次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

新卒からエンジニア経験1年で転職したら50万円年収が上がった話

こんにちは、当ブログを運営しているたかひろです。

僕は、新卒からエンジニアをしていますが、過去に2度の転職を経験しています。それぞれ理由はありますが、一般的な転職理由とそう変わるものではないです。

  • もっと技術力をつけたい
  • 早くに稼げるようになりたい
  • 家庭の事情

しかし、そんな一般的な理由でも、エンジニア経験1年で年収を50万円アップさせることができた(しかも東京→大阪の転職)ので、今回はその体験談をお話します。

目次

新卒当時の様子と転職のきっかけ

僕は元々関西出身で、就職で東京に出てきました。

一般的なエンジニアなので、1日の半分以上はコーディングをしていますし、デスマーチもないホワイトな環境でした。

世間から見ると優良企業と言われる企業でしたが、わずか1年で退職することになりました。

転職のきっかけは家庭の事情

まず、最初に転職を考え始めたのが、祖父が認知症になったというニュースでした。

正直に言うと、わざわざ自分が帰る理由もなかったのですが、

  • もしものことがあった場合に近くにいた方が良い
  • 母親への負担が大きくなるのでサポートできた方が良い

といったことを考えると「帰るのもありかな。。」というのを感じました。(当時、東京で孤独感を感じていたのもあると思います)

とはいえ、このとき転職するか気持ちは迷っていましたが「転職してもまだ経験1年だし選択肢も少ないだろう」と思っていました。

技術に対しての強いコンプレックス

本気で転職を考えたわけではなかったものの、元々ずっとその会社にいるつもりはなく、先輩がフリーランスとして活躍していることもあり「いつかは自分も…」という思いは常に持っていました。

そのときに感じたのが「経験1年で自分はどこまで成長できたんだろうか?」という不安でした。

元々、僕は大学時代に全くプログラミングができずものすごく嫌いだったという背景もあり、技術的コンプレックスは人一倍強いです。

そうすると、些細な不安は徐々に大きくなっていきます。

  • 1年働いたけど自分の理想に全然届いていない
  • 調査案件が多いこともありコーディングスキルが本当についているのか?
  • 自分が触れる技術も限定されているので、幅を広げないと…

これらのことを考えたときに、”転職”という選択肢が徐々に現実的な選択肢になっていきました。

転職の自信は正直なかった

上記の通り、技術的コンプレックスが強いことや1年しか経験していないこともあり、「本当に自分でも転職できるのか?」という思いがありました。

特に東京→大阪と転職するので、

  • 今よりも年収が下がるのではないか?
  • 技術的にも大阪の方がレガシーなのでは?

という思いが払拭できずにいました。今でこそコロナの影響でフルリモートの会社は増えましたが、当時はリモートOKの会社も決して多くはありません。

しかし、その中でも転職活動を始めよう!と思えたのは、「転職するかはわからないけど転職サイトに登録しておくか。。」くらいの軽い気持ちで登録したところ、魅力的な企業が数多く見つかったためです。

カジュアル面談を繰り返すうちに「意外となんとかなるのでは?」という感覚を掴んでいけたので、転職サイトにとりあえずでも登録しておくことはおすすめです。

【若手エンジニアにおすすめ】目的別 ”使える” 転職サイトを紹介

初めての転職活動は右も左もわからなかった

エンジニア経験1年で転職活動を始めることになりましたが、正直何から始めればいいか全くわかりません。

当時の職務経歴書を見直してみましたが、今だと赤ペンでたくさん指摘を入れたいところです(笑)

その中でも、自己分析だけはきっちりしておいてよかったなと思います。

ストレングスファインダーで自分の強みを明確化する

ストレングスファインダーという本をご存知でしょうか?(無料だとエニアグラムが有名かもしれません。)

簡単に言うと、200問くらいの質問に答えると、34個の強みの中からTOP5の強みを出してくれる診断です。

これを元に、自分の強みを言語化できると過去の経験となんとなく紐付けることができます。僕は「個別化」という才能が最大の強みだそうで、

個別化が生きた経験

→ インターン生の教育が良かったようで入社が決まった

→ 開発チームの役割変更の提案を行い、効率をアップさせた

といった経験を事前に分析できていたことで、転職エージェントの方や面接官の方に自分の強みをアピールできました。

その結果、書類選考はいくつか落ちましたが、面接通過率は8割を超えました。転職エージェントへ相談もいいですが、自己分析は必須だな…と今でも思います。

職務経歴書だけは転職エージェントにサポートしてもらうのがおすすめ

もう1つ感じたことが、職務経歴書は転職エージェントの方に見てもらった方が良かったな…とも思っています。

自分の中では良い書きっぷりだったと思っていても、他の人から見ると

  • 「具体性がなさすぎてわからない」
  • 「この経験で何を得たの?」

などなど、ツッコミどころまみれです。

特にエンジニアの方は、こうした事務手続き的な作業は苦手な人が非常に多いです。

客観的な目線で見てもらった方が、確実に書類選考は通過できます。

初めての転職でも大丈夫だぜ!と自信満々な人ほど、添削を受けてみてください。エージェントにもよりますが、結構突っ込まれます(笑)

経験1年で転職しても全然大丈夫!自分の軸だけしっかり持とう!

結果的に経験1年で転職することになりましたが、総合的に見ると

  • 東京→関西でも年収50万円アップ
  • Python, Goなどの経験も積める職場へ転職
  • 入社1年でチームのリーダー経験

など、キャリア全体で見てもプラスになる転職が実現できました。

転職エージェントの方に話を聞いても「最初から転職を決めて登録する人は意外と少ない」とのことなので、案外気軽に登録してもいいかもしれません。

【若手エンジニアにおすすめ】目的別 ”使える” 転職サイトを紹介

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる