初心者がpcで稼ぐならライター以外の選択肢はないと思う

副業を始めたいけれどなかなか始められない!という人は意外と多いと思われます。

「何から始めていいのか良いのかわからない」
「経験もないのにお金をもらうなんて…」

一度、副業で稼いだことがある人から見ると、そんなことで悩むのか?と思われるほど副業と聞くだけでハードルが高く感じてしまうかもしれませんね。

そんな方には、確実にフリーランスの道が開けるライターをおすすめします。

今回は、副業を始めたばかりの人がライターを目指すべき理由についてお話します。

仕事が多い

インターネット上で副業をするとなった場合、仕事の数がどれほどあるかというのは結構重要なポイントになります。

だって仕事が多いほうが、初心者の人でも参入しやすいですよね。

そしてライターはひと目見ただけでは、成果物の良し悪しが比較的判断しにくいため、仕事の数が多い中でもライターは初心者の人が参入するハードルが低いように思われます。

丁寧にわかりやすい日本語を心がけていれば、日本人であれば誰でもできます。実際、僕も何も知らない高校生のときから本当にわずかではあるもののお小遣い稼ぎをしていました。

高校生にも回る仕事があるくらいですから、ぶっちゃけ多くの人が仕事を獲得することは難しくないでしょう。

仕事の多さはライターの一つの魅力と言えそうですね。

時間をコントロールしやすい


ライターは自分が書いた記事を納品することによって報酬を得るので、バイトのように1時間働けばいくらもらえるといったような働き方ではありません。

逆に言えば、自分で仕事の量をコントロールできるということにも繋がります。

1日何時間働かなければならないというわけではなく、”いつまでに”、”このテーマで”、”何文字程度の”記事を書いてくるように指定されます。

最初から5000文字、1万文字の記事を書くのは大変だと思われますが、1000文字以内の案件であれば多くの人が書けると思います。

例えば、この記事であれば大体1800文字くらいの記事になります。

この記事の半分くらいのボリュームでいいと言われれば、なんとなく書ける気がしませんか?

自分の専門分野を生かせる


記事を書いてお金をもらうと言われると難しいように感じられますが、場合によっては自分の専門分野について記事に書けばいいケースもあります。

例えば、投資や金融関連、医療系などは記事の報酬も上がりやすく、知識がある人にとっては非常に時間帯費用がいい案件といえます。

そんな専門分野がない!と思われる方も安心してください。

というのも記事の案件は本当に豊富で、場合によっては自分の趣味について熱く語った記事を書くだけで報酬がもらえることもあります。

今や、誤解をおそれずにいえば「なんでもあり」な記事を書くだけでいいといえるのがライターの仕事なのです。

実績で報酬が変わる


ライターは1文字1円のように文字単価で報酬が決まることがほとんどです。

文字単価で報酬が決まるということは実績がない間はどうしても単価が安くなりやすいですが、実績を積んでいくにつれて単価もより高く交渉することが可能になります。

目安としては1文字1円程度まで(時給1000~2000円)であれば、スキルをそこまでつけなくても交渉が可能である感じがあります。

もちろん、コピーライティングなどの人をより動かす記事の書き方ができれば多くの報酬を受取ることも可能ですので、チャレンジする価値もありそうですね!

まとめ

今回は、副業を全くの初心者が始めるのであればライターから入るべきというお話をしました。

他にも副業は様々なものがありますが、報酬とハードルの低さから考えるとライターが最も良い選択であるように思われます。

もちろん自分の得意なスキルがあれば、そちらから始めるといいかもしれません。ただ、本当にスキルがなくて困っているけれど何か始めたい!という人はぜひ参考にしてみてください!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*