次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

プログラミングスクールの転職先はSESばかり?【元メンターが解説】

プログラミングスクールに通うなら価格も高いので、卒業後の転職先も気になりますよね。

できれば客先に常駐するSES企業ではなく、自社開発企業に行きたいと考える人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プログラミングスクールで以前メンターもしていた僕が

  • プログラミングスクールの転職先
  • SES企業のイメージと実態
  • 自社開発企業にほぼ確実に転職できるプログラミングスクール

について解説していきます。

目次

プログラミングスクールの転職先はSESばかりなのか

プログラミングスクールの転職先は、一般的にSESであることが多いです。

いくつかの理由はありますが、今回は説明のため以下の2つに分けて説明を進めます。

  • 無料プログラミングスクール
  • 有料プログラミングスクール

無料プログラミングスクールの転職先にSESが多い理由

無料プログラミングスクールの転職先にSES企業が多い理由は、そのビジネスモデルにあります。

この図を見ていただくとわかるように、プログラミングスクールはIT企業に人を紹介することによって売上を上げています。

特に日本は受託開発やSESの割合が多くなるため、プログラミングスクール側が厳選しない限り転職先にSES企業が多いのは必然といえます。

有料プログラミングスクールの転職先の実態

では、有料のプログラミングスクールは、自分で企業を選べるため、SESに行きにくいと思われるかもしれません。

しかし、こちらも誤りで、有料プログラミングスクールを出てもSES企業に転職することはよくあります。

なぜなら、そもそも企業の数としてSES企業が多いため、未経験エンジニアでも就職の難易度が低いためです。

ただし、有料プログラミングスクールは生徒がお金を払っているため以下のような環境があります。

有料プログラミングスクールの環境
  • 周りの生徒が本気の人が多い
  • 本気の人が多いためメンターも本気でサポート
  • 結果的に自社開発企業に転職する人が増える

よく、ネット上では有料スクールはお金を払っている分、メンターのサポートが充実とありますが、あれは見当違いです。

ただし、有料プログラミングスクールであってもSESに転職する人は多いことは頭に入れておきましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

企業側からするとスキルがあればいいので無料でも有料でも正直関係ないよ!

そもそもSESはブラック企業ばかりなのか

SESは常駐先に左右される働き方のため、クソ体験がTwitterにあふれることもあります。

IT業界の闇が見える #SESクソ体験 のハッシュタグがつらすぎる

しかし、実際にSESで働いた経験からも考えると、少しイメージの悪さが行き過ぎている印象を受けます。

ここでは、SESがブラックと言われる理由と、実際の事情はどうなのか?という点についてお話します。

SESがブラック企業と言われる理由は主に以下の2つです。

SESがブラック企業と言われる理由
  • エンジニアを駒のように扱う企業があるため
  • 常駐先によって当たり外れが存在するため

エンジニアを駒のように扱う企業がある

まず、エンジニアを駒のように扱う企業があるため、SESはブラック企業という人は少なくありません。

しかし、最近優秀なエンジニアの獲得が難しくなっているため、一般的なSES企業でもスキルアップを強く意識している会社が増えました。

IT業界でSESがクソって言われるのに対して実体験を元にした反論

とはいえ、上記の考えを持っている企業もあれば、従来の人を駒のように扱うSES企業がいることも事実です。

そんな方に向けてエンジニア初心者でも、優良企業を見分ける方法について以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

常駐先によって当たり外れが存在するため

続いて、常駐先がハズレになった場合、残業地獄が待っているのではないかと心配している人も多いでしょう。

しかし、最近はIT業界も残業時間が減少傾向にあり、日経 xTECHの調査によると月平均の残業時間は20時間まで減っているそうです。

出典: 日経 xTECH 労働時間は週平均45時間、3000人調査で分かった意外な実態

厚生労働省が2018年にIT事業者を対象に行った調査でも、約8割の事業者が長時間労働対策への取り組みを既に検討、実施しています。

出典: 平成 29 年度業界団体等と連携したIT 業界の長時間労働対策事業 長時間労働対策への取組の意向

今やIT企業全体がブラック企業から脱しつつあり、「SES企業 = ブラック」は当てはまらなくなっていることを覚えておきましょう。

スキルアップをするならSESが優れている理由

SESがブラックでないにしてもスキルアップを考えるなら、最新技術を使う自社開発企業がいいと思うかもしれません。

しかし、場合によっては自社開発企業よりもSESの方がスキルアップできる可能性があります。

その理由は以下の3つです。

SESがスキルアップに向いている理由
  • 案件によって異なる技術を触るため
  • 開発時間がSESの方が長いため
  • 自社開発は古い技術に触れる可能性も大きいため

案件によって異なる技術を触るため

まず、SESはその性質上、1つのサービス開発に長く関わるのではなく、期間ごとに様々な案件に関わります。

それぞれの案件で全く同じ技術が採用されているケースは、ほとんどのケースでありえません。

例えば、ここ半年、受託開発(SES含む)で触った技術は以下のとおりです。

受託開発(SES)で関わった技術
  1. Vue.js + Spring
  2. React + Laravel
  3. Laravel
  4. Go
  5. ethna (PHP)
  6. etc…

このように幅広い技術を触ることによって、様々な技術の知識を蓄えることができます。

その都度学習は必要になりますが、スキルの幅も広くなりやすいと言えるでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

いろんな技術を触りたい人にはSESか受託企業がおすすめ!

開発時間がSESの方が長いため

僕は新卒で自社開発企業に入社しましたが、一般的に1日の流れは以下の通りでした。

時間業務内容
10:00出社
~10:30各チーム朝会
~12:00開発
~13:00ミーティング、デプロイ作業など
~14:00昼休憩
~16:00開発
~17:00プロジェクト外活動(採用など)
~18:00開発
~19:00夜報告会&残り時間開発

およそ開発に充てられる時間といえば5時間程度です。(日によってはさらに開発時間が減ります)

SESは、仕事の時間ほとんどを開発に充てられるため、(疲れますが)多くの時間を開発に充てられるメリットがあるのです。

自社開発は古い技術に触れる可能性も大きいため

自社開発は新しい技術に触れやすいと考える人は多いですが、場合によっては古い技術を触り続けることにもなりえます。

なぜなら、利益を生み出しているサービスは昔から動いているサービスが少なくないためです。

一方、SESでもエンジニアの希望を聞いてくれる企業であれば、案件先が微妙ならスキルアップできる環境に変えてもらうことも可能です。

こう考えるとスキルアップのためにSES企業を選択するのは、悪くない選択と言えるのです。

それでもプログラミングスクールの卒業後自社開発に転職したい場合

ここまで、以下の2点をメインとして解説を進めてきました。

  • プログラミングスクールの転職先は有料/無料を問わずSESは多い
  • SESはスキルアップには悪くない選択肢

しかし、それでもSESには、自社開発のような

  • 自分の作ったものが直接ユーザーに届く感覚
  • サービス愛の精神
  • 開発以外の試行錯誤プロセス

が薄い部分があることは否定できません。

したがって、転職先として自社開発に行きたい人におすすめのプログラミングスクールを最後に紹介します。

自社開発への転職を考えるならポテパンキャンプがおすすめ

年齢制限なし
受講期間3~4ヶ月(コースによる)
受講体系オンライン
場所どこでも可能
言語Ruby

ポテパンキャンプは卒業後の転職先として、自社開発のみを紹介してくれる唯一のプログラミングスクールです。

ポテパンキャンプにはいくつかコースがありますが、以下の2コースであれば、ポテパンキャンプを通しての転職で全額キャッシュバックを受けられます。

唯一、難点としては、ポテパンキャンプで授業を受けるためには、プログラミングテストの事前課題をクリアーする必要があります。

とはいえ、キャッシュバックがある上に自社開発企業への転職支援をしてくれるのは、素晴らしいですよね。

より詳しく説明を聞きたい方に向けて無料の相談会も実施しているので、ぜひ参加してみましょう。

\ CHECK NOW /

=> ポテパンキャンプの公式サイト

もう少しポテパンキャンプについて詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しくまとめているので、合わせてご覧ください。

プログラミングスクールに通うか迷うなら一度相談してみよう

ここまで読んで「プログラミングスクールの転職先でSESも悪くないけど自社開発企業も捨てきれない…」という人も多いですよね。

そんな方は、やはり一度無料相談を活用すべきと言えます。

ネットだけでは、どうしても得られる情報が限られます。一度話を聞いて「本当に自分に必要か?」を判断するのがいいでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

結果的に通わない選択をしても納得感が大きく変わるよ!

無料相談を申し込むためのリンクを以下に貼るので、ぜひカウンセリングに参加してみましょう。

\ CHECK NOW /

=> ポテパンキャンプの公式サイト
たかひろのアイコン画像たかひろ

他にもプログラミングスクールを使い倒すためのノウハウを以下の記事に書いているので要チェック!

まとめ:プログラミングスクールの転職先はSESが多いが自社開発の選択もあり!

ここまでの記事のポイントをまとめます。

  • プログラミングスクールの転職先はSESが多い
  • SESはイメージほど悪い選択肢ではない
  • 自社開発を目指すならポテパンキャンプに行く

ここまで、プログラミングスクールの転職先はSESが多い理由から自社開発企業に行く方法までまとめました。

SESは決してイメージほど悪い企業ばかりではありませんが、自社開発のやりがいも非常に大きいものがあります。

自社開発企業への転職をぜひ目指したい!という人は、無料でノーリスクなので、ぜひ一度ポテパンキャンプに相談してみてください。

ポテパンキャンプの公式サイト:自社開発企業のみを転職支援

【エンジニア転職を成功させる】

  • ブラック企業には行きたくない
  • わからないことだらけでサポートが欲しい
  • 未経験でも企業はちゃんと選びたい

未経験からエンジニア転職を実現するためには、自分に合った転職サイトを使うべきです。

webの評判が良くても未経験者にはおすすめできない転職サイトも数多くあります。

その中で、僕が「実際に使った」転職サイトのうち、未経験者におすすめのサイトだけピックアップして解説します。

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる