プログラミング書籍は入門者には不要!挫折しない超効率学習方法とは?

プログラミング書籍は入門者には不要!挫折しない超効率学習方法とは?

プログラミング学習にあたって「どの書籍で始めるのがいいのだろう?」と疑問に思いますよね。

しかし、経験上、プログラミングの学習で最初から書籍で学習するのは、あまりいい手段ではありません。

書籍で学習するのがダメ!というわけではなく、学習レベルに応じて書籍は使うべきであり、何も知らない状態から書籍で学習すると挫折してしまう可能性が非常に高いでしょう。

今回は、「プログラミング学習入門者は書籍ではなく他の学習方法を検討したほうが良いのではないか」という内容でお話していきます。

目次

プログラミング入門に書籍は不要【経験談】

基本的にプログラミングで新しい分野で学習する際に、書籍から入るのは学習方法としてはあまり良くありません。

例えば「PHP完全理解」や「Ruby on Railsで作るWebアプリケーション」といったような特定技術の解説本でさえ、動画学習で手を動かしながら学ぶほうが効率がいいです。

書籍は挫折しやすい

プログラミング学習において最初から書籍で学習するとおそらく挫折するでしょう。

理由は単純で、プログラミングの書籍は分厚いものが多く終わりが見えないためです。

例えば、比較的入門者向けの書籍を紹介してみましょう。

気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる! → 328ページ
現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド → 480ページ
Webサーバを作りながら学ぶ 基礎からのWebアプリケーション開発入門 (Software Design plus) → 304ページ

もちろんこれらは初心者向けに作られているため、比較的理解はしやすいです。

しかし、理解しやすいとは言ってもプログラミング学者初心者にとっては、よく意味のわからないことが大量に書かれています。

300~400ページのわからないことが、山ほど書いてある書籍を最後までやりきるだけの精神力を持つのは、正直難しいと思われるのではないでしょうか。

プログラミング学習においては最初から完璧を目指すのではなく、「よくわからないけどとりあえず動いた」ことを体験する学習の方が効率としては高いのです。

体系的理解 < プログラミングへの慣れ

そうは言っても書籍であれば体系的な理解ができるから、書籍の方が良いと思われるかもしれません。

確かに体系的理解といった面では、実際に動かす学習よりも書籍で学んだ方が体系的なのは確かです。

しかし、”プログラミングの定着という観点”で見れば、やはり動画学習やプログラミング学習サイトで学習した方が良いと思われます。

学習のピラミッド理論という記事をご存知でしょうか。

米国大学・研究図書館協会に掲載された記事によると、本等で知った情報は2週間後には10%しか覚えておらず、実際に自分が体験したことは75%覚えているという内容が記載されています。

画像
出典: Tales of the Undead…Learning Theories: The Learning Pyramid
(https://acrlog.org/2014/01/13/tales-of-the-undead-learning-theories-the-learning-pyramid/)

仮に本を通して体系的理解ができたとしても、体験しない限りは10%しか頭に残らないのです。

体験を重視した具体的な学習方法については、下記の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
プログラミング学習の始め方講座!初心者でも挫折知らずの学習方法とは
プログラミング学習の始め方講座!初心者でも挫折知らずの学習方法とはGoogleで「プログラミング 始め方」と検索すると数多くの学習方法がヒットします。しかし、どの学習方法も抽象的な内容が多く「結局何から始めていいのか具体的な手順が...

プログラミング書籍を購入するタイミングと購入のポイント

プログラミング書籍は初めての学習で使用するのは、あまりおすすめできません。

しかし、実際にエンジニアから見てもすごいエンジニアの方は、ほぼ確実にプログラミング書籍を教科書として学習しています。

では、書籍を利用して学習するタイミングはいつなのでしょうか。

学習本はチュートリアル後に始める

入門者向けの学習に関しての本は一通り言語のチュートリアルを終えてから進めるのが良いでしょう。

それぞれの言語では、初心者向けに動かして学習するチュートリアルを用意してくれます。

有名なチュートリアルは下記のようなものがありますね。

Rails Tutorial (Ruby on Railsのチュートリアル)
Laracasts (Laravelのチュートリアル)

英語のチュートリアルに抵抗がある方はprogateなどを使うのも1つの手段でしょう。

他にもUdemyの動画学習講座で受講するという手も有効な方法の一つでしょう。

画像
出典: udemy


学習本の購入は実際に足を運んで選ぼう

プログラミングの学習本を選ぶ際のポイントとしては、実際に本屋に足を運んで選ぶということです。

今やネットで調べれば数多くのおすすめ書籍が出てきますが、実際に試し読みをしてみた方が「自分が最後までできそうか」を見るという点で非常に役に立ちます。

本のページ数やレイアウト、書いてあるコードの量や文字数など、「なんとなくできそう」と感じることが大切です。

アメリカの心理学者であるEdwin Lokieによると、設定する目標が

・目標が具体的である
・挑戦欲をかき立てること

の2つの原則を満たしていると達成率が90%以上になることを示しています。

自分が「挑戦欲をかき立てるられる本」を「最後までやり遂げる」ことを目標に設定したとすると、いかに「挑戦欲をかき立てる本」を見つけるかが大事ということがわかります。

具体的な学習方法は下記に記載しているので、書籍と動画学習を上手く組み合わせながらプログラミング学習を進めていきたいところですね!

あわせて読みたい
プログラミング学習の始め方講座!初心者でも挫折知らずの学習方法とは
プログラミング学習の始め方講座!初心者でも挫折知らずの学習方法とはGoogleで「プログラミング 始め方」と検索すると数多くの学習方法がヒットします。しかし、どの学習方法も抽象的な内容が多く「結局何から始めていいのか具体的な手順が...

関連記事

コメント

コメントする

目次