次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

【Webエンジニアの年収】未経験プログラマーの給料はどれくらい?

未経験からエンジニアを目指す際に、年収がどれくらいになるか気になる人も多いでしょう。

  • エンジニアは給料が高いって聞くけど本当?
  • 平均年収はよく見るけど未経験だとどうなの?

など、様々な疑問が出てくるかと思います。

結論をお話すると、未経験からエンジニアになる人の年収はおよそ280~320万円程度が多いです。

今回は、現役エンジニアであり、未経験の採用担当も行うことのある僕が

  • 【実例】未経験エンジニアの年収事情
  • 未経験エンジニアの年収の上がり方
  • 企業探しで年収よりも重視するべきこと

についてお話していきます。

目次

【実例】未経験エンジニアの年収は280~320万円

上記でもお話したように、未経験エンジニアの年収はおよそ280~320万円程度です。

月収の手取りは大体18~21万円程度です

ここでは、僕の知り合いで未経験からエンジニアに転職した人の例を挙げてみます。

たかひろ

細かい情報については少しフェイクも含めて書くよ!

【実例】未経験エンジニアの年収事情
  • Mさん(320万円):Webの運用経験あり
  • Iさん(300万円):元営業

Mさん(320万円):Webの運用経験あり

未経験から受託開発企業へ転職されたMさんは、未経験から320万円の給料を獲得しました。

元々、前職でお客さんのホームページを運用していたこともあり、プログラミング経験はなくてもweb業界について肌感覚でわかっているような方でした。

入社当初は運用と開発の違いに苦しみましたが、案件を進めるうちに仕事の進め方がわかってきたそうで、入社1年半後となる次の評価時には昇給が見込まれています。

たかひろ

アピールできることがあれば未経験でも積極的にアピールしよう!

Iさん(300万円):元営業

コロナの最中でも、未経験からSES・受託開発を中心とする企業へ転職されたIさんは、年収300万円で転職を実現しました。

年齢が20代中盤と若く、前職で大きな成果を上げたわけではありませんが、元営業というコミュニケーション能力の高さを評価されました。

まだ、エンジニアになってから日が浅いため、今後どのように昇給していくかはわかりませんが、大体未経験からであれば300万円前後の給料が相場ということがわかります。

たかひろ

最初は300万円くらいが1つの目安になるよ!

未経験エンジニアの年収の上がり方

ここまで、未経験エンジニアの年収についてお話しましたが、「結構少ないな…」と思われるかもしれません。

しかし、エンジニアは実力社会の側面もあるため、人によってはかなり早く昇給していきます。

では、実際のところ未経験エンジニアはどれくらい年収を上げられるのか?について説明します。

未経験エンジニアの年収の上がり方
  • 2年目:早い人は大幅な昇給あり
  • 3年目:一般的に給料が大きく上がる年
  • 5年目:プログラマーレベルでは頭打ち

2年目:早い人は大幅な昇給あり

エンジニアとしてのスキルアップはもちろんですが、企業の貢献度が高ければ2年目でも大幅な昇給が見込めます。

僕の知り合いで過去にあった例だと以下の通りです。

  • エンジニアスキルをバリバリ上げて新規事業チームの中核となる
  • チームのまとめ役としてグループ長へ昇進する
  • 受託開発でお客さんと仲良くなり新規案件を取ってくる

このように会社の利益に結びつく結果を出した人は、年間数十万円〜100万円もの昇給を勝ち取っています。

たかひろ

感覚としては全体の2割程度は上記の枠に入るよ!

3年目:一般的に給料が大きく上がる年

企業からすると未経験エンジニアの給与を2年目で上げることは難しい事情があります。

既に述べた通り、人を採用するためには莫大なコストが発生する。未経験者を採用する場合には、育成するためにかかるコストがさらに大幅に跳ね上がる。これらのコストをペイさせるまでは、簡単には年収アップさせることはできない。

エンジニアが最初の会社を1年で辞める問題

つまり、育成コストをペイする2年目はどうしても給与が上げにくい事情があります。

しかし、3年目となるとエンジニアとしての市場価値も上がり、給与も上げざるを得なくなります。

たかひろ

転職の求人を見ても3年目からの需要は高いことがわかるよ!

もし、ここで給与が上がらないようであれば、転職やフリーランスを考えるのも1つの選択といえるでしょう。

5年目:プログラマーレベルでは頭打ち

一般的にプログラマーとしては、5年の経験を積むと年収400~450万円頭打ちになります。

たかひろ

しかもこの金額感は今後下降傾向にあるよ…

なぜなら、

  • 年齢の若いエンジニアの方が好まれる
  • 海外の安いエンジニアの存在(今はまだ言語障壁が高い)

などの理由により、ただ手を動かせるだけのエンジニアは誰でもなれるためです。

もし、これ以上の年収を目指すのであれば、

  • PL/PMとなりチームをまとめる
  • 技術力を高めテックリードになる
  • フリーランスになる

などの選択肢があります。逆にいえば、早くからこのようなポジションを獲得できれば、周りよりも年収をぐっと上げることも可能です。

たかひろ

実際、僕も2年で年収450万円は突破しました

未経験エンジニアが企業選びで年収よりも重視するべきこと

未経験エンジニアにとって「今給料の高い企業」よりも「将来的に給料の高い人材になれる企業」に入ることのほうが重要です。

エンジニアは実力社会のため、できる人には仕事も求人も人脈も集中します。

そうすると、転職をするとしてもフリーランスになるとしても、ぐっと選択肢が増え、結果的に大きく稼ぐことも可能です。

では、そのような自分の価値を高める企業の探し方について解説していきます。

将来的に自分の価値を高める企業の探し方
  • STEP 1: どんな企業があるか知る
  • STEP 2: 自分が求めたい条件の優先順位をつける
  • STEP 3: 転職エージェントを通してレベル感を知る

STEP 1: どんな企業があるか知る

まず、自分が求めたいと考える条件を決めるために、企業がどのような条件で応募しているか見てみるといいでしょう。

具体的には、リクルートエージェントが求人数No. 1ということもあり、まずは登録した上で求人を眺めるのがおすすめです。

様々な求人があるので、数多くの発見があります。

  • スマホアプリの開発にも携われる可能性がある
  • モダンな技術を採用している
  • CI/CDってなんだ?新しい技術?

など、見ているうちに企業の中でエンジニアを大切にする風土がありそうか?などの雰囲気も少しずつ見えてきます。

たかひろ

例えばJAVAScriptのように間違った表記をしている企業のエンジニアの立ち位置が高いとは思えない!

まずは、リクルートエージェントは求人数がNo. 1ということもあり、地方でも数多くの求人を出しているので一度見てみるといいでしょう。

\ CHECK NOW /

=> リクルートエージェントの公式サイト

STEP 2: 自分が求めたい条件の優先順位をつける

続いて求人を見ていると募集内容の共通点・違う点が見えてくるため、

  • 求めて良さそうな条件
  • 求めるのは難しそうな条件

が見えてきます。

たかひろ

未経験でいきなりフルリモートを求めるのは難しそう。。など!

逆に未経験でも、技術研修やフレックス勤務などは求めても良い現場などは少なくありません。

こうした様々な条件の優先順位をつけてスキルアップできそうな環境を自分なりに考えていきましょう。

STEP 3: 転職エージェントを通してレベル感を知る

最後にSTEP 2で決めた条件がどれくらい難しいか、転職エージェントに相談するといいでしょう。

転職エージェントは過去の経験やノウハウから、求める条件に対してどれくらいのスキルや実績が必要か見極めることができます。

たかひろ

エージェントはSTEP 1で登録したリクルートエージェントでOK!

相談をすることで、今の自分に足りないポイント、十分なポイントの方向性を見極めることができます。

また、市場価値の高いエンジニアなどの情報も聞けるため、より転職企業のイメージが具体的になるのも良いですね。

たかひろ

転職のプロに市場価値の高いエンジニアについて聞くのはかなり効果的!

いざ転職しようと思った際にも使えるので、まずは以下のリンクより登録・相談することをおすすめします。

まとめ:未経験からエンジニアになるなら将来の年収を上げることを考えよう

ここまでのポイントをまとめます。

  • 未経験エンジニアの年収は280~320万円
  • 年収がグッと上がるのあh3年目
  • 今よりも将来の年収を上げる企業を目指そう

ここまで、未経験エンジニアの年収例と年収がどのように上がっていくのか、また企業選びで年収より大切なことまでお話しました。

未経験からエンジニアになるなら、年収ダウンは避けられません。

とはいえ専門職のため、実力次第では年収をグッと上げられるのもまた事実です。まずは企業を眺めてみることから始めてはいかがでしょうか。

\ CHECK NOW /

=> リクルートエージェントの公式サイト
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる