お金2.0から学ぶ価値主義とは?お金から解放されるための生き方

最近話題のお金2.0という本をご存知でしょうか。

仮想通貨の裏方で動いているシステムやタイムバンクというサービスを提供しているメタップスという会社の社長が書いた本なのですが、最近どの経済・ビジネス本のランキングに上位で食い込むほどの人気本です。

今回は、このお金2.0を読んだので、そのまとめと感想をお話します。

そもそもお金とは?


お金とは、価値の保存、尺度、交換の役割があると言われています。

そもそもの起源で言うと、物々交換しかできなかった時代に食料などが腐って売れなくなるのが困る!といった出来事があったために、それを一時的な代替として利用したと言われています。

しかし、あらゆるものに交換することができるようになってしまったために、お金そのものが価値を持つようになったというのが資本主義経済です。

人は交換するためのものとしてのお金ではなく、価値があるものとしてのお金という認識で欲しいと感じているわけなのです。

それらが流通するネットワークが経済システムということになります。経済システムは人の欲望であり、人によって今後も新たに形成されることが考えられます。

つまり、その新しい概念を持ったシステムがどんどん出てくるというのが今後の世の中の常識なっていくでしょう。

僕たちはその新たな経済システムが出てくる中で、新たなものを受け入れていく姿勢が必要なのかもしれません。

これまでのお金とこれからのお金の違い


本書の中で記載されている「これまでのお金」と「これからのお金」の違いとして分散化というキーワードが挙げられます。

今、日本の通貨としては円が流通していますよね。これは中央銀行が発行しており、ある意味国としての保証がついている状態になります。

しかし、最近話題になったビットコインは中央銀行があるわけではありません。

これはテクノロジーの進化によって作られたものであり、通貨としての基本要素が含まれているものの価値が保証されているわけではないのです。

つまり、もし、今ビットコインを持っている人が全員「いーらない」と捨ててしまえば、通貨としての価値が成立しなくなってしまうわけなのです。

しかし、現実の世界としてはビットコインは通貨として事実上認められており、誰もが手に入れたい!と思うようなものになっています。

今回は、ビットコインの例でお話しましたが、今後こういった独自の通貨が増えてくることが考えられるわけです。昔からある例でいえばTポイントなんかも独自で発行している通貨と言えますね。

今は、ポイントやビットコインのような通貨としてわかりやすい形のものが流通しているように思われます。

しかし。今後はもっと多種多様な経済が誕生するのではないか?と本書では記載されているのです。

テクノロジーによって経済が作られるのであれば、自分の生きていく経済を選択していくことができる時代に突入していくわけです。

人の生き方にもずいぶんと影響を与えることになりうるかもしれません。

若者が強く感じる”価値主義”という考え方


資本主義経済とは一言で言ってしまえば、競争してお金を持つものが最も強い経済を表します。

しかし、本書でも書かれているのですが、今の日本の20代30代はそれ以上の年齢の人と比較するとお金に対して価値を感じない世代と言われています。

いわゆるミレニアム世代というやつです。

これは、生まれたときから自分たちは生活に困らない程度の裕福さがあったことが影響しています。

食べるものや着るものに特に困らず生活できてきたことが、将来を考える上でも”普通にお金があれば幸せ”という感覚があるわけなのです。

お金に対して余裕が出てくると、従来の資本主義から感じられていた「お金にならないけど価値あるもの」に目が向けられるわけです。NPOだったり地方創生がいい例だといえますね。

つまり、お金を稼ぐことが目的になるのではなく、今の世代では自分の価値を高めたい人が増えてきているのです。

例えば、TwitterやInstagramのフォロワーが多さなども一つの価値になります。

そんなものはお金にならない!と思われるかもしれませんが、例えば広告を一つ流せば収入を得ることもできるわけです。

そういった価値の変換を行うことによって現代社会では収入を稼ぐことができるのです。

今は、まだ個人が企業以上に価値を稼ぐことは規模からしても難しいかもしれません。しかし、今後もこういった個人にスポットが当てられるようになれば時代も大きく変化するでしょう。

こういった変化も、オンライン上での繋がりが当たり前のようになった今の時代ならではと言えるかもしれません。

お金から解放されて生きるために


ここまでお話していると、これからの時代はどれだけ”価値”を生み出すことができるか?という一点に尽きるかもしれません。

お金の価値が薄れていっている今、新たに価値を持つと思われるのは人のビジョン人生の意義になります。

つまり、自分のスタイルや個性を追求していくことが誰かにとっての共感となり、価値を生み出す可能性が大きくなるということなのです。

そのためにも大切なことは、自分が1日やっていても飽きないことを探すことだそうです。

確かにYoutuberやブロガーなど最近は自分のやりたいことを発信してお金から解放された生き方をしている人が数多く存在します。

従来の企業を勤め上げる働き方をもちろん否定する気はありません。ただ、そういう生き方もあるかもしれないと知っておくことは自分の人生の幅を広げることに繋がるかもしれません。

まとめ

僕はいわゆるミレニアム世代と呼ばれる世代なのですが、お金2.0を読んで、ここまで自分たちの世代のことを上手くまとめている本は他にないと感じました。

今の若者はやる気がないのか!と思われる上司の方にもおすすめしたいですし、今後の経済がどのようになっていくのかということを知りたい人にもおすすめの1冊になります。

決して中身のない話題だけの本ではないと感じました。もしよければぜひ読んでみてください!

お金2.0

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*