ほぼ未経験新卒エンジニアの入社3ヶ月のリアルな仕事事情とは

未経験でエンジニアの仕事を始めるのは大丈夫なのか?と迷われている人は多いのではないでしょうか。

エンジニアのように技術力が求められる仕事は難しそうな印象を与えますし、未経験で飛び込むのは怖いと思う気持ちはよくわかります。

今回は、そんな人に向けて未経験枠で入社して3ヶ月働いてみて感じたリアルなエンジニアの現場を知ってもらえたらと思ってお話ししていきます。

入社時の技術力


未経験と一言に言っても、実際どれくらいの技術力なの?と思われるかもしれないので、簡単に僕の自己紹介しておきます。

僕は、4年制大学の情報系に通っており、院まで卒業して就職で今の会社に入りました。

「なんだ情報系かよ」と思われるかもしれませんが、入社までに作ったものとしては簡単なwebサイトくらいで、全くの未経験でも本を読みながら学習すれば1ヶ月で作れる程度のものです。

業務レベルの技術力なんてあるはずもなく、新卒研修として与えられた課題に対して1時間に1回は先輩に質問に聞いているような状況でした。

今は、アプリ開発に携わっていてreact nativeというJavaScriptで動作するライブラリを使ってAndroidアプリを作成しています。

毎日、新しいことを学びながらなんとか仕事をしているという状況です。

入社当初はプログラミング以前の問題が大量発生


入社当初の新卒研修では、PHPの基礎的な学習やフレームワークのチュートリアルをやってみたり、簡単なプログラムを作ってみたりしました。

しかし、その中でも特に苦労したのがgitというソースコードのバージョンを管理するツールの使用方法が理解できていないことでした。

ソースコードを編集するとその編集記録を保存しておくのですが、簡単な使用方法はわかるもののチーム開発なんてしたことがありません。

「rebaseってなに?」「masterにpushってしちゃいけないの?」など、チーム開発として当たり前のことが当時は全くわかっていませんでした。

そのせいもあって?業務時間の大半を業務以外のことの調査と理解に費やしてしまったこともありました。

今、思えばさっさと聞けばよかったのですが、当時はわからないことに対してエンジニアとして1人で解決しなければ!という謎の責任感を感じていました。

最初は、わからなくて当たり前なので、聞けるものはどんどん聞かないと損をすると感じました。

人生初めてのコードレビュー


新卒で与えられた課題以外のことに苦戦しつつも、なんだかんだコーディングは楽しくやっていました。

基本的な研修をした上だったので、小さなプログラムを作ることはなんとか自分なりに作ることはできました。

一般的な会社であれば、書いたコードが正しく動作しそうか?処理が綺麗に書かれているか?などを他の人が見てコードに対してコメントをつけます。

そのコードレビューでは、そんなにたくさんコードを書いているわけではないのにレビューが大量にあります。

そのレビューを修正しても、またレビューがたくさんあり、、、と1つのプログラムに対していつになれば終わるのかと絶望した記憶もあります。

あまりにも何度も修正しては大量のレビューが返ってきていたので、厳しい先輩だ・・・と勘違いしていた時期もあるほどです。(当たり前のことなんですけどねw)

業務以外のことでも上手くいかないし、業務のことも上手くいかないで最初は本当にスキル不足の実感がすごかったというのが正直なところです。

実際の業務にて


なんとか新卒研修を終えて晴れてアプリ開発のチームに入ることになりました。

しかし、ここでも研修を終えたレベルの知識だけで太刀打ちできるわけもありません。特にreact nativeは開発環境が不安定な面があることもあって、ずっと謎のエラーと戦っているときも少なくありません。

先輩教えてくれる内容の7割くらいは概念っぽいものが理解できるものの、完全に理解できるわけではありませんし、そもそも3割は全く理解できていないこともあります。

動作がわからなければ、とにかく小さく自分で動かして理解するようにしなければなりませんし、必要であれば調査のために英語のドキュメントとにらめっこすることも日常茶飯事です。

最近では、設計や実際の動作についてもやっとふんわりわかってきて、なんとか先日アプリに機能追加をすることができました。

必要なのは折れない心と楽しむ心


とにかく未経験でエンジニアになろうと思っている人にとって大切なことは”スキルがないことに対する折れない心”と”ものを作れることに対する楽しむ心”だと思います。

どんな仕事でもそうだと言われればそれまでですが、エンジニアはとにかく技術力や知識が明確に出ます。

未だに先輩エンジニア同士の会話はわからないことも多いですし、毎日知らなかったことが当たり前のように出てきていつになれば1人前に業務ができるのかと考える日々です。

とは言いつつも、やっぱり自分が想像していたものが実際に形になることは楽しいなあと思える人はエンジニアとしても上手くやってけるのかなと思います。

エンジニア界隈ではかなり著名な松本ゆきひろさんも上手くいったときには、自分はなんて天才なんだと思える単純さが大切とおっしゃっているので、その心も忘れず持てるといいですね笑

まとめ

エンジニアは自分の手でものを作り出せるという意味でもそうですし、働ける自由度の高さという意味でも夢のある仕事かなと思っています。

エンジニア不足は今後も避けられない課題でしょうし、一歩踏み出したいと考える人にはおすすめしたい職業です。

ただ、僕もまだまだ勉強することばかりで充実していますが毎日が大変です。ものを作りたい!という強い心はもちろんのことですが、できないことに対する折れない心も持って挑めば、きっと上手くいくのではないかと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*