やる気が出ないときは休むが吉?モチベーションを取り戻す方法3選

人間誰しも働いていれば今日はやる気が出ないなあと思う日もありますよね。

毎日安定して仕事をコツコツできたら最高ですが、やはり気分や体調によって上手く進められないという日があるのはごく普通だと思います。

そんなときにやる気スイッチがあれば・・・と感じる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなやる気が出ないというときの解決法についてお話します。

目的を明確化する



人は楽をしたがるので、目的がなければやる気が出ないということはよくあります。

例えば、休みの日にどこかに出かけようと考えたとしても、なんとなく出かけるのって面倒ですよね。

仕事も同じで自分が今何をしようとしているのか?ということがわからなくなったときにだるさを感じるのではないでしょうか。

作業をしていると、ついつい行動することばかりを意識してしまいますが、そんなときこそふっと一息つくことが大事なのかもしれません。

業務内容を変えてみる


受験勉強などでも集中力が切れてきたら別の教科をすると集中し直せることもあります。

それと同じように、仕事をすると一口に言っても同じ業務ばかりではありませんよね。ですから、一旦今の業務は置いておいて別の業務をすることに
よって集中力が取り戻せることがあるかもしれません。

どうしても今の業務をこなさなければならない!という場合には難しいかもしれませんが、そういった時にはお茶を飲んだり何かを食べたり頭の切り替えをすることで集中力を維持できるかもしれませんね。

思いきって休憩する


疲れから集中できないということも十分に考えられますよね。

やはり、頭が回っていなければ自分のタスクを効率よくこなすことなんて不可能ですし、無理に仕事をしよう!と頑張っても、後であの時の自分は何をやっていたんだろうと後悔することになるかもしれません。

そういったときには思い切って仕事を休むことも大事なのではないでしょうか。

仕事をしているとそんな好きなときに休むことなんてできない!と思われるかもしれませんが、簡単にできるのがトイレでの休憩です。

トイレに行って、ついでに大きく伸びをすることでリフレッシュを図りましょう。可能なら、周辺を散歩するなんてこともありかもしれませんね!

まとめ

今回は集中力が切れてしまったときの場合の対処法についてご紹介しました。

個人的には、今のやっていることの目的や問題を再度見直すと集中力を持ち直せることが多いように感じます。

もし、今集中できない!と感じているのであれば、ぜひ試してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*