オークションで5万円稼ぐ!ゴミをお金に変える技術を公開!

部屋の片付けが苦手という人は少なくないでしょう。

今後、使うことがないとわかっていても、どうしても物が捨てられずに部屋の押入れの中は常にパンパンということもよくありますよね。

そのような必要以上にスペースや整理に必要な労力を割かなければならないことは、考え方によっては、ものを持っているだけで負債になるという考え方もできると思うのです。

物を持っていることによって負債になってしまうなら、いっそ売ってしまうのも一つの手だと思います。

今回は、ゴミになったかもしれないものを売ることによって5万円を手に入れた話をしたいと思います。

ものがあることは負債になる?


まず、僕がものを捨てようと思ったきっかけは引っ越しというイベントがあったためでした。家を移るとなったときに、全ての持ち物を持っていくとお金も手間もかかるので必要なものだけ持っていこうとしました。

しかし、そこで自分でも驚いたのは、必要だと考えたものの多さです。好きだったアーティストのライブチケットやCD、祖母にもらった海外のお土産、小学校のときに通っていた書道セットなど大量に引越し先に持っていこうと考えていました。

これらは全て「捨てるにはもったいないけど、使い道も特にない」という共通点がありました。したがって、捨てるにはもったいないから取っておこうという思考に入っていたのです。

いつかのために取っておこう=不用品

引っ越しをするにあたって、

「何かのときのために取っておこう」
「今年の冬になったら、また使うから取っておこう」

というものがたくさん出てきました。まだまだ使えるという貧乏人精神かもしれませんが、とにかく引っ越し用ダンボールに片っ端に荷物を詰めても作業が終わりませんでした。

そこでふと思ったのが、

「これらのものは一体いつ使うのだろう」

ということでした。捨てるにはもったいないから取っておく。それ自体が悪いことだとは思いませんが、もし今後使うことが一度もないとしたら、それはあってもなくても同じだと思ったのです。ものは誰かに使われてこそ意味を持つのです。

ものが少ないことは節約になる?

そう考えると、ものが多いということは、それだけで自分に負担がかかっているのだと気づきました。例えば、引っ越しを考えてみるとダンボールに詰める作業にかかった時間、そして引越し先でダンボールから取り出して整理する時間も必要です。

さらには収納するための棚を購入しなければなりませんし、棚のような大きなものは捨てるときにもお金がかかります。もっと大きな視点で考えると、ものを減らすことで今よりも家賃のかからない小さな家に住むことができるかもしれません。

必要なもの以外全て捨てろというわけではありませんが、持っているものを減らすことで、確実に節約の幅が広がるのです。

上手に部屋を片付ける方法


では、実際に部屋を片付けるにはどうすればいいのでしょうか。ここまで読んでいて自分が思っている通りに不用品を処分して部屋を片付けられていれば、とっくに片付け作業は完了していると思う方も多いのではないでしょうか。

そのような“不用品処分をしようと考えているけど処分できない人”の大きな特徴として考えられるのは、自分がものを捨てるにあたって明確な基準を持っていないからだと考えられます。

そこで、そんな人のために不用品を処分する明確な3つの基準を紹介します。

過去1年以内に使用したかどうか

まず1つ目の基準として考えたいのが、過去1年間で使用したか(チケットなどなら見て思い返す時間があったか)ということです。実際、これを基準に当てはめるだけで、自分の場合だと引っ越しの際に持っていこうと思ったものが半分に減りました。

当時は捨てられない、捨てるのがもったいないと考えていたものでも一度手放してしまうと気持ち的にも案外すっきりするものです。また、そのような経験があったおかげで、新たにものを買うということも減りました。こういった面でも節約効果が見込めますね。

収納棚に収まる範囲

もう1つの基準としては、あらかじめ収納棚のスペースを決めてしまうという方法です。自分の場合、部屋の整理が苦手だったので、使っていない押入れや棚があると物がどんどん増えていきました。

ですから、そういったスペースの一部は元々ないと仮定して、自分がものを収納するスペースを決めてしまうのです。そうすることによって、ものが増え、スペースから溢れた場合は、そのスペースの中で最も不要なものを処分してしまうのです。

保有するものの優先順位を身につけるという意味でもおすすめの処理方法です。

新しく買う予定があるものか

買い替えを検討しているものも処分する候補になりえます。新しい服を買ったけど古い服はそのまま取っていたため、結局タンスの中に着ない服が溢れかえっていたという経験がある方も多いのではないでしょうか。

特に家電や棚といったサイズが大きなゴミは、どうしても捨てるのが後回しになってしまいがちです。というのも、粗大ゴミは処分するだけでも様々な手続きを必要とするため面倒になり後回しになりがちです。

買い替えを予定しているものであれば、潔く捨ててしまうことで部屋をすっきりとしたいものですね。

出品した商品と落札された価格


自分の場合では、引っ越しをするにあたって上記の方法で、処分するべきかどうかということを決定しました。処分する基準を当てはめてみると当時大学生に入ったばかりの自分でもかなり多くのものを処分することになったのです。

全てヤフオクだけで販売したわけではありませんが、ほとんどをヤフオクで出品しています。また、比較的価格が大きなものだけ取り上げて話をすることとします。

対戦用カード&カードケース・・・4,700円
スポーツジャージ  ・・・7,000円
ブランドパーカー  ・・・5,000円
漫画全巻  ・・・5,990円
電子辞書  ・・・3,800円
CD初回限定盤  ・・・9,800円
大学教科書2点  ・・・3,300円
その他衣服19点  ・・・10,100円
合計  ・・・49,690円

実際にヤフオクを利用した感想

最初は出品にも時間がかかりますし、なかなか入札もされず、ネットで言われるほど売れるというわけではないと感じました。しかし、少しずつ写真の撮り方や説明文を工夫して書いているうちに購入者が知りたいポイントについてわかるようになってきました。

そうすると全く売れなかった商品も少しずつ売れるようになっていき、結果的には自分が満足する価格で取引できたと思っています。そしてオークションを繰り返し利用していく中で、不用品をオークションで処分するメリットやデメリットにも気づいていきました。

不用品をオークションで売るメリットとデメリット


上記のように自分がいらないと思っているものが、お金になっていくのは嬉しいものです。しかし、その反面、面倒だと思えるような経験も数多くしてきました。

今ではヤフオク、フリマ、Amazonなどで200を超える取引をしてきましたが、不用品処分という視点からオークションを利用するメリットとデメリットについてお話します。

オークションを利用したメリット

当たり前のように思われるかもしれませんが、最大のメリットはお金が稼げるということでしょう。上記のように、思い切って処分すると決めたために大学生でも5万円近く稼ぐことができました。

今となっては、自分が処分したものがお金になったので、ものを手放すハードルが低くなったとも実感しています。例えば、「ゴミとして処分するのはもったいないけどいらない」というものを誰かに利用してもらうことができるため、単純にゴミとしてしまうよりもよっぽど手放しやすいです。

人によって何がメリットと感じるかは違うと思いますが、上記2つはおそらく誰にとっても大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

オークションを利用したデメリット

オークションを実際に利用したデメリットとしては、やはり売れるまでに時間がかかるという点です。特に不用品処分をすると決めたにも関わらず、オークションに出品するのであれば、しばらく家に置いておかなければなりません。やはり、不用品処分は時間が経つと気持ちが薄れてしまうので、手放すまでに時間がかかってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

もう一つのデメリットとしては、やはり手間がかかるということです。引っ越しということもあり、ヤフオクに一気に出品してしまったため、一時期は毎日のように発送の準備や購入者とのやり取りをしなければなりませんでした。

幸い送り先を間違えたり、発送を忘れて購入者の手元に商品が届かないという状況はありませんでしたが、自分で全ての処理をすると時間にあまり余裕がない人は大変かもしれません。

オークション代行を利用する


今更ではありますが、オークション代行業者を利用するのも1つの選択肢としてありだったのではないかと思っています。大学生だったので、まだまだ時間に余裕があり出品や発送手続きができましたが、平日疲れて帰ってくる社会人の方にとっては体力的にも時間的にもきついかもしれません。

持っているものを少しずつ出品するという手もありますが、先程もお話したように不用品処分はやろうと思ったときに手放すのが、最も効率よく処分できると思われます。

オークション代行業者であれば、ものを一気に発送すれば後は全てオークション代行業者が全て作業を行ってくれます。これであれば、オークションで不用品を処分する
・不用品を処分するまでに時間がかかる
・オークションの手間がかかる
という2つのデメリットを一気に解消してくれます。

最近オークション代行業者の数は増えてきており、選択が難しくなっていますが、初回は出品手数料が無料のものもあるみたいなのでぜひとも活用したいところです。

まとめ

不用品処分をオークションで行った場合の体験談についてお話しました。記事の中では書ききれないこともありましたが、オークションでものを売るという経験は自分に様々な選択肢を与えてくれます。

ぜひ、部屋の片付けをするのであれば「それでお金を稼いでやろう」という気持ちで気軽にオークションでものを売ってみてもらえればと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*