gitのalias設定おすすめ一覧!効率的に作業をすすめる手順をまとめます

gitのalias設定おすすめ一覧!効率的に作業をすすめる手順をまとめます

gitはソースコードのバージョン管理をしてくれる非常に便利なシステムです。

便利ゆえに1日に何度もgitコマンドを叩くのがわずらわしく感じられることもあるのではないでしょうか。

今回は、そんな毎回gitコマンドを叩くのすら面倒という人に向けて、おすすめのエイリアス設定をしていきます。

目次

gitのalias設定方法

設定方法は何種類かありますが、基本的には

vi ~/.gitconfig 

のコマンドでgitコマンドの設定を変更してあげれば大丈夫です。こちらのファイルに

[alias]   st = status

のように追記してあげるだけで、エイリアスの設定ができます。

上記のように編集してあげると git st とコマンドを打つと git status と同様の結果が得られることがわかるかと思います。

.gitconfig設定テンプレート

では、実際に僕が運用している.gitconfigの中身を共有していきたいと思います。
上記でお伝えしたように ~/.gitconfig の中身に追記するだけで終了します。

[alias]
  st = status -sb
  ch = checkout
  br = branch
  cm = commit -m
  sh = stash
  df = diff
  cp = cherry-pick
  l = log --graph --date=short --pretty=\"format:%C(yellow)%h %C(cyan)%ad %C(green)%an%Creset%x09%s %C(red)%d%Creset\"
  bra = branch -a -vvv
  save = stash save -u

こんな感じで設定すると各種コマンドが楽に打てるので、便利になります。

さらにgitのalias設定を便利にする

上記では、.gitconfigの設定をしていますが .bashrc を修正することによって、さらに簡単にgitを扱うことができます。

vi ~/.bashrc 

で設定ファイルを開きます。

alias g='git'

alias gl="git l"
alias st="git st"

alias push="git push origin HEAD"
alias pull="git fetch -p && git pull"

これらを追加して

source ~/.bashrc 

してあげると、glコマンドでgitのログが出力されるなど非常に便利ですよ。
自由にカスタマイズして便利なgitをさらに便利に活用していきましょう!

関連記事

コメント

コメントする

目次