未経験からフリーランスデビュー!スキルがなくても誰でもできるの?

最近フリーランスという働き方が、より一般的になってきましたね。

しかし、フリーランスのイメージというとプログラミングなどの高いスキルを持っている、一部の人だけしかなれないというイメージがありますよね。

自分にはあまり関係ないと思われるかもしれませんが、実は誰でもフリーランスになることは難しくありません。

僕も学生時代にバイト感覚でやっていましたが、多いときには月収10万円近くまで稼いだことがあります。

しかし、これはすごいスキルを持っていたのではなく、フリーランスという働き方を知っていて行動に移しただけなのです。

つまり、行動に移しさえすれば誰でもフリーランスになれますし、どうせなら稼ぐための情報を知っていることも大事になるでしょう。

今回は、誰もがフリーランスになれる理由やおすすめの職業、おすすめサイトなどを紹介していきます。

フリーランスには誰でもなれる


そうはいっても自分がフリーランスなんて無理!と思われる方が、ほとんどなのではないでしょうか。

しかし、生活するためのお金を稼ぐだけなら、自分で自分のことを管理することができる人であれば誰でもできます。

というのも、フリーランスは会社員とは異なり、自分が仕事をやった分だけ収入を受け取ることができるためです。

つまり、一つの仕事の報酬が安くても、数をこなせば生活費を稼ぐことは十分に可能なのです。

なんとかして今の生活を抜け出したい!と考えている人には一度立ち止まって考える価値があるのではないでしょうか。

仕事を取るのは実は簡単?


そうはいっても何から始めていいのかわからないというのが本音ですよね。

今までは会社で与えられた仕事をしていたのに、突然自分で仕事を取りに行けと言われてもどうすれば良いかわからないでしょう。

しかし、今は仕事をインターネット上で仕事を受けられるクラウドソーシングサイトと呼ばれるサイトがたくさんあります。

このクラウドソーシングサイトを使えば、誰でも簡単に仕事を取ることができますし、もちろん報酬も受け取ることができます。

実際にどのようなサイトがあるかは後ほど説明しますが、ぜひ登録してみることをおすすめします。

初心者におすすめな職業は”ライター”

僕は、学生時代に様々な副業をしてきましたが、初心者が最も簡単に稼げる職業は間違いなくライターです。

確かにプログラミングスキルや翻訳のスキルを身につければ確かにもっと多くのお金を稼ぐことができます。

しかし、そういったスキルを持っていない人が全く稼げないかというとそんなこともありません。

そして、初心者の方には最もライターという仕事が簡単かつ効率的に稼ぐことができるでしょう。

基本的にライターは文字単価といって、(書いた文字数)×(1文字あたりの価格)で報酬が決まることが多いです。

初心者の方であれば、文字単価を0.5円程度で考え、慣れてきたら文字単価が1円を超えるもので勝負していきましょう。

ライターで月収20万円を稼ぐためには


では、実際に生活を送れるほどの収入を稼ぐためには、どれほど働けば良いのかが気になりますよね。

文字単価が0.5円であれば、20万円を稼ぐためには40万文字を書く必要がありますね。1ヶ月に20日間働くとすると1日あたり2万文字を書かなければなりません。

およそ1時間あたりに書ける文字数が2000文字だとすると1日に10時間働けば、月収20万円を稼ぐことができます。

これを聞くと正直なところ「割に合わない」と思われるでしょう。

しかし、これはあくまで最初の話です。もし、文字単価が1円になれば働く時間は5時間で済むわけです。さらに文字単価が高くなれば、さらに働く時間も減ります。

数をこなしていく中で、スキルアップをしていくことにより、大きな収入を手に入れることを考えていきましょう。

時給を上げるための方法を考えよう

そして、フリーランスの方にとって忘れがちなのですが、絶対に考えてほしいのが「自分の時給はいくらなのか?」ということです。

一般的なサラリーマンは時給が約1500円だといわれています。仮に先ほどお話した、文字単価0.5円で1時間に書ける文字数が2000文字の場合は時給が1000円になります。

最初はどうしてもサラリーマンより時給が安くなってしまうのは仕方ありません。しかし、もし文字単価を1円にすることができれば、それだけで会社員の時給よりも大きく稼ぐことが可能になるのです。

もし、何がなんでもフリーランスになりたい!と思われるのであれば、この時給という考え方を忘れないようにしたいですね。

おすすめサイト一覧


それでは、実際に仕事を獲得するためのおすすめサイトを紹介します。

CrowdWorks

まず始めにおすすめなのが日本最大級のクラウドソーシングサイトであるCrowdWorksです。

仕事が多いのももちろんですが、一つの仕事に対して複数人が採用されることもあり、競争が高くても仕事を取りやすいというメリットがあります。

サイトが見やすいというのも嬉しいポイントですね。

Lancers

続いて紹介するのは、こちらも日本最大級のクラウドソーシングサイトであるLancersです。

ぶっちゃけ言うとCrowdWorksとそれほど大きく変わりませんが、今はLancersとCrowdWorksがクラウドソーシングサイトの2大巨塔となっているためどちらにも登録しておくことをおすすめします。

まとめ

今回はフリラーンスという働き方は実はそれほど難しくないという話をしました。

一見ハードルが高く、自分には無理だと思われるかもしれませんが、やってみると意外と簡単に仕事をもらえることに驚かれるかもしれません。

まずは会社にいながらでもいいので、仕事を一度受けてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*