次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

【学割・無料あり】大学生におすすめのプログラミングスクール3つを厳選

  • プログラミングスキルを身につけて就活に役立てたい
  • バイト代わりにプログラミングで稼ぎたい

このように考え、プログラミングスクールに通うことを考える大学生も多いですよね。

しかし、プログラミングスクールは高額ですし「そもそも本当に必要なの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

そこで今回は、今は現役エンジニアであり、学生時代にはプログラミングで時給3000円を実現していた僕が、

  • プログラミングスクールに通うべき大学生
  • 就活で受けのいいプログラミングスクール経験をアピールする方法
  • 大学生におすすめのプログラミングスクール

について解説していきます。

結論からお話すると今回紹介するプログラミングスクールは以下の3つです。

大学生におすすめのプログラミングスクール

  • GEEK JOB【最安でプログラミングを学べる】
  • TechAcademy【稼ぎやすいWordPressのコースあり】
  • SkillHacks【回数無制限の質問対応あり】

それでは見ていきましょう。

目次

プログラミングスクールに通うべき大学生は「周りと差をつけたい人」

大学生がプログラミングを学習するメリットは数多くあります。

情報系の学生でも、プログラミングができる人は10人に1人くらいしかいません。逆に言えば、プログラミングができるとそれだけで100人に1人の希少性があります。

しかし、新卒採用に関わった経験からお話すると、独学だけでは周りと差をつけることは難しいです。

HTML+CSSでwebサイトを作るのは独学でも十分可能

もし、あなたが「サークルのwebサイトを作りたい!」というレベルを考えているなら、この記事を読む必要はありません。

しかし、以下のようなことを実現しようと思うと独学だけだと厳しい面があります。

  • ログイン機能など本格的なwebアプリケーションの作り方を学ぶ
  • プログラミングで稼げるようになる
  • 就活で高評価を受ける制作物を作る

こちらも詳しく解説していきます。

周りと差をつけるには「周りができないこと」ができるようになること

1人で学習しているとよくあるのが、「自分のレベル」と「求められるレベル」を見誤ることです。

例えば、HTML+CSSを使ってwebサイトが作れるようになると、「自分ってすごいのでは?」「仕事も余裕で取れそう」と勘違いします。

たかひろのアイコン画像たかひろ

採用に関わっていると勘違いしている人は本当に多いよ…

それを防ぐための方法は3つあり、

  • スクールなどで正しいコードの書き方を学ぶ
  • エンジニアと関わって客観的に自分のスキルを知る
  • 足りない技術を挫折せずに学べる環境を手に入れる

ことが重要です。

プログラミングスクールでは、これらの3つが全て手に入る環境のため、周りと差をつけたい!と考える人にはいい選択になるのです。

たかひろのアイコン画像たかひろ

まだスクールが必要か疑問に思う方は以下の記事も読んでみてね!

大学生がプログラミングスクールを就活に役立てる方法2つ

厳しい現実をお話しますが、プログラミングスクールに通うだけでは就活において大きく加点されることはありません。

しかし、プログラミングスクールに通うことで、得られるメリットがゼロというわけではありません。

プログラミングスクールに通った実績を元に、アピールポイントを作れば就活でも高評価を受けることができます。

では、どんなアピールポイントが作れるかかというと、大きく以下の2パターンが考えられます。

プログラミングスクールの実績から作れるアピールポイント
  • IT企業のインターンで錯覚資産を作る
  • プログラミングで稼いだ経験を作る

IT企業のインターンで錯覚資産を作る

プログラミングスクールに通って成果物を作れば、IT企業のインターンにも参加しやすくなります。

そして、そのインターンの経験は、(有名企業の場合はさらに)就活をする上でも大きなアピールポイントになるでしょう。

「Googleのインターンを経験しました」と言うと面接官からも受けが良さそうですよね

では、プログラミングスクールが、どれほどインターン参加に効果がありそうか、メルカリの例を使って考えてみます。

出典: メルカリ

上記の必要条件で技術的な内容を抜き取ると以下のようになります。

  • プロダクト開発・運用を行った経験
  • Goまたは、PHPを使ってのウェブアプリケーションの設計、開発、運用経験
  • DB(RDB, NoSQL, etc.)設計及び、効率的なクエリ作成経験
  • トラフィックを考えた大規模サービスを設計、開発、運用していく力

インターンシップと言えど、かなり高いレベルが求められます。(他企業のインターンはもう少し条件が緩いです)

しかし、これらの4つの項目のうち、プログラミングスクールで成果物を作れば上2つはクリアーできます。

インターンに参加できれば、就職にも有利になります。間接的ではありますが、スクールは就職に役立てることも可能ということがわかりますね。

たかひろのアイコン画像たかひろ

スクールの実績を生かしてさらに実践的な実績を作ろう!

プログラミングで稼いだ経験も就職活動の役に立つ

また、技術的に難易度がそれほど高くなかったとしても、プログラミングの仕事で稼いだ経験は就職活動に役立ちます。

なぜなら、プログラミングの仕事を1人で取って稼ぐには、プログラミングスキル以外にも様々なスキルを必要とするためです。

一例を挙げてみると以下の通りです。

プログラミングの仕事で稼ぐためのスキル
  • 仕事で稼げるレベルのプログラミングスキル
  • 仕事を探す検索能力
  • 仕事を獲得する提案力
  • きちんと対価を請求する力

これらのスキルを獲得するためにも、プログラミングスクールで「稼げる技術を学ぶ」ことが必須です。

プログラミングで稼ぐ経験は、あなたが思っている10倍は企業にとって価値があることなので、ぜひ意識しましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

学生でプログラミングで稼いでるだけで上位1%の希少価値はあるよ!

大学生がプログラミングスクールに通うなら「稼げる言語」を「短期集中」で学ぶ

では、大学生がプログラミングスクールを選ぶにあたっての基準についてお話します。

選ぶべき基準を解説すると以下のようになります。

大学生が選ぶべきプログラミングスクールの基準
  • 「PHP」or「Ruby」が学習できる
  • 3ヶ月以内で学習が完了する
  • おまけ:価格は15万円以内を目安にする

「PHP」or「Ruby」が学習できる

大学生がプログラミングスクールに通うなら、PHP・Rubyのいずれかが学べるスクールをおすすめします。

ざっくりとPHP・Rubyを学習するべき大学生は以下のとおりです。

  • PHP・・・バイト代わりに稼ぎたい。WordPressが学べれば◎
  • Ruby・・・ベンチャーのインターンに参加したい

特にどちらがいいというこだわりがなければ、個人的にはPHPをおすすめします。

なぜなら、稼ぎやすいのは圧倒的にPHPであり、Rubyには劣るものの、ベンチャーのインターンにも参加できる可能性は十分あるためです。

技術の根幹の部分は似ているので、どちらも応用は効きますが、あえて1つ選ぶならPHPが無難な選択になるでしょう。

3ヶ月以内で学習が完了する

大学生がプログラミングスクールに通うなら短気集中で取り組むべきです。

なぜなら、短気集中で学習を進めることにより、以下のようなメリットがあるためです。

  • 金銭的に安く抑えやすい
  • 挫折する前に習得しやすい

短期間だと価格を抑えやすい

まず、短期集中の方が低価格に抑えられる傾向にあります。一例として、TechAcademyの料金表を見てみます。

  • 4週間プラン・・・129,000円
  • 8週間プラン・・・159,000円
  • 12週間プラン・・・189,000円
  • 16週間プラン・・・219,000円

これらは全て同じコースですが、期間が長くなるにつれて金額が高くなることがわかります。

期間が長くなるとメンタリングの回数が増え、スクールの負担も大きくなります。その分価格も高くなるというわけなのです。

短期間だと挫折する前に習得しやすい

プログラミングの学習間隔を開けるほど「前まで何してたっけ?」と学習の度に経験することになります。

これは本当に効率悪くて、特に初心者のうちは「前やったはずなのにこのエラー忘れた…」ということが何度もあります。

これを防ぐためにも、新たに学んだ内容について短期記憶を繰り返して早めに長期記憶に入れるようにしましょう。

短期記憶・・・短期間だけ覚えている記憶。一方、長期間覚えている記憶は長期記憶と呼ばれる

事実、長期記憶を効率的よく形成するには、短期間に頻繁に学習したほうが効率がいいことは科学的にも証明されています。

大学生は時間に余裕があるからこそ、短期間に集中して学習するべきと言えるのです。

たかひろのアイコン画像たかひろ

例えば夏休みは本気で勉強する!というのもありだと思うよ!

おまけ:価格は15万円以内で考える

大学生がプログラミングスクールを通うにあたって、避けては通れないのが価格です。

とは言え、大学生にそれだけのお金を用意することは現実的に難しいので、価格が15万円以内のスクールを探しましょう。

なぜ、15万円以内か?と言われると、分割払いなら月々5,000円程度で通うことが可能だからです。

月々に5,000円であれば、仮に失敗したとしても取り返しがつきますし、投資する価値は十分にあると判断できます。

選択肢も決して少ないわけではないので、1つの基準として考えるのがいいでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

価格は7万円以内のスクールもあるので検討する価値は十分あるよ!

【目的別】大学生におすすめのプログラミングスクール厳選3つ

それでは、「学割がある」もしくは「大学生を対象としたプログラミングスクール」の中でおすすめできるスクールについてお話します。

今回、比較したプログラミングスクールは以下の8社です。

スクール名金額期間割引率
Cryptech Academia264,000円3ヶ月
侍エンジニア塾151,200円1ヶ月10%
TechAcademy129,000円1ヶ月11%
Aidemy420,000円3ヶ月12.5%
KENスクール148,800円3ヶ月20%
Tech Boost237,200円3ヶ月14%
GEEK JOB無料 or 66,000円2ヶ月50%
SkillHacks69,800円無期限

そしてこの中でも特におすすめできると感じたプログラミングスクールは以下の3つです。

大学生におすすめのプログラミングスクール

  • GEEK JOB【最安でプログラミングを学べる】
  • TechAcademy【稼ぎやすいWordPressのコースあり】
  • SkillHacks【回数無制限の質問対応あり】

大学生なら格安でプログラミングを学べる【GEEK JOB】

受講期間1〜3ヶ月 or 2ヶ月
価格無料 or 66,000円
学習言語PHP/Ruby/Java
受講体系通学
場所四ツ谷/九段下
コロナへの対応

GEEK JOBはコロナの影響を考慮し、現在は無料カウンセリングを含め完全オンラインでの対応が可能です。
外出不要で講義も受講可能なのでご安心ください。

GEEK JOBは就職をGEEK JOB経由で行うなら、完全無料で学習できるプログラミングスクールです。

「完全無料ってどういうこと?」と思われるでしょうが、GEEK JOBが企業に卒業生を紹介することで、その手数料で稼いでいるので僕たちは1円も払う必要がありません。

デメリットとしては、GEEK JOBに登録されている500社にしか就職ができないという点です。

たかひろのアイコン画像たかひろ

もし行きたい企業があるなら無料相談で事前に確認しておこう!

とはいえ、仮にお金を払ったとしても66,000円なので、プログラミングスクールとしては破格です。

ただ、決してクオリティーが低いわけではなく、「就職コース」の就職率は97.8%と驚異的な数字を誇るなど、質の高さも伺えます。

たかひろのアイコン画像たかひろ

フリーターや未経験者が多い中でこの数字は正直すごい…

もし、「無料コース」「有料コース」のどちらに通うべきか迷うという方に向けて、GEEK JOBでは無料カウンセリングも実施しています。

お金がかかるわけでもないので、一度参加してみてはいかがでしょうか。

\ CHECK NOW /

=> GEEK JOBの公式サイト

稼ぎやすいWordPressのコースあり「TechAcademy」

受講期間1ヶ月
価格129,000円
学習言語PHP/Ruby/Java/JS/Pythonなど
受講体系オンライン
コロナへの対応

TechAcademyは無料体験を含め完全オンラインでの対応になります。
外出不要で講義も受講可能なのでご安心ください。

TechAcademyのすごさは、なんといってもコースの多さです。

TechAcademyのコース例
  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • データサイエンスコース
  • etc…

これらのコースが、全て同じ価格で学習可能なので、自分の学びたい内容に合わせて受講することができます。

もし学習するコースに迷うならWordPressをおすすめします

TechAcademyは、今回紹介するプログラミングスクールの中では少し高いですが、これだけ幅広くコースを用意できるスクールは他にありません。

また、TechAcademyは通うことを考える方向けに、1週間無料でコースの受講体験をすることができます。

無料体験会は実施しているスクールも少ないので、ぜひ一度参加してみましょう。

回数無制限の質問対応あり「SkillHacks」

受講期間無制限
価格69,800円
学習言語Ruby
受講体系オンライン

SkillHacksは、「Ruby on Railsの基礎まで」と内容は少なめですが、69,800円で受講が可能です。

この価格は普通のプログラミングスクールだと難しいですが、SkillHacksは運営しているのが、個人なのでこの価格が実現できます。

内容が少なめと書きましたが、それでもRuby on Railsで基本的なアプリケーションを作る力は身につきます。

TechAcademyやGEEK JOBと比較すると

  • ボリュームが少し少なめ
  • 学習できる内容が決まっている

など見劣りする部分もありますが、それでも回数無制限の質問ができて、この価格は魅力的と言えるでしょう。

\ CHECK NOW /

=> Skill Hacksの公式サイト

結局どこのプログラミングスクールに通うべきか

結論をお話すると、僕が大学生であればTechAcademyとGEEK JOBの無料体験会に参加するかと思います。

複数のスクールの無料体験に参加するのは、結局スクールの合う、合わないを判断するには体験してみないとわからないためです。

GEEK JOBは、この中でも価格が安いですし、学習期間が2ヶ月としっかりと学習できる点も好印象です。

とはいえ、TechAcademyのWordPress講座も捨てがたいので、価格の違い以上に価値を感じるならTechAcademyに通うことを考えるのがいいかと思います。

大学生におすすめのプログラミングスクール

  • GEEK JOB【最安でプログラミングを学べる】
  • TechAcademy【稼ぎやすいWordPressのコースあり】
  • SkillHacks【回数無制限の質問対応あり】

まとめ:大学生なら短期集中でプログラミングスクールを活用しよう!

ここまでの記事のポイントをまとめます。

  • 周りと差をつけるならスクールを活用しよう
  • 大学生は「短期集中」「稼げる言語」を学ぼう
  • おすすめのスクールはGEEK JOB

ここまで、大学生が「プログラミングスクールをどのように活用するべきか」ということから、おすすめのスクールまで解説しました。

独学で学ぶことを否定しませんが、周りと差をつけるならプログラミングスクールはいい選択肢になります。

本当に自分に必要か判断するためにも、まずは無料体験に参加されてみてはいかがでしょうか。

大学生におすすめのプログラミングスクール

  • GEEK JOB【最安でプログラミングを学べる】
  • TechAcademy【稼ぎやすいWordPressのコースあり】
  • SkillHacks【回数無制限の質問対応あり】

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる