし、社会人経験が長いことによって、他のプログラマー以上に価値を出すこともできるはずです。

ぜひ、30代から最速でプログラマーになる方法を検討してもらえればと思います。以下の記事では、30代からの無料スクールを紹介しているので、ぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい
「30代未経験」から通える無料プログラミングスクール2つ!転職も十分可能です
「30代未経験」から通える無料プログラミングスクール2つ!転職も十分可能ですプログラミングスクールの多くは、30万円〜60万円前後の受講料がかかるなど非常に高額です。しかし、無料のプログラミングスクールとなると参加条件が「20代」のスクー...

関連記事

コメント

コメントする

目次