次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

クラウドワークスで20万円のプログラミング案件を獲得した4ステップ

プログラミングで副業をしたい人にとって、クラウドソーシングは最初の一歩として最適な方法になります。

そして数あるクラウドソーシングサイトの中でも、日本最大級の規模を誇るクラウドワークスも選択肢の1つに入るでしょう。

しかし、クラウドワークスで案件を獲得しようと考えても

  • 応募者の数が多すぎて案件が取れない
  • 提案文をたくさん書くのが面倒
  • 手っ取り早く稼げる仕事を取る方法が知りたい

といった思いがあるかと思います。

そこで今回は、過去にクラウドワークスで20万円の案件を獲得した経験を元に、クラウドワークスでプログラミング案件を獲得する方法についてお話します。

ちなみに過去に20万円の案件を獲得した証拠は以下になります。

出典: CrowdWorks
目次

クラウドワークスで仕事を取るために必要なスキルセット

まず、クラウドワークスでプログラミング案件を確保するために必要なスキルですが、HTML+CSS+jQuery(+PHP)が最低限のスキルになります。

これらのスキルセットを身につけることによって以下のような案件を確保できます。

  • サイトの見た目部分のコーディング(HP作成)
  • LP(ランディングページ)の作成

HTML+CSS+jQueryで取れる案件の具体例

では、上記のスキルセットで取れる案件の具体例を見ていきましょう。

出典: CrowdWorks

上記のようなLP作成の案件では、HTML+CSSのスキルで対応可能です。

しかし、応募する際の注意点として、このような見た目のレイアウトを整えるような案件は応募者が多い傾向にあります。

したがって、クラウドワークスで仕事を確保するためには、プログラミングスキルと同じかそれ以上に営業スキルが必要になります。

プログラミングスキルと営業スキルが必須

例えば以下の案件を見てみましょう。

出典: CrowdWorks

応募人数が46人となっていますが、これだけの人数の中で、あなたの提案が受け入れられることは難しいでしょう。

この案件の応募人数は少し異常ですが、HTMLやCSSのコーディングに関する仕事は少なくとも10人は応募者数が存在します。

その中で仕事を獲得するためには、あなたの提案が受け入れられなければなりません。

提案が受け入れられるためには相手からの信頼を獲得することが一番になります。詳しい解説は以下の記事でしているので合わせてご覧ください。

クラウドワークスでプログラミングの仕事を確保する4ステップ

では、クラウドワークスでプログラミング案件を確保するまでの流れを見ていきましょう。

ステップ1: クラウドワークスに登録する

出典: CrowdWorks

まずは、クラウドワークスに登録します。

登録は非常に簡単で、こちらのリンクから右上の会員登録のボタンか中央の「会員登録」ボタンから会員登録を行います。

3分ほどで完了する作業なので、サクッと会員登録をしてしまいましょう。

ステップ2: 受注実績を作る

クラウドワークスに登録が完了したら、簡単な仕事を通してクラウドワークスの仕事の流れを体感してみましょう。

面倒だと思われる方は飛ばしても構いませんが、少しでもクラウドワークスを通して仕事をしている人の方が仕事を獲得できる可能性が上がります。

なぜなら、CrowdWorksでは仕事の「受注実績」と「評価」がそれぞれのワーカーにつくためです。

出典: CrowdWorks

受注実績が多いほど仕事の依頼者から信頼されますし、評価が高いほど仕事も取りやすくなります。

したがって、まずはプログラミング以外の案件でもいいので受注実績と評価を作っておくといいでしょう。

最初にやっておくといい案件の例としては

  • 5分ほどでできるアンケートのタスクをこなすことで受注実績をつける
  • 簡単なデータ入力の案件で評価を増やす

などの方法で仕事をいくつか終わらせておきましょう。

ステップ3: プログラミング案件を探す

では、ステップ2で仕事の流れが把握できたらプログラミングの案件を探していきましょう。

プログラミングの案件を探すポイントは以下の3つを目安とするといいでしょう。

  • 自分ができそうな仕事である(8割イメージがつく)
  • 仕事の応募者が10〜15人以下
  • 他の応募者で自分より優れていると感じる人が3人以下

1つずつ見ていきましょう。

自分ができる仕事か

まず、自分が応募できそうな仕事かどうかを判断するために、「その仕事の8割をイメージできるか?」を基準にしてみるといいでしょう。

例えば、LPのコーディング案件で以下のようなケースが受注しても大丈夫と判断できます。

HTMLとCSSは大丈夫だと思うけど、jQueryでのアニメーションが多いとできるか不安だな。
でも、今回の仕事を見るとアニメーションはあまり多くなさそうだし、自分が実装したことのありそうな動きだからなんとかなりそう。

このように仕事と今のスキルセットを踏まえて、仕事を進められそうかイメージを持てるかを考えてみましょう。

仕事の応募者が10〜15人以下

仕事の応募者が多いと、それだけあなたの提案が受け入れられる可能性が低くなります。

実績がない状態で人気案件に応募しても実績のある人に勝てません。

したがって、まずは実績作りもかねて応募者が10人前後の案件から仕事を取るのがいいでしょう。

他の応募者と比較する

仕事を取ることを考えると応募人数に目が行きがちですが、他にどんな応募者がいるかを見ておくことも重要です。

なぜなら、例え応募者が3人しかいなくても、そのうちの1人が実績もスキルも評価も高いとなると仕事が受けられる可能性はほぼ0になるためです。

したがって、自分が応募しようとしている仕事の中で「明らかにこの応募者には誰も勝てない」と思うような人がいれば、その仕事は避けた方がいいでしょう。

とは言っても、他の応募者と自分を比較しすぎて仕事に応募できないとなっては意味がないので、明らかに飛び抜けている人がいない限りは応募すると考えてください。

具体的には以下のような人です。

  • PRO CroudWorker TOP classの人
  • 受注実績が100件を超える人
  • プロフィールにプログラミングの技術がずらっと並んでいる人

応募する

では、プログラミング案件を探せたら仕事に応募していきましょう。

仕事に応募する際には提案文をできるだけ丁寧に書く必要があります。

なぜなら、提案文を書くのは誰もが面倒に感じるため、丁寧な提案文はそれだけで目を引くことができるためです。

具体的な提案文の書き方については以下の記事でまとめているので、合わせてご覧ください。

まとめ

ここまでのポイントをまとめます。

  • 仕事を取るためのスキルセットはHTML+CSS+jQuery
  • 仕事を取るためには営業スキルも必須
  • 案件を取るためには敵の少ない仕事を攻める
  • 応募の提案文は丁寧に書く

クラウドワークスでは、よく稼げないと言いますが、慣れれば時給2000〜3000円くらいの仕事を取ることは十分に可能です。

特にプログラミング案件は最近人が増えてきたとは言え、きちんとした実績を持っている人は少ない印象です。

だからこそ、提案文などの細かい部分で差がついて仕事を取れたりします。まずは、クラウドワークスを通して簡単な仕事を取ることから始めてみるといいでしょう。

【安定して副収入を得る】

  • 副業の仕事が取れない
  • クラウドソーシングは競合が多くて割にあわない
  • 単発案件ばかりで収入が安定しない

そのような方は、仕事の探し場所を変えるだけで「同じ労力」で「倍以上」収入を稼げる可能性があります。

なぜなら、本業でないからか、稼ぐための基礎ができていない人が多いためです。

ここでは「競合のいない仕事の見つけ方」「継続的に5万円を稼ぐ考え方」など、安定的に副業で稼ぐ方法を解説します。

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる