仕事から逃げたいならさっさと逃げてしまう方が良いと思う

毎日朝から晩まで働いて「もう辞めたい」と感じる人は多いでしょう。

上司からのパワハラ、夜遅くまでの残業、強制参加の飲み会など時代遅れとも言える風習が残っている企業も数多く存在しています。

もう少し頑張れば、もっと環境は良くなるかもしれない…

そう思って働いていても状況が良くならないということは、本当によくあります。

今回は、果たしてそのような環境から逃げることがいいことなのか、勇気を踏み出す一歩にしていただければと思います。

今すぐに逃げよう


結論から言うと、今すぐに逃げましょう。

「そうは言ってもお金が…」「逃げたと思われたくない」「親になんて言われるかわからない」

そういう思いもあるかもしれませんが、それを考えた上でも逃げたい!って思ってるんですよね?

確かに、社会のためにみんなが働いていると言われれば、自分も1人の社会人として一生懸命働くべきだと考える気持ちはわかります。

特に責任感が強い人ほど、今の仕事を途中で投げ出してしまうダメなやつになりたくない!と思われるでしょう。

でも、別に投げ出しちゃっても良くないですか?
むしろ、それほど責任感が強いあなたが辞めたいって思う会社なんですから、それはどう考えても会社側の責任です。

当然やめると言い出せば会社の人には止められるでしょう。でも、自分の人生には結局自分でしか責任が取れません。

「会社のために〜」とか「みんな我慢して〜」とか言う人は大体、自分で自分にそう言い聞かせて生きているだけです。

別にあなたが同じような生き方をする必要もありませんし、その生き方をしてまで、その人のようになりたいですか?

自分は他人と違うでいいと思うんですよね。ダメな人ってのは人と比べるのでそう思うかもしれませんが、結局は自分が進みたい方向に進むことが自分の人生に責任を取っていることになるのではないでしょうか。

今の自分の世界を広げる


もう一つ考えておきたいのが、自分の知っている世界が全てではないということです。

僕もそうですが世界の反対側で、今何が起きていてどんな価値観の人が住んでいるのか知らない人の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

大人になるにつれて今まで自分が生きてきた世界が当たり前で、全ての世界を知った上で判断をしているような人がいます。

しかし、そんなことはまず100%ありえません。

必ずどこかで、自分の価値観と似た価値観を持った人がいるはずで、行動を起こさない限りそのような人に出会うことは難しいでしょう。

行動の仕方は人それぞれでいいと思いますが、逃げるというのも立派な行動の一つだと思います。

仕事は人生の一部


毎日8時間も働いていると、今の生活から仕事がなくなることをだんだん想像できなくなってきますよね。

睡眠や通勤時間のことを考えると今の生活の半分以上は仕事で過ごしているという人も多いのではないでしょうか。

人間は費やしている時間が多ければ多いほど、その生活が当たり前だと思ってしまします。

つまり、現状でいえば「仕事=人生」になってしまっているのです。

確かに稼がなければ生活できないという話はわかります。

しかし、今の仕事にこだわる必要もないですし、働き方はどんどん自由になってきています。

逃げたい!と思う今こそ人生をかけて今の仕事をすることが本当に正しいのか?考えなければならないのではないでしょうか。

急激に価値観は変わり始めている


様々な本や人と会って思うのが、最近は本当に自分の人生に対して価値観が大きく変わりゆく時代であると思うのです。

一昔前は、とにかく働いてお金持ちになり、いい車を買って大きな家に住み、きれいな女性、高収入の男性と結婚することが素晴らしいと思われていました。

戦争で全てを失った日本を復活させるために、とにかく0から1を生み出し続けてきた時代と言えるでしょう。

しかし、今は物質的に豊かになり、それほど贅沢をしなければ生きることには困らないようになりました。

いい車を買わなくても、大きな家に済まなくても、それほどお金持ちにならなくても十分に豊かな暮らしを送ることができます。

そういう世界になっているので今の仕事にこだわらなければ、なんだかんだで生きていけます笑

今の仕事で自分が役職や給料など、何かを持っているから捨てられないと感じているだけで、自分は最初から何も持っていないことに気づければ自分の人生はもっと自由だと思えるのではないでしょうか。

お金の計算だけはしておこう

ここまで理想を語ってきましたが、少し話を現実に戻しましょう。

今の仕事から逃げると決めたのであれば、現実的にお金の計算だけはしておきたいところです。

そこそこの期間、今の会社を勤めたのであれば、失業保険も出るはずなのでしばらくはお金に困らないというケースもあるでしょうし、一方でローンなどでお金がとにかくない!というケースもあるかと思います。

そう思うとやっぱり今の仕事にいたほうが良いのではと思うかもしれませんが、どうにかお金の計算をして次の仕事に就く方法を探したほうが良いでしょう。

今後上手くいく保証は確かにありませんが、逃げようと思うほどなら、さっさと逃げてしまった方がいいと思います。

そのためにも少しだけ現実を見なければならないところは、現実を見ておきたいところです。

まとめ

今回は、仕事から逃げたくなったときにどうすべきか?ということについてお話しました。

正直、今の時代、働くことが全ての正解でもないので自分の好きにやるほうがいいと思うのです。

ただ、現実的に見なければいけないところだけはきちんと見た上で逃げたいものですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*