MENU

【13社比較】安いのに質が高いプログラミングスクール厳選3社を紹介

2020 1/31
【13社比較】安いのに質が高いプログラミングスクール厳選3社を紹介

プログラミングスクールは、プログラミング初学者がスキルを身につけるための最も効率的な手段の1つです。

しかし、プログラミングスクールの相場は数十万円と高額なため諦めている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は

  • 安くて質の高いプログラミングスクールを
  • 13社の料金と学習期間を比較して
  • 安いプログラミングスクールの注意点を交えながら
  • おすすめのスクール3社を

紹介していきます。

なお、結論からお話すると今回紹介するプログラミングスクールは以下の通りです。

安くて質の高いプログラミングスクール3選
GEEK JOB
ポテパンキャンプ
TechAcademy

では見ていきましょう。

目次

プログラミングスクールの費用相場は約30万円

おすすめのスクールを紹介する前に、プログラミングスクールの費用相場について見ていきましょう。

今回は価格重視ではあるものの、期間に差があるため1ヶ月あたりの金額も合わせて見ていくことにします。

それでは、実際の価格表を見ていくことにしましょう。

プログラミングスクール13社を比較した価格表

以下がプログラミングスクール13社を比較した価格の一覧表です。

1ヶ月あたりの金額が大きく変わりますが、各社提供しているサービスが大きく違うことを無視して比較していることに注意してください。

価格期間料金/月
GEEK JOB無料3ヶ月無料
ポテパンキャンプ100,000円2ヶ月50,000円
Tech Boost274,200円3ヶ月91,400円
TechAcademy 139,000円1ヶ月139,000円
TECH::EXPERT598,000円2.5ヶ月239,200円
DIVE INTO CODE589,000円10ヶ月58,900円
CodeCamp178,000円2ヶ月89,000円
プログラマカレッジ無料3ヶ月無料
DMM WEBCAMP628,000円3ヶ月209,300円
TECH::CAMP177,600円3ヶ月59,200円
侍エンジニア塾168,000円1ヶ月168,000円
ELITES350,000円4ヶ月87,500円
ITCE Academy無料1ヶ月無料
平均(無料除く)303,380円3ヶ月119,150円

カリキュラムの内容やそれぞれのコースの目的が異なるので一概には言えませんが、

  • 1ヶ月の平均受講料・・・約12万円
  • 全期間の平均受講料・・・約30万円

とやはり高額なことがわかります。

したがって、「安いプログラミングスクール」について考えたときに以下を目安として考えることにします。

安いプログラミングスクールの目安
  • 全期間の受講料・・・20万円以内
  • 受講期間・・・2ヶ月以上
のアイコン画像

エンジニア転職を目指すなら約3ヶ月の学習期間を設けることをおすすめするよ!

安さと質を兼ね備えたプログラミングスクール厳選3社

それでは、ここまででお話したように

  • 価格は20万円以内
  • 受講期間は2ヶ月以上(できれば3ヶ月以上)

という基準で安いけど質の高いプログラミングスクールを紹介します。

今回、紹介するプログラミングスクールは以下の3つです。

安くて質の高いプログラミングスクール2選
GEEK JOB・・・20代は完全無料
ポテパンキャンプ・・・選抜コースなら全額キャッシュバック
TechAcademy・・・豊富なコースを低価格で受講可能

20代なら完全無料で受講可能:GEEK JOB

価格無料
年齢20代
学習期間1〜3ヶ月
場所四ツ谷/九段下(通学・オンライン可)
質問可能時間10~18時
言語PHP/Java/Ruby

もし、あなたが東京都内に住んでいてエンジニア転職を考えているなら、GEEK JOBは最有力候補になります。

GEEK JOBは20代で通学が可能であれば、完全無料で受講することができます。

なぜ無料でスクールに通えるの?と思われる方は「無料のプログラミングスクールはおすすめできるか?」をご覧ください

GEEK JOBの強みは完全無料である他に95.1%という高い転職率を誇っていることです。

プログラミングスクールに通う人は本当に様々で、「フリーター」「営業」「文系出身」などバックグラウンドは様々です。

その中でも95.1%の転職率を誇る(今は97.8%だそうです)転職支援にも強みがあると言えます。年齢制限はありますが、条件に当てはまる人は第一候補のスクールになります。

希望者は無料で1日受講体験もできるので、都内にお住みの方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

公式ページにも記載されていますが1日体験後に勧誘ありません

GEEK JOBの公式サイト

のアイコン画像

学習期間もレベルに応じて対応できるのもおすすめポイント!

選抜コースなら全額キャッシュバック:ポテパンキャンプ

価格10万円
年齢制限なし
学習期間2ヶ月
言語Ruby

続いて、ポテパンキャンプも非常におすすめできるプログラミングスクールです。

ポテパンキャンプには複数のコースがあり、オープンクラスは10万円で受講することができます。(選抜コースならポテパン経由で転職すれば実質無料)

ポテパンキャンプの魅力は価格が安いにも関わらず、メンターのレベルが高くオープンクラス以外のコースには選抜があります。

選抜も形だけではなく、実際かなり落とされるみたいですね。

逆に言うと、それだけレベルの高い人に対して、きっちりスキルをつけてもらうことを重視したカリキュラムを提供しているといえます。

価格もプログラミングスクールの中ではかなり安いので、一度以下のリンクから無料相談で不安点を質問してみてはいかがでしょうか。

ポテパンキャンプの公式サイト

TechAcademy

価格189,000円
年齢制限なし
学習期間8週間
受講形態オンライン
言語PHP/Java/Ruby/Swift/Python…

最後におすすめなのがTechAcademyです。

TechAcademyはコースの数が多く、磨きたい分野がはっきりしている人には、希望のコースが低価格で受けられます。

コースの一例を挙げてみると

TechAcademyのコース一例
  • Webアプリケーションコース
  • iPhoneアプリコース
  • AIコース
  • ブロックチェーンコース
  • etc…

など、ここまで幅広く受講できるスクールは他にないですね。

さらにTechAcademyの特徴として挙げられるのが、授業を無料体験することができる点です。

無料カウンセリングをしているスクールは少なくありませんが、無料体験まで実施しているスクールはほとんどありません。

興味のある人はぜひ参加してみてください。

TechAcademyの無料体験ページ

安いプログラミングスクールの必ず見るべき3つのポイント

価格が安いプログラミングスクールは、その分質が低いのでは?と思われますよね。

当然ですが、価格を下げている分、高額なスクールと比較するとサポート体制は劣っていることが多いです。

一例を挙げてみると、高額なスクールと比較すると価格の安いスクールは以下のような特徴があります。

価格の安いスクールの特徴
  • サポートが薄く十分に疑問を解消できない(開講時間が短い)
  • 広告が少なく認知度が低い
  • 教材がアップデートされない
  • オフラインの教室が存在しない
  • 短期間のコースが多い

しかし、この中でも以下の2点に関しては特に気にしなければなりません。

  • サポートが薄く十分に疑問を解消できない
  • 教材のアップデートや新しい分野の講座が増えない

サポートが薄ければスクールに通う意味も半減しますし、変化が激しい業界の中で講座がアップデートされないのは致命的です。

したがって、価格の安いプログラミングスクールを選ぶ際には以下の点を確認して選ぶ必要があります。

価格が安いプログラミングスクールの確認項目
  • 講師・メンターが現役エンジニアか
  • カリキュラムが最新の技術を取り扱っているか
  • 授業形態/質問可能時間

講師・メンターが現役エンジニアか

プログラミングスクールを選ぶ上で最も大切と言えるのが、講師やメンターが現役のエンジニアの場所を選ぶことです。

なぜなら、一部のスクールでは講師が現役のエンジニアではなく、スクールの卒業生が雇われているケースがあるためです。

しかし、現役で働くエンジニアから学べることは非常に多く、以下のようなちょっとした知識も教えてくれます。

些細なことかもしれませんが、実際のエンジニアに話を聞くことで学習のモチベーションも上がりやすくなります。

ポテパンキャンプはメンターであるエンジニアのレベルも高く、おすすめできるスクールと言えます。

ポテパンキャンプの公式サイト

のアイコン画像

メンターが現役エンジニアだと面接のアドバイスももらえておすすめ!

カリキュラムが最新の技術を取り扱っているか

続いて、有名なプログラミングスクールなら基本的に問題ないですが、カリキュラムの内容が最新技術を教えてくれるかは確認しておきましょう。

一例を挙げてみると、以下のような内容だとカリキュラムの鮮度としてはおよそ大丈夫と言えます。

カリキュラムに含まれていてほしい技術
  • Git
  • PHP (Laravel, CakePHP)
  • JavaScript (Vue.js, React,js, Angular 2, jQuery)
  • Ruby on Rails
  • Java (SpringBoot)
  • DB (MySQL, PostgreSQL)

そしてエンジニアの市場価値を高めるためには、最新の技術を学ぶことが最も手っ取り早いです。

しかし、一部の無料のスクールでは、今から学ぶ必要の薄い古い技術をカリキュラムで提供している場合があります。

したがって、自分が行くことを検討しているスクールのカリキュラムは古い技術でないか?は確認しておきましょう。

授業形態/質問可能時間

最後に、授業形態や質問可能な時間も見逃してはいけません。

価格の安さを優先するのであれば、基本的にオンラインのプログラミングスクールに通うことを考えるべきです。

なぜなら、オフラインということは、教室の維持費がかかるため料金も高くなる傾向にあります。

無料スクールはビジネスモデルが他のスクールと違うためオフラインを選んでもOKです!

教室の維持費に大事な受講料を取られるよりも、生徒のサポートにお金を回してくれていた方が嬉しいですよね。

価格が安い中でも、質問に答えてくれる時間が長いスクールを選んでいきましょう。

のアイコン画像

余裕があれば「質問⇒回答」にかかる時間も無料相談で確認しておきましょう

無料のプログラミングスクールはおすすめできるか?

価格の一覧表を見て気づかれたかと思いますが、価格が無料のプログラミングスクールも存在します。

しかし、無料のプログラミングスクールは質が低いのでは?と心配される方も多いですよね。

結論からお話すると無料のプログラミングスクールは転職を検討されるなら最良の選択肢になりえます。

無料プログラミングスクールが最良の選択肢になりうる理由

無料プログラミングスクールが無料である理由は、一言で言うと転職支援先からお金をもらうためです。

以下の図を見ていきましょう。

この図のように無料のプログラミングスクールは、スクールの卒業生をIT企業に紹介することで人材紹介料を受け取っているのです。

そのため、僕たちは1円も払うことなくスクールでプログラミングを学ぶことができるのです。

しかし、逆に言えばプログラミングスクールを通して転職をすることが必須になるとも言えます。

とはいえ、GEEK JOBなどは500社の中から転職先を紹介してもらえますし、ある程度の選択肢はあります。

「ブラック企業に転職させられるのでは・・・」という不安は無意味であると考えていいのではないでしょうか。

プログラミングスクールの転職支援先について、より詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ:安くて質の高いプログラミングスクールは存在する!

今回の記事のポイントをまとめます。

  • プログラミングスクールの相場は約20万円
  • 無料スクールは転職希望者にはおすすめ!
  • おすすめのプログラミングスクールは以下の3つ

今回は価格の安いプログラミングスクールと選ぶ基準についてお話しました。

プログラミングスクールに通うなら出費は覚悟している…とは言いつつ、やはり価格は押さえたいですよね。

プログラミングスクールは、エンジニア転職ができるスキルを身につけるには、最も良い選択の1つです。

とはいえ、いきなりスクールに通うことを決められないと思うので、まずは以下のリンクより無料相談してみてはいかがでしょうか。

- 本気でエンジニアを目指す人の10週間ロードマップ -

  • 手に職をつけたい・・・
  • プログラミング学習に挫折した・・・
  • 本当に転職できるか不安・・・

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる