自分の価値を上げたければ情報を手に入れた方がいいという話

社会人になってから2ヶ月経ち、学生時代と比べると多くの気づきや学びがあると思っていますが、その中でも特に情報に対する価値の大きさを感じます。

情報の価値と言われてもインターネットで調べれば、すぐに欲しい情報が手に入るので、本当にそれほど価値があるのか?と思われるかもしれません。

しかし、実際のところ情報は大きな価値を持っており、お金持ちの人ほど優れた情報にお金を支払います。

先日、世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェットとのランチは3億円という庶民では考えられないような価格がつきました。

自分の知らない世界ではより良い情報を手に入れるために多くの人が時間やお金をかけているのです。

今回は価値ある情報を手に入れる方法から、情報と自分の価値の関係という話をしていきます。

情報が価値を生む時代


そもそも情報が価値を持つと言われても、まだ正直ぴんと来ていないかもしれません。もしくは、なんとなくイメージできても具体的にはわからないという人も多いのではないでしょうか。

わかりやすい例で言うと、昨年大きな話題を読んだビットコインが挙げられます。

数年前から少しずつ話題を集めていたビットコインですが、昨年はバブルとも言えるほど大きな話題を見せましたよ。

昨年の最も価格が低いときと最も価格が高いときでは価格が10倍も違い「仮想通貨が今年盛り上がる」という情報を握っていた人、あるいは予想できた人は自分の資産を大きくできたでしょう。

しかし、そういった情報を持っていなかったために自分の資産を大きくできなかった人もいるわけです。

情報を持っているか持っていないかで、あなたがお金持ちになれるかどうかが決まるといっても過言ではないのです。

情報の価値は変化する


ただ、ここで気をつけてほしいことは、情報は人によって価値が違うということです。

当たり前ですが人によって知りたいことは違いますし、タイミングによって知りたいことも変化していくためです。

ですから、その人がどんな情報を欲しているのか?を知ることによって、自分が与えられる価値も変わります。

美味しい料理を作りたい人にビルの建て方を教えても仕方ないのと同じで、他人がどうでもいい情報をどれだけ与えても無意味になってしまうのです。

情報を他人に共有するのであれば、

・自分が良いと思った情報
・相手が関心を持っている情報

を与えることが大切です。相手が関心を持っていることも大事ですが、自分がいいと思わない情報を相手に与えても仕方ありません。

誰かに情報を伝えるという意味でも、自分から良い情報に触れておきたいところです。

良い情報を手に入れるためには


では、どうすれば良い情報を手に入れることができるのでしょうか。

それは自分が欲しいと思う情報を積極的に手に入れようとし、いい情報と良くない情報を見極める目を鍛えることだと思います。

情報源は自分で探してもいいですし、他人から聞いてもいいですが、結局は自分で吟味してみないとわかりません。

情報を効果的に集めるためのツールも存在するので、ぜひこちらも利用して自分にいい情報を手に入れていきましょう。

効率的に情報を収集するツール


僕が利用している効果的に情報を獲得するためのツールは

・Twitter
・Feedly
・NewsPicks

の3つです。

なぜ、複数のツールを使うのかというと、情報を手に入れるまでには大きく2つの方法があるためです。

「自分で情報を取りに行く」か「流れてくる情報を手に入れる」というパターンがあります。

この分類でいくとTwitterとFeedlyは自分が欲しい思う情報を取りに行くパターンで、NewsPicksは流れてくる情報を取得できます。

両方を組み合わせることで自分の知っている知識の幅が広がりますし、より多くの人に価値あるものを届けることができるでしょう。

食わず嫌いせず、その中でも自分が興味を持つ分野は極めていくといいのではないでしょうか。

まとめ

今回は自分の価値を高めるために”情報”という観点からお話しました。

知っていれば自分の人生において幅が広がりますし、他人に与えられる価値も大きくなります。

情報社会と言われていますが、ぜひ自分にとって役に立つ情報を手に入れていきたいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*