次回から当サイト「えんじにゃーブログ」でご検索ください

【初心者向け】webエンジニアに未経験から転職する方法|学習のロードマップも公開

こんにちは、たかひろ.devです。

当サイトでは未経験からエンジニアになりたい人に向けて、現場のリアルな情報をお話します。

「どのサイトも言っていることが違ってわからない!」と思う人も大丈夫です。当サイトは

  • 元プログラミングスクール講師であり
  • エンジニア2年目でプロジェクトリーダーを任され
  • 副業では20万円の案件を獲得し
  • エンジニア未経験者の採用担当も行う

業界のプロである僕が、できるだけ情報を客観的に解説していきます。

たかひろのアイコン画像たかひろ

おそらくその辺のエンジニアよりよっぽど信用できる情報を発信してるよ!

「未経験からエンジニア転職なんてできるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、結論を言うと必ずできます。

エンジニアとして経験を積めば、どこの企業でも通用する市場価値の高い人材になることができます。

ただし、未経験からエンジニアとして転職するのは決して簡単ではありません。

なぜなら、多くの人は「転職までの道筋」を描くことなく、なんとなく学習を始めてしまうためです。

そこで当サイトでは、

  • 未経験からwebエンジニアに転職するステップを
  • 完全初心者でも理解できるように
  • 具体的な学習方法・転職方法を
  • 業界知識も合わせて

解説していきます。

たかひろのアイコン画像たかひろ

とりあえず学習方法を教えて!という人は以下のボタンをクリックしてね!

目次

学習を始める前に:業界知識を知ろう① webエンジニアについて知ろう!

まず、プログラミングの学習方法を話す前に、少しwebエンジニアの仕事内容や業界知識についてお話します。

とりあえず早く学習方法に入りたい!という方は「プログラミング学習の事前準備を詳しく解説」までスキップしてください。

では、webエンジニアの基礎知識について見ていきましょう。

webエンジニアの基礎知識を知ろう
  • webエンジニアの仕事内容はシステム開発…だけじゃない!
  • webエンジニアが働く企業形態はざっくり3種類!

webエンジニアの仕事内容はシステム開発…だけじゃない!

まず、webエンジニアと聞くとどのような仕事を思い浮かべるでしょうか?

「コードを書いてwebサイトとかを作っている人」

というイメージがあると思いますが、webエンジニアの仕事はそれだけではありません。

一例を挙げてみると、

コードを書いてwebサイトを作るエンジニア

  • フロントエンドエンジニア:webサイトの見た目を作る
  • バックエンドエンジニア:webサイトのデータ(ユーザー情報)を扱う

コードを書くこともあるがwebサイトを作るわけではない

  • インフラエンジニア:webサイトが動く土台を作る
  • テストエンジニア:webサイトが正しく動くことをチェックする
  • SREエンジニア:webサイトを安定して動かす
  • セキュリティエンジニア:webサイトのセキュリティをチェックする

など、一口に「webエンジニア」と言ってもこれだけ数多くのエンジニアがあります。

多くの方は、「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」を目指すかと思いますが、これだけ多くのエンジニアがいることは知っておきましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

面接で「なぜXXエンジニアを目指すのか?」と聞かれたときに「他のエンジニアは知らなかった…」とならないように注意!

webエンジニアが働く企業形態はざっくり3種類!

webエンジニアとして働くことを考えたときに、企業形態によって大きく仕事内容が変わります。

したがって、転職を考えるにあたってどのような企業があるのか?を知っておく必要があるといえます。

では、どのような企業形態があるか?と言われるとざっくり以下の3種類です。

web系企業の一般的な形態
  • 自社開発:自社システムを持つ
  • 受託開発:他社からシステムを受託する
  • SES:他社に客先常駐して業務を行う

この中でも、SESだけは現場によって当たり・外れが大きく未経験者にはおすすめできません。

良いお客さんも多いのですが、未経験者は社内で常に知り合いがそばにいる状況の方が精神的にも楽です。

では、自社開発企業と受託開発企業のどちらかになりますが、目的によってどちらがいいかは変わります。

  • 自社開発企業:サービスを作っていくことを実感したい人におすすめ
  • 受託開発企業:まずはいろんな技術を触ってみたい人におすすめ
たかひろのアイコン画像たかひろ

傾向としては自社開発企業の方が難易度も人気も高いよ!

学習を始める前に:業界知識を知ろう② webエンジニアになるメリット

では、ここからはwebエンジニアとして働くメリットを見ていきます。

たかひろのアイコン画像たかひろ

残念ながらこの記事では「未経験から1年で年収1000万円リモートワーク可」という話は出てこないので、そんな情報が欲しい人は別のブログを読んでね!

エンジニアになるメリット
  • メリット1: 1つの企業に依存しないスキルが身につく
  • メリット2: 20代サラリーマンで年収500万円は普通に目指せる
  • メリット3: 副業の仕事が探しやすい
  • メリット4: 仕事が趣味感覚になる

メリット1: 1つの企業に依存しないスキルが身につく

まず、エンジニアの将来性ってすごく高いです。

以下は経済産業省が出したIT人材のグラフですが、2030年には約59万人の人材が不足すると言われています。

HR TECH LABの調査を見ても、2019年にはエンジニアの求人倍率は9~11倍となっています。

出典: HR TECH LAB

つまり、1人のエンジニアに対して求人が10個前後あるということです。

「プログラマーは将来性がない」という意見もありますが、正直、現場を知らない素人の意見だなーと思います。

↓詳しくは以下の記事で解説しています。

たかひろのアイコン画像たかひろ

実際僕も経験1年で転職したとき全く転職に困らなかったよ!

メリット2: 20代サラリーマンで年収500万円は普通に目指せる

年収1000万円!と考える人には安く感じられるかもしれませんが、エンジニアはきちんと経験を積めば20代で年収500万円は普通に目指せます。

これは、転職エージェントの方に聞きましたが、経験3年で年収相場は400~500万程度ということでした。

フリーランスなら、地域差はあれど経験2~3年で700〜800万円を狙うのはかなり現実的です。

他業種で、経験2〜3年でこれだけの年収を狙えるのは普通ありえませんw

webエンジニアはそういった意味で言えば、難易度は低くないがチート職と言えるでしょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

ただ未経験からいきなり大きく年収が上がるわけではないので要注意!

メリット3: 副業の仕事が探しやすい

働き方改革の1つとして、2018年1月から厚生労働省によって副業解禁が発表されました。

第68条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

出典: 厚生労働省

しかし、副業をしている人はいまだ3割程度で、していない理由の20%は「やりたい副業がない」、10%は「高い収入を得られるイメージがない」と回答しています。

出典: マイナビニュース

しかし、エンジニアであれば、

  • 時給3000円程度で
  • 本業以外のスキルを磨きながら

副業をすることも可能です。実際、僕も過去に仕事をしながら20万円もの案件を獲得した経験があります。

エンジニアの人がどうやって副業で稼ぐのか、いまいちイメージができない人は以下の記事にも目を通してみてください。

たかひろのアイコン画像たかひろ

最初は本業で手一杯だけど副業でスキルアップも可能!

メリット4: 仕事が趣味感覚になる

あと、エンジニアに転職するとわかりますが、仕事を遊び感覚でやっている人が本当に多いです。

責任感がないという意味ではなく、本当に楽しんでやっている人が多いです。

  • YouTubeを見ていたら気づけば2時間経っていた
  • ゲームをしていると時間が早く過ぎる

このようなイメージで「プログラミングをしていると時間があっという間に過ぎる」ので、仕事をしている感覚が薄れます。

  • 今の仕事にやりがいを感じられない…
  • なんのためにやっている仕事かわからない…
  • 自分の成長を感じられない…

こんな悩みを抱えている人には、他のメリットよりもはるかに大きなメリットかもしれませんね。

たかひろのアイコン画像たかひろ

実力があれば若いうちから責任ある仕事を任せられるのも大きな魅力!

疑問:未経験でもwebエンジニアになれるの?

ここまで話を聞いていると、webエンジニアになりたい!と感じる人も多いかと思いますが、

  • なんだかエンジニアって難しそう…
  • 頭良くないけど大丈夫かな…
  • もう30代だけど間に合う?

などなど、「未経験でも本当にwebエンジニアになれるの?」と不安に思いますよね。

結論をお話すると「未経験からwebエンジニアにはなれる」になるのですが、もう少し具体的にお話します。

プログラミングで就職できるレベルは「簡易版Twitterが作れる」こと

まず、未経験から全く勉強せずに転職活動を始めることはおすすめしません。

最近は、未経験からエンジニアに転職したい!と考える人も増えており、以前よりも転職のハードルは上がっています。

したがって、エンジニア転職を目指すならある程度の学習は必須になります。

期間としては、以下の記事にもあるようにざっくりと3ヶ月くらいの学習期間を考えておくことをおすすめします。

では、3ヶ月でどれくらいのレベルになればいいか?気になるかと思いますが、理想は、以下の記事にも書いたようにTwitterの簡易版が作れるレベルです。

そんなの大変だしできるわけない!と思われるかもしれませんが、後ほど紹介する学習方法をこなせば十分に転職がねらえます。

早く知りたい!という方は「プログラミング学習を始める前に決めること2つ」まで飛ばしてみてください。

たかひろのアイコン画像たかひろ

一番最初が正直一番大変だよ!

不安別「本当に自分でもエンジニアになれるのか?」の回答

ここまで話を聞いていると、やっぱり「自分でもできるか不安になってきた…」という方も多いですよね。

特に不安は感じてないよーという人は「プログラミング学習を始める前に決めること2つ」まで飛ばしてください

そこで今回は、不安別に「本当に自分でもエンジニアになれるのか?」という疑問にお答えしていきます。

不安1: 頭よくないけど大丈夫…?

A. センスや頭の良い・悪いは関係あります。ただしトップ10%程度だけです。

未経験者で「自分にプログラミングのセンスないなー」と感じる人は、はっきり言って慣れていないだけです。

僕もプロフィールを読んでいただくとわかりますが、大学生時代は

プログラミングわからん。センスない…

とずっと思っていましたが、今はテックリードを務めることもあります。意外とセンスや頭の良い悪いは思い込みかもしれません。

とはいえ、未経験者にとって自分はプログラマーに向いているか?は気になる項目の1つかと思うので、以下の記事も参考にしてみてください。

たかひろのアイコン画像たかひろ

少なからず向き不向きはあるけど意外となんとかなるよ!

不安2: 学歴ないけど大丈夫…?

A. 全く関係ありません。むしろ年齢が若ければそれだけで有利です。

他業種の人は驚く人が多いですが、webエンジニアは全くと言っていいほど学歴は関係ありません。有名大学を出ていても「ふーん?そうなの?」くらいです。

なぜなら、エンジニアは実力や実績重視の考えなので、その人がどんな学歴はあまり意味を持たないんですよね。

本当に学歴が関係ないの?とまだ疑問に思われる方は、以下の記事を一度読んでみてください。

たかひろのアイコン画像たかひろ

年功序列も学歴も一切なし!

不安3: もう30代だけど大丈夫…?

A. 転職のハードルは上がりますが、間に合います。

エンジニア業界では、30歳が1つの区切りになるため、30代未経験からのエンジニア転職は難易度が上がりやすい傾向にあります。

とはいえ、30代からwebエンジニアとして転職した方もたくさんいます。前職では34歳から転職して、2年でマネージャーになった人もいました。

この記事の転職方法を見てもらえば転職までのロードマップがわかりますが、少し30代に関しては転職事情が変わってくるので、こちらの記事を参考に学習を始めることをおすすめします。

プログラミング学習を始める前に決めること2つ

では、いよいよプログラミングを学習に入っていきましょう!

とはいえ、何も決まっていない状態でプログラミング学習をするのは少し難しいです。したがって、最低限

最低限決めておくこと
  • 学習する言語
  • プログラミングの勉強方法

の2つを決めておきましょう。

学習する言語を決めよう!

まずは、プログラミングを学習する際にあたって、自分がどのエンジニアを目指すか方向性を決めましょう。

もし、「特に決まってないしよくわからない」という方は基本的にRubyかPHPの2つから選べばOKです。

  • Ruby:Webシステムを作る言語。スタートアップ企業でよく採用される。
  • PHP:Webシステムを作る言語。ベンチャーから大企業まで幅広く採用される
たかひろのアイコン画像たかひろ

個人的な感覚としては都内住みならRuby、地方住みならPHPがいいよ!

ただし、中には「機械学習を学習したい」「アプリ開発をしたい」という人もいるかもしれません。

その場合は、少し学習する言語も変わってきます。

  • 機械学習をしたい:Python
  • アプリを作りたい:Swift, Kotolin, Java
  • フルスタックエンジニアになりたい:JavaScript

このように、基本的に学習するプログラミング言語はなんでもいいですが、それぞれの言語でできることは以下の記事で確認しておきましょう。

たかひろのアイコン画像たかひろ

言語は転職後も変えられるのでそこまで気にしなくてOK!

プログラミングの勉強法を決めよう!

プログラミングを学習する方法として、大きく

プログラミングの勉強法2つ
  • 独学で学習する
  • プログラミングスクールに通う

の2つがあります。

個人的なおすすめとしては、最低限の学習を独学でしてからプログラミングスクールを活用する方法がおすすめです。

なぜなら、プログラミングは挫折率も高く、体感ではありますが8割の未経験者は途中で学習をやめています。

したがって、独学で最低限「プログラミングに向いているか?」を判断した上で、スクールで必要な分だけ学習するのが最も効率的と言えるのです。

たかひろのアイコン画像たかひろ

独学とスクールの併用が最も価格・期間が抑えられる方法だよ!

プログラミングの学習方法3ステップを解説

では、具体的なプログラミングの学習方法について解説していきます。

学習手順は以下の通りです。

プログラミング学習のロードマップ

独学

  • STEP 1: Progateでプログラミングのイメージを掴む
  • STEP 2: Udemyで実際にwebサイトを作る

プログラミングスクール

  • STEP 3: Webアプリケーションの作り方を学ぶ

STEP 1: Progateでプログラミングのイメージを掴む

出典: Progate

まずは、Progateで「プログラミングでできること」をなんとなくイメージできるようになりましょう。

Progateは、完全初心者がオンラインでプログラミングを学習する最も有名なサイトの1つです。

↑この赤枠に書かれた指示を1つずつこなしていきます。

Progateでやるべき課題は以下の通りです。

他のコースもたくさんありますが、一旦無視して構いません。

なぜなら、Progateの目的はあくまでも「プログラミングのイメージを知ること」で、本格的にスキルは他の方法でつければいいためです。

たかひろのアイコン画像たかひろ

Progateは基礎としてはぴったりだけど本格的に学ぶなら早く次のステップに行こう!

STEP 2: Udemyで実際にwebサイトを作る

続いてUdemyで実際に簡単なwebサイトを作ってみましょう。

「いきなり?」と思われるかもしれませんが、Udemyであれば動画を見て確認しながら進められるので、挫折せずに進められます。

コースとしては以下のコースを進めるのがいいでしょう。

Udemyは月に1回ほど1,200~1,400円で講座の購入ができるのでセールをしているかチェックしましょう

フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門

たかひろのアイコン画像たかひろ

ここまでできると簡単なwebサイトが作れるようになるよ!

STEP 3: Webアプリケーションの作り方を学ぶ

では、いよいよWebアプリケーションの作り方について学習していきますが、ここからはプログラミングスクールでの学習をおすすめします。

以下の記事で解説していますが、ここから学習する内容は初心者にとって難しく、またボリュームも多いです。

Webアプリケーション制作で学ぶ項目
  • HTTPリクエスト
  • CookieとSession
  • データベース
  • セキュリティ
  • フレームワーク(Laravel, Railsなど)
  • 設計(MVCなど)

これらを独学で学習することは、もちろん不可能ではありません。しかし、挫折する方も少なくないのが事実としてあります。

TechAcademyなら学習する内容が決まっていれば、短期集中で比較的安く学習することができます。

「いきなり通うのはなあ…」と悩まれる方にとってもTechAcademyは数あるスクールの中ではめずらしく、無料体験を受けることができます。

少し時間は使いますがお金がかかるわけでもないので、一度体験してみることをおすすめします。

本当にプログラミングスクールに通うべきなのか迷うなーと感じる人は以下の記事も合わせてご覧ください。

きっと、少しお金を払ってでも通ったほうが良さそうだなということが実感していただけると思います。

補足:どうしても独学で転職まで目指したい人へ

僕は基本的にSTEP 3からは、プログラミングスクールに通う方が効率的だと思っています。

ただし、

  • スクールに通うお金がない
  • まだ転職するか決めかねている

といった方は、独学で進めたいと感じますよね。

そんな方に向けて、以下の記事で10週間で転職するレベルになれるロードマップを紹介しています。

正直、こちらのロードマップを独学でやりきるのは結構大変です笑

とはいえ、やるべきことは記事に全て書いているので、ぜひ一度目を通してみてください。

学習を終えたら:転職の準備に取り掛かろう

では、学習が終えた後はいよいよ転職活動に入っていきます。

ただ、申し訳ないですが、エンジニア未経験の方は本当に転職の仕方が下手です。

  • 自分のアピールポイントを理解していない
  • 自分のスキルレベルを見誤る
  • 行きたい企業像がイメージできず上手く探せない

など、どこが問題点か自分では認識していないので余計に転職が上手くいきません。

ぜひ、ここで失敗しない転職ノウハウや企業の探し方を知っていきましょう。

失敗しない転職ステップを知ろう!

では、失敗しない転職ステップを見ていきましょう。

ざっくり説明すると以下の通りです。

失敗しない転職ステップ
  1. 効果的なポートフォリオを作成しよう
  2. 未経験に強い転職サイトに登録しよう
  3. 魅力的な志望動機を考えよう
  4. 職務経歴書を用意しよう
  5. 好印象を持ってもらえる面接対策をしよう
  6. 選考を通過した企業の中から優良企業を見極めよう

「ええ、めんどくさい…」と思われるかもしれませんが、今後数年の人生が変わることを考えれば絶対にやるべきです。

まずは、全体的にざっと目を通すだけでもいいので、やっておくことをおすすめします。

たかひろのアイコン画像たかひろ

未経験なら転職事情は知っておかないと知らずに減点されるよ!

いいweb系企業はどうやって探せばいい?

転職をするにあたって

「自分に合った企業ってどうやって探せばいいだろうか?」

と疑問に思いますよね。

そんな方はぜひ以下の記事を読んでみてください。

簡単にポイントをまとめると、

  • ポイント1: 目的に合った転職サイトを使う
  • ポイント2: 可能なら紹介採用をねらおう
  • ポイント3: 技術カンファレンススポンサー企業は技術力アップが狙える

といった感じですね。

大切なのは、「自分の理想の企業像」を明確にした上で「適切な企業探し」の方法を取ることが超重要です。

たかひろのアイコン画像たかひろ

目的に合った企業の探し方は記事に書いているので要チェック!

個人的おすすめの企業TOP 30

企業の探し方はわかったけど、実際自分で探すとなると大変だなーと思いますよね。

個人的に結構エンジニア向けの記事を読んだりする中で、様々な企業を見る機会があるので、例としておすすめTOP 5を挙げてみると

おすすめ企業TOP 5
  1. ヤフー株式会社
  2. 株式会社SmartHR
  3. 株式会社メルカリ
  4. 株式会社サイバーエージェント
  5. DMM Group

などは、僕が次に転職するとして真っ先に検討する企業ですね。

もちろん、他にもおすすめの企業はたくさんあり、30社ほどピックアップしてみたので参考にしてみてください。

【Q&A】未経験からwebエンジニアを目指すときのよくある質問

ここでは未経験からwebエンジニアを目指すにあたって、よくある質問をまとめます。

気になるところだけピックアップして確認していきましょう。

Q1. エンジニアってブラックのイメージがあるけどどうなの?

最近はエンジニアの需要が高まるにつれて、残業時間は減少傾向にあります。

リクナビNEXTのデータによると、月平均の残業時間は30時間程度のようですね。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Q2. エンジニアって休日もずっと勉強しているの?

意外に思われるかもしれませんが、休日もずっと勉強しているエンジニアは少数派です。

ただし、最初の1年くらいは休日も勉強すると、その後がすごく楽になるので個人的には最初の1年は頑張ることをおすすめします。

実際の休日ってどうなの?というアンケート結果は以下の記事で書いているので、ぜひご覧ください。

Q3. プログラミングスクールって評判よくないけど意味あるの?無駄じゃない?

プログラミングスクールは価格が決して安くないため、「そんな高いお金を払って通うのは無駄!」という意見もあります。

ただし、そういった方はプログラミングスクールに期待することをそもそも間違えている可能性が高いです。

詳しくは以下の記事で解説しているのでぜひご覧ください

Q4. プログラミングの学習仲間が欲しい

  • Twitterで仲間を見つける
  • 知り合いに教えてもらう

など様々な方法がありますが、勉強会に参加するのが最もおすすめです。

「初心者で勉強会に参加するのが不安…」という方も、気軽に参加できる勉強会は多いので、ぜひ検討してみるといいですね。

Q5. プログラミングのPCってやっぱりMacがいいの?

プログラミングのPCはMacをおすすめしますが、Windowsしか持っていない!という方ならWndowsで十分です。

ただし、WindowsだとiOSアプリは作れないですし機械学習を自前のPCでやるならWindowsの方が価格が抑えられておすすめです。

詳しくは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今日からwebエンジニアになる一歩を踏み出そう!

この記事の手順を1つ1つ進んでもらえたら、基本的に誰もがwebエンジニアになれると思います。(もっと詳しく知りたいという方はコメントください)

webエンジニアになるのは決して簡単ではありませんが、

  • 比較的経験年数が浅くても稼ぎやすいです
  • 楽しみながら仕事できる
  • 尊敬できる優秀な仲間と一緒に働けます

などメリットは決して小さくありません。

全員がwebエンジニアになるべき!とは思いませんが、例え途中で辞めてしまったとしても、そこで得たプログラミングスキルは必ず役に立ちます。

ぜひ、webエンジニアになるステップを踏み始めてもらえればと思います。

- 3ヶ月でエンジニア転職を目指そう -

  • 解決できないエラーに心が折れた
  • 転職に必要なレベルがわからない
  • 本当に今の学習で転職できるか不安

そんな悩みを持っている人に

現役エンジニアが教える3ヶ月でエンジニア転職を実現する方法

を解説しています。

目次
閉じる