MENU

RubyとPHPはどっちを学習すべき?初心者に最適な言語は?

2020 1/25
RubyとPHPはどっちを学習すべき?初心者に最適な言語は?

プログラミング学習を始めるにあたって、最初に学ぶ言語を選択しなければなりません。

スマートフォンアプリを作成したいという方や機械学習を学びたい方は、学ぶべき言語を決めやすいですが、web系の言語となると選択肢が多くなります。

特にRubyとPHPならどっちを学習すべき?というのはプログラミング初心者によくある質問の1つです。

結論からお話すると、RubyとPHPはどちらを学ぶべきということはありません。

しかし、その中でもスタートアップ企業で働きたいならRubyが役に立つ機会が多いですし、安定して仕事を確保したいならPHPが役に立つケースが多いです。

今回は、RubyとPHPの特徴を比べながら、あなたに合っている言語はどっちなのか?ということについてお話します。

目次

PHPとRubyの特徴

まず、PHPとRubyの特徴について簡単にまとめていきます。

PHPの特徴

PHPの最大の特徴は、世界的に幅広いアプリケーションで使われているということです。

世界のwebサイトの80%はPHPで動いているという事実からもわかるように、その幅広さはRubyと比較にならないほど圧倒的と言えます。

facebookやメルカリなどもPHPで運用されていることから、意外とスタートアップ企業で採用されるようなケースもあります。

初学者にもとっつきやすい言語でありベテランの人も愛用している人が多いことから、まさに対象者を問わずに愛される言語の1つと言えます。

幅広い対象者に使われているということは、それだけベテランも数多くいるということなので、プログラミングを深く学習をしていきたい人にとっても良き師に出会える可能性は高いのではないでしょうか。

ただし注意しておきたいこととしてPHPは簡単とよく言われますが、あくまでもweb系のプログラミング言語の中では簡単なだけで初心者からすると難しいと感じる人も少なくありません。

より正確にPHPの学習難易度が知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。

Rubyの特徴

Rubyの最大の特徴として挙げられるのが、Ruby on Railsの存在です。

Ruby on Railsとは、Rubyのフレームワークのことで、簡単にアプリケーションを構築するためのパッケージのことです。

Rubyと言えば、Ruby on Rails以外の選択肢はほとんど考えられません。つまり、一度習得してしまえば、Rubyの仕事が存続する限りは仕事に困ることはないでしょう。

また、Ruby( on Rails) は初学者でも楽しみながらプログラミングができることを目的として作られているため、アプリケーションをかなり簡易に作ることができるようになっています。

これをエンジニアの中では、「RailsはRailに乗るように開発する」などと言われますが、Rubyの設計思想を理解してしまえばスムーズに開発することができます。

とはいえ、その設計思想を理解するまでは多少の苦労があると認識する必要があるかなと思います。

【PHPとRuby】仕事が多いのはどっち?

結論からお話すると、PHPの方が求人が倍近くあります。

具体例としてエンジニアがよく利用する、転職サイトのGreenを見てみましょう。上がPHPで下がRubyの検索結果になっています。

出典: Green
出典: Green

他にもフリーランスサイトでおなじみのレバテックフリーランスで検索してみましょう。こちらも同様に上がPHPで下をRubyとして検索結果を見ていきます。

出典: レバテックフリーランス
出典: レバテックフリーランス

これらをまとめると以下のような結果になります。

  • PHP
    • Green: 3263求人
    • レバテックフリーランス: 1267件
  • Ruby
    • Green: 1950求人
    • レバテックフリーランス: 589件

求人数の比較だけで言えば、PHPの圧勝と言えそうです。

【PHPとRuby】学習が簡単なのはどっち?

初学者にとって、できるだけ早く仕事を獲得できるだけのスキルが欲しいと思いますよね。

様々な意見がありますが、PHPとRubyの学習についてどちらが簡単か?という質問に関しては、個人的に引き分けかなと思います。

なぜなら、PHPやRubyといったサーバーサイド言語は、プログラミング言語以外に理解すべき知識が数多く存在するためです。

一例を挙げると、

  • HTTPリクエストの知識
  • データベースの知識
  • CookieやSessionの知識
  • セキュリティの知識
  • 設計の知識

といった、様々な知識が必要になります。

したがって、どちらのプログラミング言語が簡単か?という議論にはそもそもあまり意味がありません。

以下の記事では、PHPを独学で学習する際に学ぶべきことについてまとめています。Rubyも同じようなステップを踏むことになるため、参考にしていただければと思います。

あえて言うなら、RubyはフレームワークをRuby on Rails以外に採用することが、事実上考えられません。

そのため、様々なフレームワークに触る可能性のあるPHPの方が、長い目線で言えば学習することは多いと言えるかもしれませんね。

【PHPとRuby】平均年収が高いのはどっち?

続いて、平均年収も見ていきましょう。

求人検索エンジンのスタンバイが2017年に調査したデータによると、結果は以下のようになっています。

これらの結果を見ると、Rubyの方が平均年収は約40万円高いという結果になっています。

これだけを見るとRubyの方が稼げる!と思われるかもしれませんが、以前求人サイトを運営しているエージェントの人から聞いた話によると、

PHPの平均年収が低く見えるのはスキルレベルがばらばらなため

という話もあるみたいです。

したがって、一概にPHPだから年収が低い、Rubyだと高い年収が獲得できるというのは少し考え方が甘い部分もあると言えます。

同じくらいのレベル感であれば、それほど年収は変わらないと考えていいのではないでしょうか。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

  • PHPは世界中でも圧倒的に使われている
  • Rubyはフレームワークの学習が1つで済む
  • 学習コストはどっちも大きく変わらない
  • 平均年収はRubyが上だが、経験によってはそれほど変わらない

よく比較されるだけあって、RubyとPHPは好みの問題で大きく変わらないという結論になってしまいました。

あえて違いを挙げるなら、Rubyはスタートアップでよく使用されていてPHPは大手企業でも使用されるケースが多いと言った点でしょうか。

ただ、どちらを学習するにしても簡単ではないため、自分の中で学習手順を明確にする必要があります。

以下に独学でPHPを学ぶ方法について記載しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

- 本気でエンジニアを目指す人の10週間ロードマップ -

  • 手に職をつけたい・・・
  • プログラミング学習に挫折した・・・
  • 本当に転職できるか不安・・・

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる