自分が何をしたいかわからなくなったときの悩み解決手段まとめ

人間誰しも何事にも失敗したくないと思うものです。

会社選びでもできるだけ大企業を選びたいと考える人は多いですし、最終的なゴールがわかっていないとモチベーションが湧かないという人も多いでしょう。

自分の価値判断は過去の経験がものを言うので、今まで成功体験が少ないとどうしても自分の判断に自信が持てなくなります。

そして自分に自信が持てないとどうしても周りに合わせる方法が手っ取り早く、考えも合わせてしまいがちです。

しかし、自分の人生に責任を取れるのは自分だけです。今回は物事を判断する上で大事な考え方についてお話します。

周りは自分のことを理解していない


周りの人は「あなたのことを思って」話しかけてくれる人がたくさんいます。

しかし、口に出して言う人に限って本当に自分の言うことを理解してくれてはいないものです。

自分のことを本当に理解しようとしてくれる人はそれほど傲慢でないですし、きちんと自分の意見を受け止めてくれるものです。

自分の意見を話して考えを頭ごなしに否定されるのであれば、それは本当にあなたのことを考えているとは言えません。

自分のことは自分が最もよくわかっているはずなので、周りの意見に振り回されるくらいであれば、自分はこういう人間だ!と周囲にアピールするくらいでいいかもしれませんね。

正解を自分で定義しよう


自分のことは自分しかわからないのであれば、自分がこうしたい!という思いを貫くしかありません。

しかし、自分がやりたいことなんてわからない!と思われる方も少なくないのではないでしょうか。

よくあるのは、過去の経験を思い出して自分が何を楽しいと感じていたのか思い出すということですが、必ずしも十分ではないと思います。

確かに過去の経験で楽しかったことは大事ですし、その中から自分がどういう人かを形成していくのは間違いないでしょう。

しかし、未来を生きるにあたっては、これから先をどう生きたいか?自分でデザインすることが大切になってくるのではないでしょうか。

結局自分が何をしたいか?その覚悟を決めて進んでいくことのほうが重要になってくるように思います。

覚悟を持って進んでいけば道は開けるものです。自分がこうしたい!と自分の未来を決めるところがスタートラインになるでしょうね。

根拠ない自信を持とう


自信がない!という人の多くは、将来のことがわからないから自分に自信を持てないという人も少なくありません。

しかし、将来のことなんてどれだけ成功している人にも完全に予測することなんてできるわけがないのです。

未来のことに対して不確実性があるために人生は楽しいと思いますし、数年後の自分の天井が見えてしまっている生活を送っていて心が踊るなんてことはおそらくないでしょう。

根拠のない自信を持つ方法は簡単です。それは、自分の未来に対して責任を取るという覚悟にかかっています。

人は何も刺激がないとだらけてしまう生き物です。だからこそ、覚悟を持って自分の人生に自分で責任を持つという負荷をかけることが大事になるのです。

なりたい自分に向かって成功するかはわからなくても小さな行動を起こしていきましょう。

失敗してもどうせ死なない


様々な人の過去について書かれた本を読んでみると、通常では信じられないような失敗をしている人が数多く存在します。

社員の給料が払えないために自分の給料全てをカットしている人もいますし、朝から晩まで働いているのに全く結果が出ずに倒産寸前までいった話なんて常識のようにあります

そういった数々の失敗を繰り返しても、なんだかんだ日本に住んでいれば生きていくことはできます。

生活保護もあれば失業手当もあり、福祉の面でもかなり優遇されていることは間違いありません。

どうせ死なないと思っていれば、思い切ったチャレンジをすることも難しくありません。

Appleを立ち上げたスティーブ・ジョブズもスタンフォード大学の卒業式で「何も持っていない丸裸の自分で進めばいい」と話しています。

人間は生まれたときから何かを持っているなんてことはありません。確かに年を重ねるごとに守るべきものが増えたりするかもしれませんが、そういったしがらみに囚われることなく考えを持つ必要があるといえそうですね。

まとめ

今回は、自分が幸せになるための価値基準や考え方についてお話しました。おそらく一度は聞いたことがある話で、そんなことはわかっている!と思われる方も多いかもしれません。

しかし、こういった基準を頭の中に入れておかないと自分がどう生きていけばいいか?わからなくなってしまうものです。

自分がいい人生を送り、楽しみたい!と感じるのであれば価値判断をしっかり持ち、少しずつ自分の行動を変えていくことが大事になってくるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*