アクセスを荒稼ぎする読みやすい文章の書き方まとめ

ブロガーやライターの人にとって文章で人に伝えることは最も大切なことです。

Googleの検索で上位の記事や、記事をまとめたサイトで上位の記事は必ずと言っていいほど誰もが理解できる文章の書き方をしています。

僕も過去に文章の書き方について学んだことがあり、とあるサイトの記事ランキングではトップ3を独占したこともあったのですが、その際に“わかりやすい文章を書くことはセンスではない”と感じました。

今回は、今日から実践できるライティング術についてお話します。

10歳が理解できる言葉を使う


まず、始めに必ず意識しなければならないのは、できるだけ簡単な言葉を使うということです。

ここでは10歳でもわかるようにと具体的に出しましたが、なかなか簡単な表現ではないでしょうか。

人は文章を読む時に様々なストレスを感じます。その中でも書いてある内容が理解できないことは、最もストレスになります。

記事の執筆を数多く経験しているうちに、どうしても難しい言葉を使ってしまいがちです。

難しい言葉を使って頭が良いように見せたいかもしれませんが、そこはぐっと我慢してください笑

文章を適度に区切る


よく記事の途中に画像や見出しを入れていますよね。あれも適当に入れているわけではありません。

長々と文章が書かれている記事を読みたいと思う人は、あまりいませんよね。

国語辞典を想像してもらえばわかりますが、細かい字がびっしりと詰まっているだけで読むのをやめようって思いませんか?

できるだけ簡単に言いたいことをまとめることが、わかりやすい記事を書く一つのコツと言えます。

言いたいことは一つの章に一つだけ


文章の中でいくつもの情報が書かれていると、読んでいる側としては「結局どれが大切なの?」と疑問に思われることでしょう。

Aということは大切、Bは非常に重要、Cも考えなければならない、Dも…

結局どれが大切なのかわからなくなってしまいますし、書いている側も自分が何を書きたかったのか思い出せなくなるでしょう。

言いたいことは一つだけを意識して文章を書きましょう!

話の筋道を始めに立てる


文章を書こうと思うとあれもこれも!と思い、まとまりがない文章になってしまいます。

わかりやすい文章を書く上では、情報を乗せることも大切ですが、言うべきことを絞ることも大切になります。

そしてできるだけ多くの情報を載せたい!と思われるのであれば、最初にどのような話を自分がしたいのか骨組みを組んでおくことで、文章の崩壊を防ぐことができるのです。

他にも話の筋道を立てるメリットとして自分の頭も整理しやすいという点も見逃せません。

この章で自分はどんな内容のことを伝えたいのか、はっきりできれば記事を書く時間も短縮することができます。

書く時間を短縮できるということは、それだけ文章をより良くするための時間を使えるということなのです。

思い立って文章を書き始めるのもいいですが、まずは文章の構成から考えてみてはいかがでしょうか。

既知から未知の流れを大切にする


少しだけ難しいことですが、意識して書いてほしいことが“既知から未知の流れを作る”ということです。

どういうこと?と思われることでしょう。

読みやすい文章というのは、誰もが理解できる文章のことです。しかし、今まで知っている内容ばかりでは、人は記事を読みたい!とは思ってくれませんよね。

つまり、読者にとって新たな知識や情報を載せなければなりません。

しかし、突然新しい情報を出されると、読者は驚いて意味のわからないと感じてしまいます。

例えば、今の“既知から未知の流れを大切にする”と言われても多くの方はよくわからないと思われたかと思います。

それは、今まで知らなかった知識や言い方を初めて聞いたためです。

しかし、自分が知っている情報と新しい知識を頭の中で結びつけることができれば、読者に非常に理解しやすい、かつ、役立つ記事といえるのです。

ですから、知らない情報を出すときには必ず読者が知っていると予想される情報を先出ししてあげることで、より読者の理解を深めることができるのです。

少し難しいかもしれませんが、これが理解できれば文章がぐっと読みやすくなるので、ぜひ意識してみてくださいね!

まとめ

今回は、文章を書く際に僕が意識していることについてまとめてみました。

他にもたくさん文章を書くコツはありますが、とにかく誰もが読みやすいと思う記事を書くためには訓練がいります。

全てを一気にすることは難しくても、ひとつずつ意識してもらえればいい文章を書くことができていきます。

少しでも参考になった部分があれば、ぜひ実践してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*