もう疲れた…ストレスが溜まって仕方ない人に送る3つの解消法

日常で生活をしているとストレスとは切っても切り離せないですよね。

「もっとこんな風になればいいのに!」

「なんで自分ばっかりこんな目に合うのだろう」

毎日の生活において、そのように思う瞬間は少なくないかもしれません。

しかし、ストレスと上手に付き合うことができなければ、日々の生活が息苦しいですよね。何をするにもやる気は起こらないですし、今の自分なんて嫌いだと否定してしまうことにもなりかねません。

ストレス社会と呼ばれてからワークライフバランスが叫ばれてきていますが、それでも実質的な負担が軽くなったと感じる人は少ないのではないでしょうか。

今回は、そんなストレスと上手に付き合う3つの方法についてお話します。

とにかく外に出る



ストレスが溜まっているときは、とにかく何をするのも嫌になってしまいますよね。

そういう環境で毎日仕事場と家との往復で、明日もなにも変わらないことを想像すると…より気分が落ち込みませんか?

仕事から疲れて帰ってきて「ああ、疲れたし明日のために寝よう」という日が続くことになるでしょう。しかし、その早く寝た次の日も今日と同じようにストレスを抱える生活を送ることになってしまうのです。

ストレスが溜まっているときは、動き出すことに対していつも以上にエネルギーが必要になります。そんな状況を時間が解決してくれるなら良いですが、現実では上手く行かないことのほうが多いのではないでしょうか。

ですから、何か意識的に今日の行動と明日の行動を変える必要があるのです。

外に出ると言っても何をすればいいかわからないと思われるかもしれませんが、気軽にランニングをしてもいいですし近所のイベントに参加してみる、土日を生かしてボランティア活動をしてみるなど意外とできそうなことは少なくありません。

そういうことを考えるのも面倒というほど疲れ切ってしまっている人は、気軽にできるランニングから始めてみてみませんか?

人と話す


「嫌われる勇気」という本によると人の悩みは全て人間関係に集約されるそうです。

上司に怒られる、収入が低くてストレスが溜まる、会社の仕事が多すぎて終わらないなど、全ての物事は間接的に人が関わります。

確かに、ストレスが溜まる原因は人間関係にあるのですが、一方で人の悩みを解決できるのも人間関係なのです。

物事を客観的に見られる第三者からすると意外と自分の悩みは大したことがないかもしれませんし、思わぬ解決方法が浮かぶこともあります。そもそも自分の誤解が元で生まれたストレスというケースもあるかもしれません。

さらに言えば、悩みを解決できなくても、誰かに話すことでストレスが軽減されたというケースも考えられます。意外と人に話すだけでもストレス解消になるものなのです。

根本的な解決にならないかもしれませんが、人に話してみることは状況を好転させるきっかけになるかもしれませんね。

最終的には逃げてもオッケー


どうしても自分でも解決できないし、このストレスはどうしようもないと思ったときには最終的に逃げてもオッケーだと思います。

責任感が強い人ほど今の現状をどうにか改善しようと頑張ってしまいます。しかし、時にはその頑張りでも事態が上手く進められないケースはいくらでもあるものです。

自分には今の環境しかないんだ!と思うとどうしても選択肢が狭くなってしまいますし、そうなると余計に今の状況を客観視することができないでしょう。

今の環境しかないと思っていても意外とそんなことはありません。同じように幸せに生きたい!と考えたとしても、都会で年収1000万を超えて不幸な人もいれば田舎で収入がほとんど0で自給自足で暮らして幸せな人もいます。

わかりやすくお金の話で例えましたが、おそらくどんな話にも置き換えることができると思います。

今の高い地位を手に入れてしまったがゆえに、その地位に縛られて身動きが取れないという人の方がよっぽど不幸ではないでしょうか?

今の自分は何を求めていて、そのために今の環境が適切でないと判断したのであれば、逃げることも一つの選択肢として持っておくのは悪いことではないと思います。

まとめ

一口にストレス解消といっても大切なのは自分で悩みを解決する手段や相談できる相手を持っていることだと思います。

そして頑張りすぎる、責任感が強い人ほどストレスを抱えやすいものです。しかし、その責任感が自分の足かせとなって身動きが取れないとすれば、それはそれで不幸な状況と言えるのではないでしょうか。

今や大企業だから安定という時代ではないものの、日本で過ごしているからには何があってもおよそ飢え死にすることはありません。今の状況にとらわれずに考えることが自分を救い出すきっかけになるのではないでしょうか。

ストレスが溜まって仕方ないという人は下記の動画も合わせておすすめしておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY&t=872s

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*